大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
  English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News more

2016年11月11日金曜日
当研究室の研究成果が Chem にオンライン掲載され、各メディアに紹介されました。


Chem
Self-healing materials formed by cross-linked polyrotaxanes with reversible bonds
読売新聞 車の傷 数十分で修復
科学技術振興機構(JST) 凹み傷も切り傷も自己修復できるコーティング材料を開発
マイナビニュース 凹み傷も切り傷ももとに戻る自己修復材料 - 阪大が開発
海外報道  


 
Publications more

Radical polymerization by supramolecular catalyst: cyclodextrin with a RAFT reagent
Koyanagi, K.; Takashima, Y.; Nakamura, T.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Beilstein J. Org. Chem. 2016, 12, 2495-2502
(doi:10.3762/bjoc.12.244)

Direct Adhesion of Dissimilar Materials Using Sonogashira Cross-coupling Reaction
Sekine, T.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem.Lett. 2016, 45, 1250.
(doi:10.1246/cl.160637)

Supramolecular Polymeric Materials Containing Cyclodextrins
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.
Chem. Pharm. Bull. 2016, accepted.

Self-healing materials formed by cross-linked polyrotaxanes with reversible bonds
Nakahata, M.; Mori, S.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. 2016,1, 766-775.
(doi:http://dx.doi.org/10.1016/j.chempr.2016.09.013)

Fast response dry-type artificial molecular muscles with [c2]daisy chains
Iwaso, K.; Takashima, Y.; Harada, A.
Nat. Chem. 2016, 8, 625-632.
(doi:10.1038/nchem.2513)

Highly Flexible, Tough, and Self-Healing Supramolecular Polymeric Materials Using Host–Guest Interaction
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.
Macromol. Rapid Commun. 2016, 37, 86-92.
(DOI: 10.1002/marc.201500473)

  Access Map 豊中キャンパスマップをご参照ください。
原田グループの所在地は理学研究科 J棟の3Fです。
  Address 〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院 理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ
E-mail:harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換