大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
  English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News more

2019年 1月16日水曜日
小林裕一郎特任助教が大阪大学 山口研究室へ異動しました。

2019年 1月15日火曜日
Thch Connect KANSAI 2019 (大阪産業創造館 3F 「マーケットプラザ」)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されます。

15:40~ 大阪大学 自己修復ポリマー
興味のある方はお立ち寄りください。

2018年 12月18日火曜日~19日水曜日
イノベーションストリームKANSAI (グランフロント大阪北館B2F ナレッジキャピタルコンベンションセンター)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。

大阪大学 切れてもつながる自己修復材料の展示と体験
ご来場ありがとうございました。

2018年 12月10日月曜日~12日木曜日
革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「しなやかポリマー」コンセプトカー(ItoP)が完成し、大阪大学吹田キャンパステクノアライアンス棟1Fにて展示致しました。
11日(水) 13:00にはコンセプトカー(ItoP)に関する紹介イベントがあり、メディアにて紹介されました。

NHK
新樹脂で軽量化「未来の車」展示

共同通信
新開発ポリマー素材でEV軽量化 強度維持、環境影響小さく

テレビ大阪
近未来の車は超軽量


ご来場ありがとうございました。

2018年 11月17日土曜日
ららぽーとEXPOCITYにて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。
大阪大学共創DAY@EXPOCITY「大阪大学とあそぼう」
⑦切ってもつながるポリマー
ご来場ありがとうございました。

2018年 10月9日火曜日
小林裕一郎特任助教が 2018年度公益財団法人泉科学技術振興財団研究助成金 に採択されました。

2018年 7月22日日曜日
当研究室の研究成果が ガリレオX【 7月22日(日)午前11時30分~】 で紹介されました。

2018年 7月 2日月曜日
文部科学省にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されております(2018年7月2日~8月10日)。
興味のある方はお立ち寄りください。

大阪大学Web  
文部科学省Web

2018年 3月23日金曜日
日本化学会(第98春季年会) において原田先生が招待講演を行います。
興味のある方はお立ち寄りください。

講演内容 『シクロデキストリンを用いたソフトロボット材料の構築』

2018年 3月01日木曜日
豊中市の広報誌 に当研究室の原田先生の記事が掲載されました。

2017年10月26日木曜日
小林裕一郎特任助教が 第33回(2017年度)マツダ研究助成 に採択されました。

2017年 9月25日月曜日
当研究室の研究成果が NHK サイエンスZERO【10月15日(日)午後11時30分~】 で紹介されました。

2017年 4月01日土曜日
小林裕一郎特任助教が花王科学奨励賞を受賞しました。



 
Publications more

Solvent-Free Photoresponsive Artificial Muscles Rapidly Driven by Molecular Machines
Shinji, I.; Takashima, Y.; Osaki M.; Yamaguchi H.; Harada, A.
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 17308-17315
(DOI:10.1021/jacs.8b11351)


Physical and adhesion properties of supramolecular hydrogels crosslinked by movable cross-linking molecule and host-guest interactions
Kobayashi, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Lett. 2018, 47, 1387-1390
(DOI:10.1246/cl.180646)


ポリロタキサンの高分子材料への応用
小林裕一郎, 高島義徳, 原田明
科学と工業 2018, 92, 283–290

Toward a translational molecular ratchet: face-selective translation coincident with deuteration in a pseudo-rotaxane
Hashidzume, A.; Kuse, A.; Oshikiri, T.; Adachi, S.; Okumura, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Sci. Rep. 2018, 8, 8950.
(DOI: 10.1038/s41598-018-27226-2)


超分子ポリマーの種類と構造,メカニズム,その応用,その可能性
小林裕一郎, 山口浩靖, 原田明
新しい構造や機能を有する高分子・有機材料の設計、その可能性(技術情報協会) 2018, 6, in press

Functional supramolecular materials formed by non-covalent bonds
Takashima, Y.; Kobayashi, Y.; Osaki, M.; Harada, A.
Designed Molecular Space in Material Science and Catalysis
(DOI:10.1007/978-981-13-1256-4)


Mechanical properties of supramolecular polymeric materials formed by cyclodextrins as host molecules and cationic alkyl guest molecules on the polymer side chain
Takashima, Y.; Otani, K.; Kobayashi, Y.; Aramoto, H.; Nakahata, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Macromolecules 2018, 51, 6318–632


Adhesion of dissimilar materials through host-guest interactions and its re-adhesion properties
Takashima, Y.; Shojima, Y.; Sekine, T.; Osaki, M.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, H.; Sekito, T.; Hatano, K.; Nakajima, K.; Harada, A.
Chem. Lett. 2018, 47, 1255-1257


超分子形成でキズを復元する自己修復高分子材料とその応用・展開
高島義徳, 大崎基史, 原田明
新しい構造や機能を有する高分子・有機材料の設計、その可能性(技術情報協会) 2018, in press

ホストゲスト相互作用を利用した刺激応答性超分子材料
高島義徳, 大崎基史, 原田明
刺激応答性高分子ハンドブック(エヌ・ティーエス)  2018年12月刊行


分子接着技術を駆使した材料間接着
高島義徳, 大崎基史, 関根智子, 庄島靖, 原田明
日本接着学会誌 2018, 6, 201-211

Linear Viscoelastic Studies on a Transient Network Formed by Host-Guest Interaction
Kashiwagi, Y.; Katashima, T,; Nakahata, M.; Takashima, Y.; Harada, A.; Inoue, T.
Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics 2018, 56, 1109–1117
(DOI:10.1002/polb.20180033)


A Photoresponsive Polymeric Actuator Topologically Cross-Linked by Movable Units Based on a [2]Rotaxane
Takashima, Y.; Hayashi, Y.; Osaki, M.; Kaneko, F.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Macromolecules 2018, 51 (12), 4688–4693
(DOI:10.1021/acs.macromol.8b00939)


Control of the threading ratio of cyclic molecules in polyrotaxane consisting of poly(ethylene glycol) and α-cyclodextrins.
Kobayashi, Y.; Nakamitsu, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Commun.2018, 54, 7066-7069
(DOI:10.1039/C8CC01776J)


Visible chiral discrimination via macroscopic selective assembly
Zheng, Y.; Kobayashi, Y.; Sekine, T.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem.Commun.14:02 2018/12/122018, 1, 4
(DOI:10.1038/s42004-017-0003-x)


Formation of Inclusion Complexes of Poly(hexafluoropropyl ether)s with Cyclodextrins
Nomimura, S.; Osaki, M.; Takashima, Y., Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Lett. 2018, 47, 322-325
(DOI:10.1246/cl.171112)


  Access Map 豊中キャンパスマップをご参照ください。
原田グループの所在地は理学研究科 J棟の3Fです。
  Address 〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院 理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ
E-mail:harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換