大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
English

学会発表


ホーム >研究業績:学会発表
2019  2018  2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009-2006

2019


MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 (MRM)
[2019年12月10日(火) - 14日(土), 横浜シンポジア(神奈川県横浜市中区)]


    • C4-P13-004
      Ryouhei Ikura, Junsu Park, Motofumi Osaki, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada, Yoshinori Takashima
      Preparation of Materials with Supramolecular Cross-linkingand Their Physical Properties

    • C4-P13-007
      Junsu Park, Motofumi Osaki, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
      Tough and Functional Supramolecular Materials from Polymer Mixtures with Host-guest Interaction between Cyclodextrin and Adamantane

    • C4-P13-011
      Garry Sinawang, Yuichiro Kobayashi, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
      Supramolecular Ionic Liquid Elastomer based on Host-Guest Interactions

    • C4-P13-014
      Subaru Konishi, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
      Relationship between the Dissociation Energy of Reversible Cross-links and Mechanical Properties of Supramolecular Hydrogels with Inclusion Complexes

    第67回 レオロジー討論会
    [2019年10月16日(水) - 18日(金), 滋賀県立大学(滋賀県彦根市)]


      • 3S13
        小西 昴・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
        可逆性架橋の変形制御を目指した超分子材料の分子設計とその物性評価

      • 3S14
        以倉 崚平・朴 峻秀・大崎 基史・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
        可動性架橋を用いた高分子材料の設計および力学特性評価

      • P49
        荒本 光・大崎 基史・小林 裕一郎・髙島 義徳・原 田明・山口 浩靖
        1:2 ホストゲスト錯体で架橋されたヒドロゲルの酸化還元刺激応答

      • P50
        朴 峻秀・大崎 基史・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
        疎水性シクロデキストリンを有するホストポリマーとゲストポリマーからなる機能性超分子材料

      第9回CSJ化学フェスタ2019
      [2019年10月15日(火) - 17日(木), タワーホール船堀(東京都江戸川区)]


        • P2-075
          三竹 のどか・髙島 義徳・中畑 雅樹・田中 求・原田 明・山口 浩靖
          Development of Cell Scaffold Materials Formed from Gelatin and Synthetic Polymer Cross-linked by Host-Guest Interaction

        • P2-076
          伊藤 賢人・髙島 義徳・山口 浩靖・原田 明
          スチルベン・アゾベンゼンにより架橋された光刺激応答性新規材料の作製・機能評価

        • P7-100
          金 昌明・以倉 崚平・Garry Sinawang・大 崎基史・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
          ホストゲスト相互作用を用いた高強度自己修復性ウレタン材料の作製

        第68回 高分子討論会
        [2019年9月25日(水) - 9月27日(金), 福井大学 文京キャンパス(福井県福井市)]


          • 1ESA03
            Yilin Cao・Tomoe Takasaki・Yoshinori Takashima・Hiroyasu Yamaguchi
            Control of photoinduced electron transfer by the complex formation of water-soluble porphyrin with polyvinylpyrrolidone

          • 2F16
            岡野 七海・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
            光刺激応答性の架橋点を有する超分子ヒドロゲルの作製と応答性の評価製

          • 2F17
            小西 昴・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
            架橋点の会合・解離の制御に基づいた超分子材料の分子設計とその力学特性

          • 2J11
            以倉 崚平・朴 峻秀・大崎 基史・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
            可動性架橋を持つ異種ポリマー混合材料の作製と力学物性評価

          • 3Pb040
            田村 洋樹・以倉 崚平・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
            架橋点の可動性により機能化した超分子材料の光刺激応答性と力学機能の構築

          • 3Pc081
            小林 裕一郎・髙島 義徳・山口 浩靖・原田 明
            シクロデキストリン存在下におけるエチルアクリレートのバルク重合によるシクロデキストリン誘導体を用いた高分子分離膜の作製

          第13回バイオ関連化学シンポジウム2019
          [2019年9月4日(水) - 6日(金), 東北大学青葉山東キャンパス(宮城県仙台市)]


            • 2A-23
              安達 琢真・原田 明・山口 浩靖
              モノクローナル抗体を第二配位圏とする超分子触媒の創製

            第29回バイオ・高分子シンポジウム
            [2019年7月25日(木) - 26日(金), 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区)]


              • 19
                安達 琢真・原田 明・山口 浩靖
                軸不斉認識モノクローナル抗体を用いた超分子触媒の創製

              • 21
                小林 裕一郎・原田 明・山口 浩靖
                アポタンパク質と補因子の錯体形成を利用したゲルの自己集積と触媒活性制御

              第65回高分子研究発表会(神戸)
              [2019年7月12日(金), 兵庫県民会館(兵庫県神戸市中央区)]


                • C-10
                  岡野 七海・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
                  シクロデキストリンとスチルベン誘導体の包接錯体により架橋された超分子ヒドロゲル

                • Pb-25
                  土屋 日奈子・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖・宇山 浩
                  ホスト-ゲスト相互作用と金属配位を組み合わせた超分子ヒドロゲルの作製とその物性評価

                第8回JACI/GSC シンポジウム
                [2019年6月24日(月) - 25日(火), 東京国際フォーラム(東京都千代田区)]


