大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
  English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News more

2016年11月11日金曜日
当研究室の研究成果が Chem にオンライン掲載され、各メディアに紹介されました。


Chem
Self-healing materials formed by cross-linked polyrotaxanes with reversible bonds
読売新聞 車の傷 数十分で修復
科学技術振興機構(JST) 凹み傷も切り傷も自己修復できるコーティング材料を開発
マイナビニュース 凹み傷も切り傷ももとに戻る自己修復材料 - 阪大が開発
海外報道  


2016年6月23日木曜日
当研究グループの研究成果が 朝日新聞 に紹介されました。
「光の刺激で伸び縮み、ゼリー状材料を開発」

2016年5月21日土曜日
当研究グループPD 中畑雅樹さんが18th International Cyclodextrin SymposiumにてPoster Awardを受賞しました。
(発表題目: Highly Flexible, Tough, and Self-Healable Supramolecular Polymeric Materials Using Host–Guest Interaction )

2016年5月13日金曜日
当研究グループPD 中畑雅樹さんが日本化学会第96春季年会 優秀講演賞(学術)を受賞しました。
(発表題目:高分子側鎖における分子認識を利用した伸縮性・自己修復性・強靭性材料の開発)

当研究グループPD 岩曽一恭さんが日本化学会第96春季年会 学生講演賞を受賞しました。
(発表題目: [c2]daisy chain の滑走によりゲルが伸縮する)

2016年2月4日木曜日
当研究グループPD 中畑雅樹さんが公益財団法人井上科学振興財団の 「第32回 井上研究奨励賞」に選ばれました。
(研究課題:マクロスケールでの自己組織化と外部刺激制御を融合した新規機能性超分子材料の創製)

2015年11月7日土曜日
当研究グループの研究成果が 中日新聞 に紹介されました。

2015年10月30日水曜日
当研究グループの研究成果が 日経産業新聞 に紹介されました。

2015年2月6日金曜日
当研究グループD3 中畑雅樹さんが 独立行政法人日本学術振興会の「第5回 日本学術振興会 育志賞」に選ばれました。
(研究課題:マクロスケールでの自己組織化と外部刺激制御を融合した新規機能性超分子材料の創製)

 
Publications more

Radical polymerization by supramolecular catalyst: cyclodextrin with a RAFT reagent
Koyanagi, K.; Takashima, Y.; Nakamura, T.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Beilstein J. Org. Chem. 2016, 12, 2495-2502
(doi:10.3762/bjoc.12.244)

Direct Adhesion of Dissimilar Materials Using Sonogashira Cross-coupling Reaction
Sekine, T.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem.Lett. 2016, 45, 1250.
(doi:10.1246/cl.160637)

Supramolecular Polymeric Materials Containing Cyclodextrins
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.
Chem. Pharm. Bull. 2016, accepted.

Self-healing materials formed by cross-linked polyrotaxanes with reversible bonds
Nakahata, M.; Mori, S.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. 2016,1, 766-775.
(doi:http://dx.doi.org/10.1016/j.chempr.2016.09.013)

Fast response dry-type artificial molecular muscles with [c2]daisy chains
Iwaso, K.; Takashima, Y.; Harada, A.
Nat. Chem. 2016, 8, 625-632.
(doi:10.1038/nchem.2513)

Highly Flexible, Tough, and Self-Healing Supramolecular Polymeric Materials Using Host–Guest Interaction
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.
Macromol. Rapid Commun. 2016, 37, 86-92.
(DOI: 10.1002/marc.201500473)

共有結合形成を利用した異種材料間の直接接着
高島義徳・原田明
エレクトロニクス実装学会誌  2016, 2, 103-110.

A Light-Controlled Release System Based on Molecular Recognition of Cyclodextrins
Lee, I. E. T.; Hashidzume, A.; Harada, A.
Macromol. Rapid Commun. 2015, 36, 2055-2059.
(DOI: 10.1002/marc.201500389)

Manual control of catalytic reactions: Reactions by an apoenzyme gel and a cofactor gel
Kobayashi, Y,: Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Scientific Reports, 2015, 5, 16254
(DOI: 10.1038/srep16254)

Self-healing, Expansion-Contraction, and Shape-Memory Properties of Preorganized Supramolecular Hydrogel through Host-Guest Interactions
Miyamae, K.; Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.
Angew. Chem. Int. Ed 2015, 54, 8984-8987.
(DOI: 10.1002/anie.201502957)

Direct Covalent Bond Formation between Materials Using Copper(I)-Catalyzed Azide Alkyne Cycloaddition Reactions
Sekine, T.; Takashima, Y.; Harada, A.
RSC Advances 2015, 5, 56130-56135.
(DOI: 10.1039/C5RA08553E)

Macroscopic Self-assembly Based on Complementary Interaction between Nucleobase Pairs
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Harada, A.
Chem. Eur. J. 2015, 21(7), 2770-2774.
(DOI: 10.1002/chem.201404674)

Adhesion between Semihard Polymer Materials Containing Cyclodextrin and Adamantane Based on Host–Guest Interactions
Kakuta, T.; Takashima, Y.; Sano, T.; Nakamura, T.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Macromolecules 2015, 48(3), 732–738.
(DOI: 10.1021/ma502316d)

  Access Map 豊中キャンパスマップをご参照ください。
原田グループの所在地は文理融合型研究棟の4Fです。
  Address 〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院 理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ
E-mail:harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換