大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
English

学会発表


ホーム > 研究業績:学会発表
2020  2019  2018  2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009-2006

2014

新学術領域研究「柔らかな分子系」第7回 ワークショップ
[2014年12月12日(金)-13日(土), 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター , 愛知県岡崎市]

  • 招待講演
    髙島 義徳
    "柔らかな分子認識を通した界面認識システムと刺激応答性超分子材料の構築"

The 18th SANKEN International
The 13th SANKEN Nanotechnology Symposium
(2nd KANSAI Nanoscience and Nanotechnology
10th Handai Nanoscience and Nanotechnology International Symposium)
[Dec. 10th - 11th Congrès Convention Center , Osaka, Japan]

  • PB-36
    I. E. T. Lee, Akihito Hashidzume, Akira Harada
    "Construction of Nanoparticles Based on Molecular Recognition Aiming at the Development of New Drug Delivery Systems"
       [ポスター賞]
  • PB-38
    Aki Goto, Yoshinori Takashima, Hiyoyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Adhesion of Polyacrylamide Gels in the Presence of Ruthenium Chloride"
  • PB-39
    Kohei Miyamae, Masaki Nakahata, Takahiro Kakuta, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Preparation and Function of Redox-responsive Hydrogel Using Host-guest Interaction"
  • PB-40
    Kohei Koyanagi, Takashi Nakamura, Yoshinori Takashima, Hiyoyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Polymerization Behavior of RAFT Agents Bearing Monomer Recognition"

IPC 2014
[Dec. 2nd - 5th EPOCAL TSUKUBA, Tsukuba, Japan]

  • 3C01IL
    Akira Harada
    "Macroscopic self-assembly and self-healing through molecular rcognition"

PN & G2014
(22nd Polymer Networks Group Meeting (PNG) and the 10th Gel Symposium)
[Nov. 10th-14th, The University of Tokyo, Tokyo, Japan]

  • PL2
    Akira Harada
    "Macroscopic Self-Assembly and Self-Healing Through Molecular Recognition"
  • CT8a
    Yoshinori TAKASHIMA
    "Self-Healing Properties of Supramolecular Hydrogels Formed by Cyclodextrins and Hydrophobic Guest Groups"
  • P25c A
    Takashi Nakamura
    "Metal–Ion‐Responsive Adhesive Hydrogel via Switching of Molecular Recognition Properties "
  • P26c
    Yoshinori TAKASHIMA
    "Photoresponsive Supramolecular Actuator Formed by Host‐Guest Interactions"
  • PST31c
    Shoko Mori
    "pH-and Sugar-Responsive Gel Assemblies Basad on Reversible Covalent Bonds between Boronate and Catechol"
  • PST32c
    Tomoko Sekine
    "Adhesion of Gels and Substrates using Suzuki‐Miyaura Cross Coupling Reaction at the Interface"
  • PST34c
    Kazuhisa Iwaso
    "Preparation of Supramolecular Hydrogel Composed of [c2]Rotaxane Dimer"
  • PST33d
    Masaki Nakahata
    "Redox-Responsive Macroscopic Gel Assembly Based on Discrete Dual Interactions"

第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム
[2014年10月27日(月)-28日(火), 東京工業大学 大岡山キャンパス, 東京都目黒区]

  • PL-1
    原田 明
    高分子認識による超分子マテリアルの開発
  • P-15
    森 祥子
    ポリロタキサンとボロン酸の相互作用を利用した自己修復材料の作製
  • P-17
    大西裕介
    ホスト-ゲスト相互作用及び、鈴木・宮浦カップリング反応を利用した接着
  • P-19
    澤友樹
    [c2]ロタキサン構造をユニットに有する超分子材料の作製と分岐構造に応じた物性の検討
  • P22
    高島義徳
    非共有結合および共有結合を用いた材料間の直接接合
  • P-24
    米倉洸貴
    ホスト‐ゲスト相互作用を用いた多機能性自己修復材料の作製

第4回CSJ化学フェスタ2014
[2014年10月14日(火)-26日(木), タワーホール船堀, 東京都江戸川区]

  • P8-076
    岩曽一恭・高島義徳・原田 明
    [c2]ロタキサンのスライドを利用した光刺激応答性超分子ヒドロゲルの作製
  • P9-075
    伊丹隆浩・橋爪章仁・原田 明
    ポリ-(アクリル酸ナトリウム)マイクロ粒子のホスト-ゲスト相互作用による集積体形成
       [ポスター賞]

第63回高分子討論会
[2014年9月24日(水)-26日(金), 長崎大学文教キャンパス, 長崎県長崎市]

