大阪大学理学部化学科

高校生の君へ

化学は、魅力的な学問です。高校生の皆さんの一生を費やす価値のある、また人類に役立つ学問です。化学科は、次のような人の入学を 歓迎します。

(1)人類の役に立つ新しい物質や材料を開発したい 人

世界でまだ誰も創ったことのないものを生み出すのは、そう容易いことではありませんが、努力してそれができたときの喜びは、何者に も変えがたいものでしょう。その目的の達成に必要なのは、化学をはじめとする基礎知識で、化学科に入学すると、その知識が習得できま す。

(2)高校での化学実験に興味を持った人

大阪大学理学部化学科は、1年生から4年生までずっと化学実験科目が用意されています。これらの実験によって、さらに化学への興味 を膨らませてください。ただし、実験が面白いだけではだめで、得られた実験結果に対する理由の究明も大事になります。これが化学者の 第一歩です。

(3)高校の化学は暗記ばかりで、もう1つ興味が持 てない人

高校の知識ではちょっと無理ですが、大学に入ってから学ぶ原理を使えば、化学現象の多くは理詰めで理解できます。したがって、大学 の化学は暗記科目ではありません。安心して入学してきてください。

(4)理科系の学部のどこにしようか迷っている人

大雑把に言いますと、理学部は基礎的研究を行い、工学部は応用的研究を行っています。ただし、基礎的研究の成果が新しい物質や材料 を生み出すきっかけになりますし、応用的研究から基礎的研究の発展がもたらされることもあります。理学部出身だから、企業に就職しに くいということは一切ありません。むしろ基礎学力を持った学生の入社を希望する企業もたくさんあります。

(5)自分の専門を、化学にしようか物理にしようか 生物にしようか迷っている人

化学現象を理詰めで理解しようと思うと高校の物理を発展させた学問が必要になりますし、生物の理解には化学の知識が必須となりま す。さらに、最先端の化学には、物理や生物とも接点をもった研究分野がたくさんありますし、化学科の教員にも、このような研究分野で 活躍している先生がたくさんいます。化学科では、化学を中心として自然科学を広く学ぶことができます。したがって、化学とともに物理 あるいは生物にも興味のある人が化学科に入学されることを歓迎します。また、生物科学科の中にある生命理学コース(http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/newinfo/info23.html) は、生物と化学の両方に興味のある人に適したコースで、化学科に近いカリキュラムで学習でき、化学科の研究室に配属して4年生の卒業 研究も行えます。

(6)医薬品・化粧品・食品などに興味を持っている 人

難病を治す新薬、新しい機能性を持たせた化粧品、新食感の食品、冬でも暖かい肌着等々の開発には、化学の知識が不可欠です。これま では、経験に頼っていた新製品開発への化学の知識の活用を、それぞれの分野の企業は期待しています。

ページ先頭へ戻る