                  • A-60
                    以倉 崚平・朴 峻秀・大崎 基史・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
                    無溶媒重合による超分子材料の作製とその力学特性評価

                  • B-50
                    岡野 七海・山口 浩靖・原田 明・高島 義徳
                    シクロデキストリンとスチルベン誘導体の包接錯体により架橋された光応答性ゲルアクチュエータ

                  • B-64
                    朴 峻秀・大崎 基史・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
                    Host-guest Interaction between Hydrophobic Cyclodextrin and Adamantane for Electronic Devices

                  14th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry (ISMSC2019)
                  [June 2(Sun)-6(Thu), Grand Hotel Tiziano e dei Congressi(Lecce, Italy)]


                    • P204
                      Ryouhei Ikura, Junsu Park, Motofumi Osaki, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguch
                      Preparation of two kinds of supramolecular materials and their physical properties

                    • P357
                      Junsu Park, Motofumi Osaki, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
                      Supramolecular Materials via Host-guest Interaction by Mixing Host Polymer and Guest Polymer in Nano Scale: from Functions to Application

                    第68回高分子学会年次大会
                    [2019年5月29日(水) - 31日(金), 大阪府立国際会議場(大阪府大阪市北区)]


                      • 1L06
                        Yuichiro Kobayashi, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
                        Self-healing properties of a supramolecular hydrogel consisting of polyrotaxane cross-linked by host-guest interactions.

                      • 1D24
                        小西 昴・荒本 光・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
                        シクロデキストリンとアルキル修飾カチオン性ゲストの包接錯体を架橋点とした超分子材料の力学物性

                      • 2Pc059
                        安達 琢真・尾高 友紀・原田 明・山口 浩靖
                        モノクローナル抗体からなる超分子触媒を用いた不斉アルキル化反応

                      • 2Pd060
                        岡林 志穂・松尾 貴史・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
                        Hoveyda-Grubbs 触媒に対するモノクローナル抗体の作製

                      第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム
                      [5月18日(土) - 19日(日), 甲南大学 金沢歌劇座(石川県金沢市)]


                        • 2P27
                          土屋 日奈子・髙島 義徳・山口 浩靖・宇山 浩・原田 明
                          クエン酸変性セルロースナノファイバー/ホスト-ゲスト超分子材料の複合化とその物性評価

                        日本化学会第99春季年会
                        [2019年3月16日(火) - 31日(金), 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市東灘区)]


                        • 1B2-03
                          Junsu Park, Motofumi Osaki, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
                          Multi-functional supramolecular materials by mixing hydrophobic cyclodextrin based host polymer and guest polymer: recycle, healing, and toughening.

                        • 1B2-037
                          以倉 崚平・大﨑 基史・山口 浩靖・原田 明・髙島 義徳
                          可動性架橋導入による疎水性高分子材料の強靭化

                        • 1B2-038
                          岡野 七海・山口 浩靖・原田 明・髙島 義徳
                          ホストゲスト相互作用を用いた光刺激応答性高分子材料の作製

                        • 2B3-013
                          小西 昴・荒本 光・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
                          シクロデキストリンとカチオン性ゲスト分子の包接錯体により架橋された超分子ヒドロゲルの力学物性

                        • 3I1-04
                          Yuichiro Kobayashi, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
                          Rapid Self-healing materials consisting of polyrotaxane cross-linked by host-guest interactions.

                          • 3G3-17
                            Takuma Adachi, Tomoki Odaka, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
                            Monoclonal Antibodies as a Designed Protein Scaffold for Chiral Separation and Asymmetric Catalysis.

                        • 1PB-034
                          Hiroki Tamura, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
                          Preparation of stimuli-responsive polymeric materials based on the sliding motion of supramolecules.

                        • 1PB-035
                          米井 進・以倉 崚平・髙島 義徳・大﨑 基史・原田 明・山口 浩靖
                          ホスト-ゲスト含有ヒドロゲルの接着率の含水量依存性

                        • 1PB-036
                          Nodoka Mitake, Yoshinori Takashima, Masaki Nakahata, Akira Harada, Motomu Tanaka, Hiroyasu Yamaguch
                          Development of Cell Scaffold Materials Formed from Gelatin and Synthetic Polymer Cross-linked by Host-Guest Interaction.

                        • 1PB-037
                          吉田 大地・髙島 義徳・原田 明・山口 浩靖
                          メチル化シクロデキストリンを配位子に有するルテニウム超分子触媒の開発とその開環メタセシス重合活性

                        • 1PC-063
                          Yuichiro Kobayashi, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
                          Rapid Self-healing materials consisting of polyrotaxane cross-linked by host-guest interactions.

                        • 2PC-113
                          Shiho Okabayashi, Yoshinori Takashima, Takashi Matsuo, Hiroyasu Yamaguchi
                          Preparation of antibodies for a Hoveyda-Grubbs catalyst.


                        ImPACT伊藤プログラム最終成果報告会 ~革新的素材「しなやかなタフポリマー」の実現~
                        [2019年1月15日(火), ザ・グランドホール(東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階)]


                        • 原田 明・小林 裕一郎・Zheng Yongtai・高島 義徳・山口 浩靖
                          ポリロタキサンによるポリマーのタフネス化



                        ページのTOPへ