大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
English

学会発表


ホーム > 研究業績:学会発表
2020  2019  2018  2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009-2006

2016


第64回レオロジー討論会
[2016年10月28日(金)-30日(日), 大阪大学 豊中キャンパス, 大阪府豊中市]


  • P19
    高島 義徳・中畑 雅樹・山口浩靖・原田 明
    “高分子側鎖におけるホスト-ゲスト相互作用を利用した自己修復性材料の力学特性評価“

  • P20
    高島 義徳・岩曽 一恭・山口 浩靖・原田 明
    “超分子により架橋された超分子材料の刺激応答性とその力学特性“

  • P25
    小柳 昂平・高島 義徳・原田 明 ・山口 浩靖
    “ポリロタキサンで架橋されたエラストマーの物性評価“

  • P28
    呑村 優・中畑 雅樹・高島 義徳・山口 浩靖・原田 明
    “フッ素含有ゲスト分子とシクロデキストリンの包接錯体を可逆的な架橋点とした超分子材料の物性評価“

  • P26
    澤 友樹・岩曽 一恭・中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
    “ホスト-ゲスト錯体を架橋点とする超分子材料の力学物性に対するゲストの違いが及ぼす影響“

  • P24
    米倉 洸貴・中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明・山口浩靖
    “シクロデキストリンとフェノールフタレインを用いた超分子材料の刺激による物性変化“

  • P23
    大谷 紘平・中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
    “シクロデキストリンとビオロゲン誘導体を用いた高分子材料の力学特性“

  • P22
    林 祐輝・岩曽 一恭・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
    “ロタキサン構造により機械的に架橋されたトポロジカルゲルの力学物性“

  • P50
    庄島 靖・関根 智子・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
    “硬質材料間の化学的接着におけるホスト-ゲスト相互作用の効果“

  • P32
    池尻 伸治・岩曽 一恭・高島 義徳・原田明・山口 浩靖
    “分子鎖のスライドを駆動力とした光刺激応答性超分子ゲルの物性変化“

  • P27
    後藤史明・中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明・山口 浩靖
    “金属錯体形成とホストーゲスト相互作用を組み合わせた超分子材料の作製“

  • 2A01
    梶田 久貴・片島 拓弥・中畑 雅樹・高島 義徳・原田 明・井上 正志
    “ホストゲストゲルの大変形挙動の精密解析“

ACP-2016-Korea
[Oct.27th-30th, Fusion Hall, Daejeon, Korea]


  • PO-C11
    Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    “Functionalization of Supramolecular Complexes by Hybridization of Transition Metal Complexes with Biomolecules“

第65回高分子討論会
[2016年9月14日(水)-16日(金), 神奈川大学 横浜キャンパス, 神奈川県横浜市]


  • 2F15
    高島義徳・岩曽一恭・畠中省吾・中畑雅樹・山口浩靖・原田明
    “光刺激応答性超分子材料の作製とその機能評価”
  • 2K01
    梶田久貴・片島拓弥・中畑雅樹・高島義徳・原田明・井上正志
    “大変形挙動の精密解析によるホスト-ゲストゲルの強靭化メカニズム解明“
  • 1L15
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “シクロデキストリンとフェノールフタレインを用いた自己修復および刺激に対して色調変化を示す超分子材料の作製“
  • 2L08
    林祐輝・岩曽一恭・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “ロタキサン構造により機械的に架橋されたゲルの光刺激応答性および力学物性“
  • 2L12
    澤友樹・岩曽一恭・中畑雅樹・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “ホスト-ゲスト錯体を架橋点とするソフトマテリアルの作製と側鎖の種類による影響“
  • 3L01
    中畑雅樹・森祥子・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ボロン酸の分子認識を基盤とした高分子材料の接着と高性能自己修復材料の開発“
  • 3L04
    小柳昂平・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “ポリロタキサンを架橋剤に用いたエラストマーの物性“
  • 1M06
    安達琢真・尾高友紀・原田明・山口浩靖
    “キラルなビナフチル誘導体に対するモノクローナル抗体の不斉認識能“
  • 3T08
    呑村優・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “フッ素含有ゲスト分子とシクロデキストリンの包接錯体を架橋点とした超分子材料の作製と物性評価“
  • 3T09
    大谷紘平・中畑雅樹・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “シクロデキストリンとビオロゲン誘導体の包接錯体を利用した高分子材料の力学物性評価“
  • 1Pf054
    池尻伸治・岩曽一恭・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “架橋点のスライドを駆動力とした光刺激応答性超分子材料の作製“
  • 3Pb020
    柏木優・片島拓弥・中畑雅樹・高島義徳・原田明・井上正志
    “ホストーゲストゲルの膨潤挙動と網目構造の相関“
  • 3Pb082
    庄島靖・関根智子・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “可逆的なホスト-ゲスト相互作用を利用した硬質材料間の接着“

