大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
English

学会発表


ホーム > 研究業績:学会発表
2020  2019  2018  2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009-2006

2015


PACIFICHEM 2015
[Dec. 15th-20th, Hawaii Convention Center; etc., Hawaii, USA]


  • MACR 342
    Akira Harada
    “Macroscopic self-assembly through molecular recognition”

  • MACR 1335
    Akira Harada
    “Stimuli-responsive polymer gels formed by host-guest interactions”

  • ORGN 64
    Akihito Hashidzume, Akira Harada
    “Macromolecular recognition: Interaction of cyclodextrins with polymer side chains”

  • ORGN 894
    Tomoko Sekine, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Adhesion between materials using host-guest interaction and covalent bond formation reaction”

  • MACR 559
    Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Stimuli responsive and self-healing supramolecular materials through host and guest interactions”

  • MACR 560
    Shoko Mori, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Self-healing materials based on polyrotaxane-boronate interactions”

  • MACR 561
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Functional supramolecular polymeric materials based on redox-responsive host-guest interaction”

  • MACR 562
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Macroscopic artificial muscle powered by the microscopic sliding motion of [c2]daisy chain”

  • MACR 636
    Kohei Koyanagi, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Polymerization mediated by RAFT agents bearing cyclodextrin moieties”

  • MACR 1148
    Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Supramolecular adhesion: Direct bond formation between organic and inorganic materials”

  • MACR 1240
    Tomoko Sekine, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Adhesion of gels and glass substrates using covalent bond formation reactions”

  • MACR 1241
    Koki Yonekura, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    “Self-healing material able to change its color by various stimuli based on host-guest interaction between β-cyclodextrin and phenolphthalein”

  • MACR 1242
    Shoko Mori, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “pH- and sugar-responsive gel assemblies based on boronate-catechol interactions”

  • MACR 1243
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Functional supramolecular polymeric materials based on redox-responsive host-guest interaction”

  • MACR 1252
    Takahiro Itami, Akihito Hashidzume, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    “Self-assembly behavior of crosslinked poly(sodium acrylate) microparticles based on molecular recognition”

  • MACR 1256
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Preparation of supramolecular hydrogel composed of [c2]daisy chain”

第16回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム
[2015年10月26日(月)-27日(火) 物質・材料研究機構千現地区, 茨城県つくば市]

  • P21
    林祐輝・岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ロタキサンを架橋部位とした光刺激応答性超分子ヒドロゲルの作製”

  • P22
    庄島靖・関根智子・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ホスト-ゲスト相互作用を用いた硬質材料間接着の機能化”

第5回 CSJ化学フェスタ2015
[2015年10月13日(火)-15日(木), タワーホール船堀, 東京都江戸川区]

  • D2-01
    高島 義徳
    切れても、くっつきます。分子認識を利用した刺激応答性自己修復材料
  • G3-15
    高島 義徳
    分子接合により自ら傷を治癒する融合マテリアル
  • P5-083
    森 祥子・ 中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    ポリロタキサンを基盤とする可逆的な結合を利用した機能性材料の作製
       [優秀ポスター発表賞]

第64回高分子討論会
[2015年9月15日(火)-17日(木), 東北大学 川内キャンパス, 宮城県仙台市]

  • 3C13
    関根 智子・ 高島 義徳・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用と共有結合形成を利用した異種材料間の接着による融合マテリアルの作製
  • 2D12
    岩曽 一恭・ 高島 義徳・原田 明
    [c2]daisy chainの滑走により駆動する超分子人工筋肉の作製
  • 2D13
    高島 義徳・ 宮前 宏平・中畑雅樹・原田 明
    ホスト-ゲスト相互作用を利用した刺激応答性超分子材料の作製と機能評価
  • 2E
    佐野 孝明・ 高島 義徳・原田 明
    4分岐ポリマーを用いた超分子硬質材料の作製とその自己修復性
  • 1L12
    森 祥子・ 中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明
    可逆的な結合を利用したポリロタキサンに基づく機能性材料の作製
  • 1L13
    中畑 雅樹・ 高島 義徳・原田 明
    高分子側鎖におけるホスト-ゲスト相互作用を利用した強靭性・自己修復性材料の作製
  • 2N04
    高島 義徳・ 関根 智子・原田 明
    分子認識および共有結合形成を通した異種材料間の接着
  • 2R18
    伊丹 隆浩・ 橋爪 章仁・山口 浩靖・原田 明
    分子認識を基盤としたマイクロ粒子の自己組織化挙動
  • 2Pb074
    米倉 洸貴・ 中畑 雅樹高島 義徳・山口 浩靖・原田 明
    シクロデキストリンとフェノールフタレインの相互作用を用いた色調変化超分子材料の評価
  • 2Pa077
    呑村 優・ 中畑 雅樹・高島 義徳・山口 浩靖・原田明
    ポリロタキサンを組み込んだ超分子ゲルの開発と物性評価
  • 3Pd028
    澤 友樹・ 岩曽 一恭・高島義徳・原田 明
    [c2]Daisy chainのスライド運動を利用した光刺激応答性超分子アクチュエータの作製