  • 2D15
    関根智子・高島義徳・原田 明
    カップリング反応を利用したゲル及び基板の接着
  • 2E05
    髙島義徳・ 中畑雅樹・森 祥子・原田 明
    非共有結合を通した選択的なゲル接着挙動の観察とその制御
  • 3F06
    後藤亜希・・中村貴志・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    塩化ルテニウムが高分子ゲルを接着させる
  • 2Q08
    宮前 宏平・中畑雅樹・角田貴洋・髙島義徳・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用を利用した酸化還元応答性ヒ ドロゲルの作製と機能評価
  • 2Q09
    岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    [c2]ロタキサンのスライド運動を利用した超分子ゲルアクチュエータの作製
  • 2Q10
    中畑雅樹・髙島義徳・原田 明
    多様な非共有結合的相互作用を利用したゲル接着システムの構築
  • 1Pa037
    Isaac Eng Ting Lee・橋爪章仁・原田 明
    新たなドラッグデリバリーシステムの構築を目指した高分子認識に基づくナノ粒子の創製
  • 1Pb050
    岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    ロタキサンをネットワーク構造に組み込んだ超分子ゲルアクチュエータの作製
       [ポスター賞]
  • 1Pa051
    森 祥子・中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    可逆的な共有結合を利用した機能性超分子材料の作製
  • 1Pe049
    佐野孝明・角田貴洋・高島義徳・原田 明
    ホスト―ゲスト相互作用による超分子材料の作製とその自己修復材料挙動の観察
  • 2Pa073
    伊丹 隆浩・橋爪章仁・原田 明
    分子認識を基盤とするマイクロ粒子の自己組織化挙動
       [ポスター賞]
  • 2Pc069
    小柳昂平・中村貴志・高島義徳・山口浩靖・原田明
    モノマー包接ユニットとしてシクロデキストリンを有する重合触媒の開発

31回シクロデキストリンシンポジウム
[2014年9月11日(木)-12日(金), 島根県民会館, 島根県松江市]

  • O-12
    髙島義徳・ 中畑雅樹・森 祥子・原田 明
    分子認識を通した選択的ゲル集積システムの構築とその刺激応答挙動
  • P1-12
    岩曽一恭・ 髙島義徳・原田 明
    [c2]ロタキサンのスライド運動を通したゲル収縮システムの構築とその光刺激応答挙動
  • P1-20
    小柳昂平・中村貴志・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    モノマー包接部位を導入したRAFT剤によるラジカル重合挙動

IUMRS-ICA 2014
[Aug. 24th-30th, Fukuoka University, Fukuoka, Japan]

  • Invited B11-I26-006
    Yoshinori TAKASHIMA
    "Stimuli Responsive Supramolecular Materials Formed from Host and Guest Polymers"

第60回高分子研究発表会
[2014年7月24日(木)-25日(金), 兵庫県民会館, 兵庫県神戸市]

  • D1-1
    岩曽一恭・ 髙島義徳・山口浩靖・原田 明
    c2対称ロタキサン構造を有する超分子ヒドロゲルの作製と光刺激応答性評価
  • D1-2
    宮前宏平・中畑雅樹・角田貴洋・髙島義徳・原田 明
    超分子錯体形成を利用した酸化還元応答性ヒドロゲルの合成と機能評価
  • Pa-26
    森 祥子・ 中畑雅樹・髙島義徳・原田 明
    ボロン酸-カテコールの可逆的な共有結合を介した刺激応答性ゲル集積システムの構築
  • Pb-28
    佐野孝明・角田貴洋・髙島義徳・原田 明
    ホスト分子修飾およびゲスト分子修飾プラスチック間における分子認識を用いた接着現象の観察


5th Joint CSJ RSC Symposium on Supramolecular Chemistry
[July 1st, Chartered Accountants House, Dublin, Ireland]

  • invited lecture
    Yoshinori Takashima
    "Stimuli responsive and self-healing supramolecular materials through host and guest interactions"

ISMSC 2014
[June 7th - 11th, ShanghaiInstitute of Organic Chemistry, Shangdai, China]

  • PA59
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Preparation on Supramolecular [c2]Rotaxane Dimer Composed of Azobenzene and Cyclodextrin"
  • PA78
    Kohei Koyanagi, Takashi Nakamura, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Polymerization Behavior of RAFT Agents Bearing Cyclodextrine Moieties for Monomer Inclusion"
  • PB12
    Shoko Mori, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akihito Hashidzume, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "pH-and Sugar-Responsive Gel Assemblies Based on Boronate-Catechol Interactions"
  • PB35
    Tomoko Sekine, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Adhesion of Gels and Substrates by Suzuki-Miyaura Coupling Reaction at the Interface"


ICS17
[May 29th-31th, Saarland University, Saarbrücken, Germany]

  • IL
    Akira Harada
    "Macroscopic self-assembly and self-healing through molecular recognition"
  • oral
    Yoshinori Takashima
    "Supramolecular polymerization catalyst by CD derivatives in water"
  • 5-4
    Yoshinori Takashima
    "Self-healing properties of supramolecular hydrogels formed by CDs and hydrophobic guest groups"
  • 5-5
    Masaki Nakahata
    "Redox-responsive macroscopic gel assembly based on discrete dual interactions"
  • 5-6
    Masaki Nakahata
    "Redox-responsive supramolecular polymeric actuator based on host-guest interactions "
  • 5-7
    Shogo Hatanaka
    "Photoresponsive supramolecular actuator regulated by host-guest interactions"


