大阪大学ポリマーゲル共同研究部門 原田グループ ロゴ
  English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News more

2019年 4月1日月曜日
原田グループが大阪大学 産業科学研究所へ異動となりました。

2019年 1月16日水曜日
小林裕一郎特任助教が大阪大学 山口研究室へ異動しました。

2019年 1月15日火曜日
Thch Connect KANSAI 2019 (大阪産業創造館 3F 「マーケットプラザ」)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されます。

15:40~ 大阪大学 自己修復ポリマー
興味のある方はお立ち寄りください。

2018年 12月18日火曜日~19日水曜日
イノベーションストリームKANSAI (グランフロント大阪北館B2F ナレッジキャピタルコンベンションセンター)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。

大阪大学 切れてもつながる自己修復材料の展示と体験
ご来場ありがとうございました。

2018年 12月10日月曜日~12日木曜日
革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「しなやかポリマー」コンセプトカー(ItoP)が完成し、大阪大学吹田キャンパステクノアライアンス棟1Fにて展示致しました。
11日(水) 13:00にはコンセプトカー(ItoP)に関する紹介イベントがあり、メディアにて紹介されました。

NHK
新樹脂で軽量化「未来の車」展示

共同通信
新開発ポリマー素材でEV軽量化 強度維持、環境影響小さく

テレビ大阪
近未来の車は超軽量


ご来場ありがとうございました。

2018年 11月17日土曜日
ららぽーとEXPOCITYにて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。
大阪大学共創DAY@EXPOCITY「大阪大学とあそぼう」
⑦切ってもつながるポリマー
ご来場ありがとうございました。

2018年 10月9日火曜日
小林裕一郎特任助教が 2018年度公益財団法人泉科学技術振興財団研究助成金 に採択されました。

2018年 7月22日日曜日
当研究室の研究成果が ガリレオX【 7月22日(日)午前11時30分~】 で紹介されました。

2018年 7月 2日月曜日
文部科学省にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されております(2018年7月2日~8月10日)。
興味のある方はお立ち寄りください。

大阪大学Web  
文部科学省Web

2018年 3月23日金曜日
日本化学会(第98春季年会) において原田先生が招待講演を行います。
興味のある方はお立ち寄りください。

講演内容 『シクロデキストリンを用いたソフトロボット材料の構築』

2018年 3月01日木曜日
豊中市の広報誌 に当研究室の原田先生の記事が掲載されました。

2017年10月26日木曜日
小林裕一郎特任助教が 第33回(2017年度)マツダ研究助成 に採択されました。

2017年 9月25日月曜日
当研究室の研究成果が NHK サイエンスZERO【10月15日(日)午後11時30分~】 で紹介されました。

2017年 4月01日土曜日
小林裕一郎特任助教が花王科学奨励賞を受賞しました。



 
Publications more

Supramolecular Elastomers with Movable Cross-Linkers Showing High Fracture Energy Based on Stress Dispersion
Ikura, R.; Park, J.; Osaki, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.; Takashima, Y.
Macromolecules 2019, 52(17), 22295-22301.
(DOI:10.1021/acs.macromol.9b01198)


Preparation of cyclodextrin-based porous polymeric membrane by bulk polymerization of ethyl acrylate in the presence of cyclodextrin
Kobayashi, Y.; Nakamitsu, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Polymer 2019, 177, 208-213.
(DOI:10.1016/j.polymer.2019.06.015)


Mechanical and self-recovery properties of supramolecular ionic liquid elastomers based on host-guest interaction and correlation with ionic liquid content
Sinawang, G.; Kobayashi, Y.; Osaki, M.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
RSC Advances 2019, 9, 22295-22301.
(DOI:10.1039/C9RA04623B5)


Self-healing and shape-memory properties of polymeric materials cross-linked by hydrogen bonding and metal?ligand interactions
Kobayashi, Y.; Hirase, T.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H.
Polym. Chem. 2019, 10, 4519-4523.
(DOI:10.1039/C9PY00450E)


Effect of Host-Guest Interaction on Swelling Behavior and Equilibrium Swollen State of Host-Guest Gel
Kashiwagi, Y.; Katashima, T.; Takashima, Y.; Harada, A.; Inoue, T.
J. Soc. Rheol. Jpn. 2019, 47(3)), 99-104.
(DOI:10.1678/rheology.47.99)