第61回高分子研究発表会
[2015年7月17日(金), 兵庫県民会館, 兵庫県神戸市]

  • F-15
    森 祥子・ 中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    ボロン酸‐ジオールの可逆的な結合を利用した超分子材料の作製
  • F-17
    佐野孝明・ 高島義徳・原田 明
    ホスト―ゲスト相互作用を用いた硬質材料間の接着と自己修復材料の作製
  • F-20
    中畑雅樹・ 高島義徳・原田 明
    様々な分子認識を利用したゲル接着システムの構築
  • Pa-56
    安達琢真・ 尾高友紀・山口浩靖・原田 明
    ビナフトール誘導体の光学異性を識別するモノクローナル抗体の作製とキャラクタリゼーション
  • Pb-20
    米倉洸貴・ 中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    シクロデキストリンとフェノールフタレインを用いた色調変化を示す自己修復材料の作製
  • Pb-39
    澤 友樹・ 岩曽一恭・高島義徳・原田 明
    [c2] Daisy Chainからなる光刺激応答性超分子アクチュエータの作製

10th ISMSC-2015
[June 28th - July 2nd, Palais des congrès, Strasbourg, France]

  • PA-129
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "The macroscopic artificial muscle powered by the microscopic sliding motion of [c2]daisy chainn"
  • PA-148
    Kohei Koyanagi, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    "Polymerization Mediated by RAFT Agents Bearing Cyclodextrin Moieties for Monomer Inclusion"
  • PB-25
    Shoko Mori, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Self-healing materials based on polyrotaxane using reversible bonds"
  • PB-30
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Macroscopic Self-assembly Based on Complementary Interaction between Nucleobase Pairs"
  • PB-70
    Yoshinori Takashima, Akira Harada
    "Supramolecular adhesion: direct bond formation between organic and inorganic materials"

Gordon Research Conference "Artificial Molecular Switches & Motors"
[June 7th-12th, Stonehill College ,Easton, MA]

  • Invited lecture
    Akira Harada
    "Cyclodextrin-Based Supramolecular Switches"

第64回高分子学会年次大会
[2015年5月27日(水)-29日(金), 札幌コンベンションセンター, 北海道札幌市]

  • 1B22IL
    原田明
    "超分子を利用したタフポリマーの設計と合成 "
  • 3C12
    岩曽一恭 ・高島義徳・原田明
    "[c2]Daisy Chainの滑走を利用した光刺激応答性ヒドロゲルの作製"
  • 2J10
    関根智子・高島義徳・原田明
    "共有結合形成反応を利用した材料の接着"
  • 1Pd066
    小柳昂平・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    "モノマー認識部位を導入したROMP触媒の開発と評価 "
  • 2Pf110
    安達琢真・尾高友紀・山口浩靖・原田 明
    "キラルを識別するモノクローナル抗体の作製とキャラクタリゼーション"
  • 3Pa055
    森祥子・中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    "ポリロタキサンを基盤とする可逆的な結合を介した機能性材料の作製"
  • 3Pd068
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    "シクロデキストリンとフェノールフタレインの可逆的な包接錯体形成からなる超分子材料の物性評価"
  • 3Pc069
    関根智子・大西裕介・高島義徳・原田 明
    "鈴木・宮浦クロスカップリング反応、及びホスト-ゲスト相互作用を利用した材料の接着"
  • 3Pd070
    中畑雅樹・高島義徳・原田 明
    "核酸塩基対の相補的な相互作用を利用した接着システムの構築"