第63回高分子学会年次大会
[2014年5月28日(水)-30日(金), 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市]

  • 1Pb094
    小柳 昂平・中村 貴志・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    モノマー包接ユニットとしてのシクロデキストリンを導入したRAFT剤の重合挙動
  • 1Pa101
    中畑 雅樹・高島義徳・原田 明
    二種類の独立な相互作用を酸化還元により制御したゲル集積システムの構築
  • 1Pc107
    畠中省伍・高島義徳・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用に基づいた架橋を有する超分子材料の作成と評価
  • 1Pd110
    森 祥子・中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    可逆的な共有結合を利用したpH・糖応答性ゲル集積システムの構築
  • 1Pe103
    岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    [c2]ロタキサンダイマーを架橋部位とした光刺激応答性超分子ヒドロゲルの作製
  • 1K17
    Tomoko Sekine・Yoshinori Tashima・Akira Harada
    "Adhesion and its mechanical properties of gels and substrates using coupling reactions"

Polymer Society Conference Korea 2014
[Apr. 9th - 11th, Daejoen Convention Center, Daejeon, Koea]

  • 1L5-3
    Yoshinori Takashima
    "Stimuli Responsive Supramolecular Materials Formed from Host and Guest Polymers and Its Functions"


日本化学会第94春季年会
[2014年3月27日(木)-30日(日), 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知県名古屋市]

  • 1G7- 21
    原田 明
    高分子材料の自己修復研究の現状
  • 1C3-09
    畠中省伍・高島義徳・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用を用いた高靭性ヒドロゲルの作成と機能評価
  • 1C3-10
    宮前 宏平・中畑雅樹・角田貴洋・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    包接錯体を利用した酸化還元応答性ヒドロゲルの作製とその機能評価
  • 1C3-11
    岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    [c2]ロタキサンダイマーにより架橋された超分子ヒドロゲルの作製とその光応答性
  • 1C3-12
    角田貴洋・高島義徳・原田 明
    包接錯体を用いた自己修復性超分子材料の作製及び靭性評価
       [学生講演賞受賞]
  • 1C4-06
    小柳昂平・中村貴志・高島義徳・原田 明
    シクロデキストリン修飾RAFT剤による重合とモノマー包接による重合挙動の変化
  • 1C6-45
    佐野孝明・角田貴洋・高島義徳・原田 明
    ホスト分子修飾およびゲスト分子修飾硬質材料間における分子認識を用いた接着現象の観察
  • 3C6-37
    小林裕一郎・高島義徳・橋爪章仁・山口浩靖・原田 明
    アポタンパク質/補因子導入ヒドロゲルを用いた不均一触媒システムとその反応制御
  • 3C6-39
    森祥子・中畑 雅樹・高島義徳・原田 明
    ボロン酸‐カテコール相互作用を利用したpH・糖応答性ゲル集積システムの構築
  • 3C6-41
    中畑雅樹・高島義徳・橋爪章仁・山口浩靖・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用とイオン性相互作用を利用した酸化還元応答性ゲル集積システムの構築
  • 3C6-42
    中村貴志・高島義徳・橋爪章仁・山口浩靖・原田 明
    金属イオンに感応して接着する機能性高分子材料
  • 3C6-43
    後藤亜希・中村貴志・高島義徳・山口浩靖・原田明
    金属塩溶液への浸漬による高分子ヒドロゲルの接着現象
  • 3PB-033
    関根智子・高島義徳・原田 明
    界面におけるカップリング反応を利用したゲル及びガラス基板の接合


第14回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム
[2014年3月19日(水)-20日(木), 九州大学伊都キャンパスWPI-I2CNERホール, 福岡県福岡市]

  • P1
    森 祥子
    ボロン酸-カテコールの可逆的な共有結合を介したpH・糖応答性ゲル集積システムの構築
  • P7
    佐野 孝明
    ホスト分子修飾およびゲスト分子修飾硬質材料間における分子認識を用いた接着現象の観察
  • P9
    岩曽 一恭
    [c2]ロタキサン骨格を有する光刺激応答性超分子ヒドロゲルの作製
  • P11
    伊丹 隆浩
    分子認識を基盤とするマイクロ粒子の自己組織化挙動


1st. Kansai Nanoscience and Nanotechnology International Symposium
[Feb. 3rd - 4th, Senri Life Science Center, Toyonaka, Japan]

  • P71
    Yuichiro Kobayashi, Yoshinori Takashima, Akihito Hashidzume, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Control of Peroxidase Activity by Self-Assembly of Gels Bearing Apo-proteins and Co-Factors"
  • P72
    Tomoko Sekine, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Adhesion of Gels and Substrates using Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reaction"
  • P73
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Preparation of Supramolecular Hydrogel Composed of [c2]Rotaxane Dimer as The Dynamic"     [Poster award]


ページのTOPへ