Development of Atroposelective Antibodies by Immunization with a Racemic Mixture of Binaphthyl Derivatives
Adachi, T.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, 92(9), 1462-1466.
(DOI:10.1246/bcsj.20190135)


Preparation of Supramolecular Ionic Liquid Gels based on Host-Guest Interactions and Their Swelling and Ionic Conductive Propertiess
Sinawang, G.; Kobayashi, Y.; Yongtai, Z.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
Macromolecules 2019, 52(8), 2932-2938.
(DOI:10.1021/acs.macromol.8b02395)


Cyclodextrin‐Based Rotaxanes: from Rotaxanes to Polyrotaxanes and Further to Functional Materials
Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Eur. J. Org. Chem. 2019, 21, 3344-3357.
(DOI:10.1002/ejoc.201900090)


Self-Healing Alkyl Acrylate-Based Supramolecular Elastomers Cross-Linked via Host-Guest Interactions
Nomimura, S.; Osaki, M.; Park, J.; Ikura, R.; Takashima, Y.; Yamaguchi H.; Harada, A.
Macromolecules 2019, 52(7), 2659-2668.
(DOI:10.1021/acs.macromol.9b00471)


Mechanical properties of supramolecular polymeric materials cross-linked by donor-acceptor interactions
Itano, M.; Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H.
Chem. Commun. 2019, 55, 3809-3812.
(DOI:10.1039/C9CC01472A)


Cyclodextrin cross-linked polymer monolith for efficient removal of environmental pollutants by flow-through method
Mizuno, S.; Asoh, TA.; Takashima, Y.; Harada, A.; Uyama, H.
Polymer Degradation and Stability 2019, 160, 136-141
(DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2018.12.014)

[総説] 新たな分子設計による自己修復材料の実現<切ってもつながる、柔軟・強靭な新材料>
大崎基史, 高島義徳, 原田明
プラスチックス 2019, 70(7), 37-42

[総説] シクロデキストリンとフォトクロミック分子による光応答性高分子マテリアル
高島義徳, 大崎基史, 原田明
光機能性有機・高分子材料における新たな息吹, シーエムシー出版 2019, 第5編 第3章
(ISBN 978-4-7813-1414-3)

[総説] 超分子形成でキズを復元する自己修復高分子材料とその応用・展開
高島義徳, 大崎基史, 原田明
次世代のポリマー・高分子開発, 新しい用途展開と将来展望, - 生分解, 自己修復, 生物模倣, 刺激応答, 超分子, 医療用途など - , 技術情報協会 2019, 第2章 第3節
(ISBN 978-4-7813-1414-3)

[総説] 超分子ポリマーの種類と構造,メカニズム,その応用,その可能性
小林裕一郎, 山口浩靖, 原田明
次世代のポリマー・高分子開発, 新しい用途展開と将来展望, - 生分解, 自己修復, 生物模倣, 刺激応答, 超分子, 医療用途など - , 技術情報協会 2019, 第3章 第1節
(ISBN 978-4-7813-1414-3)

Solvent-Free Photoresponsive Artificial Muscles Rapidly Driven by Molecular Machines
Shinji, I.; Takashima, Y.; Osaki M.; Yamaguchi H.; Harada, A.
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 17308-17315
(DOI:10.1021/jacs.8b11351)


Toward a translational molecular ratchet: face-selective translation coincident with deuteration in a pseudo-rotaxane
Hashidzume, A.; Kuse, A.; Oshikiri, T.; Adachi, S.; Okumura, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Sci. Rep. 2018, 8, 8950.
(DOI: 10.1038/s41598-018-27226-2)


Functional supramolecular materials formed by non-covalent bonds
Takashima, Y.; Kobayashi, Y.; Osaki, M.; Harada, A.
Designed Molecular Space in Material Science and Catalysis
(DOI:10.1007/978-981-13-1256-4)


  Access Map 吹田キャンパスマップをご参照ください。
原田グループの所在地は産業科学研究所 第1研究棟 F-262号室です。
  Address 〒567-0047 大阪府茨木市美穂ケ丘 8-1
国立大学法人大阪大学 産業科学研究所 ポリマーゲル共同研究部門
E-mail:harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換