8thACC/32thCDS
[May 14th-16th Kumamoto Prefectural Community Center "PAREA", Kumamoto City, Japana]

  • IL-01
    Akira Harada
    "Macroscopic Self-Assembly and Self-Healing through Molecular Recognition "
  • YS-04
    Yoshinori Takashima
    "Stimuli Responsive Supramolecular Hydrogels Formed by Cyclodextrins and Hydrophobic Guest Groups and its functional properties"
  • PA-29
    Masaki Nakahata
    "Redox-Responsive Macroscopic Gel Assembly Based on Host-Guest and Ionic Interactions"
  • PA-41
    Shoko Mori
    "Self-healing Materials Cross-linked between Polyrotaxane and Polymer with Phenylboronic Acid"
  • PA-45
    Kazuhisa Iwaso
    "Preparation and evaluation of supramolecular actuator driven by the sliding motion of [c2]daisy chain"
       [Best Oral Presentation Award]

日本化学会第95春季年会
[2015年3月26日(木)-29日(日), 日本大学理工学部 船橋キャンパス, 千葉県船橋市]

  • 4S3- 09 特別企画講演
    原田明
    "分子認識による巨視的自己組織化と自己修復 "
  • 4B2- 13
    岩曽一恭 ・高島義徳・原田明
    "[c2]Daisy Chainの摂動を駆動力とする超分子ゲルアクチュエータの作製と機能評価 "
  • 4B2- 16
    佐野孝明・高島義徳・原田明
    "4 分岐ポリマーを用いた超分子材料の作製とその自己修復性 "
  • 3C1- 50
    伊丹隆浩・橋爪章仁・山口浩靖・原田明
    "分子認識を基盤とした高吸水性ポリマーマイクロ粒子の集積挙動 "
  • 4C1- 18
    中畑雅樹・高島義徳・原田明
    "核酸塩基間の相互作用を利用したゲル接着システムの構築 "
  • 4C1- 39
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・原田明
    "シクロデキストリンとフェノールフタレインの相互作用を用いた機能性自己修復材料の作製 "
  • 4C1- 40
    森祥子・中畑雅樹・高島義徳・原田明
    "ポリロタキサンを基盤とする可逆的な結合を介した自己修復材料の作製 "
  • 2PA- 206
    大西裕介・高島義徳・原田明
    "ホスト-ゲスト相互作用と鈴木・宮浦クロスカップリング反応を利用した材料の接着 "
  • 2PA- 207
    澤友樹・岩曽一恭・高島義徳・原田明 
    "[c2]ロタキサン構造を有する超分子材料の作製と分岐構造に応じた物性の検討 "
  • 2PC- 032
    小柳昂平・高島義徳・山口浩靖・原田明
    "モノマー認識部位を導入したRu 錯体の開発とその開環メタセシス重合特性の評価 "
  • 2PC- 189
    後藤亜希・中村貴志・高島義徳・山口浩靖・原田明
    "塩化ルテニウム存在下における高分子ゲルの接着"

ICCMSE 2015
[Mar. 20th - 23th Metropolitan Hotel, Athens, Greece]

  • Invited Lecture
    Akihito Hashidzume, Akira Harada
    "Macromolecular Recognition: Recognition of Polymer Side Chains by Cyclodextrin "

2015 Int'l Adhension & Coating Tech Conference
[Mar. 18th - 20th Incheon Songdo Convensia, Incheon, Korea]

  • B-3-1
    Akira Harada
    "Macroscopic Self-assembly and Self-healing through Molecular Rcognition"

2014年度東海高分子学生研究会
[2015年3月14日(土), 名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー, 愛知県名古屋市]

  • 招待講演
    原田明
    "分子認識による超分子マテリアルの創製"

ポリマーフロンティア21
[2015年3月13日(金),東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール, 東京都目黒区]

  • 招待講演
    原田明
    "分子認識による巨視的自己組織化と自己修復"

第17回 生命化学研究会
[2015年1月8日(木)-9日(金), 三翠園, 高知県高知市]

  • 招待講演
    髙島 義徳
    "ホスト-ゲスト相互作用を用いた刺激応答性超分子材料の創製 "

ページのTOPへ