第33回シクロデキストリンシンポジウム
[2016年9月8日(木)-9日(金), かがわ国際会議場, 香川県高松市]


  • P1-44
    高島義徳・後藤史明・中村貴志・山口浩靖・原田明
    “金属錯体とホストーゲスト相互作用を組み合わせた超分子機能性材料の作製と機能評価“

PC2016
[Sep. 7th - 10th 2016, Changchun Institute of Applied Chemistry Chinese Academy of Sciences, Changchun , China]


  • OL-4-6
    Takuma Adachi, Tomoki Odaka, Akira Harada, Hiroyasu Yamaguchi
    Simple Method for Chiral Separation Using Monoclonmal Antibodies


第26回バイオ・高分子シンポジウム
[2016年7月28日(木)-29日(金), 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京都目黒区]


  • P18
    安達琢真・尾高友紀・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “モノクローナル抗体を用いたビナフチル誘導体の光学分割“

第62回高分子研究発表会(神戸)
[2016年7月15日(金), 兵庫県民会館, 兵庫県神戸市]


  • C-11
    大谷紘平・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリンとアルキル修飾ビオロゲンの相互作用を用いた超分子材料の開発“
  • C-12
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    “シクロデキストリンと機能性色素を用いた超分子材料の色調変化“
  • Pa-44
    澤友樹・岩曽一恭・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    “包接錯体を架橋点とする高靱性ソフトマテリアルの作製“
  • Pa-48
    庄島靖・関根智子・高島義徳・山口浩靖・原田 明
    “ホスト-ゲスト相互作用を用いた硬質材料間の接着とその物性評価“


Polymer Networks Group meeting 2016
[June 19th - 23th 2016, KTH Campus, Stockholm, Sweden]


  • O-29
    Yoshinori Takashima, Akira Harada
    Photo stimuli responsive supramolecular and topological materials using host-guest complexes

  • O-25
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    Highly Flexible, Tough, and Self-Healable Supramolecular Polymeric Materials Using Host–Guest Interaction

  • P-15
    Kohei Otani, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    Preparation of supramolecular polymeric materials using host-guest interaction between cyclodextrin and alkyl chain modified with viologen

  • P-19
    Yuki Sawa, Kazuhisa Iwaso, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    Toughness and Self-healing Materials Cross-linked by Cyclodextrin-guest Complexes

第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016
[2016年6月4日(土) - 5日(日), 高知城ホール, 高知県高知市]


  • 1AW-1
    高島義徳
    “ホスト—ゲスト相互作用を用いた刺激応答性高分子材料の創製”
       [HGCS Award 受賞講演]
  • 1P-28
    林祐輝・岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ロタキサン構造により架橋された光刺激応答性超分子ゲルの作製”
        [ポスター賞受賞]
  • 2P-33
    高島義徳・原田明
    “可逆的な結合形成を利用した超分子材料の作製とその機能”

  • 2P-35
    庄島靖・関根智子・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “機能性付与を目指したホスト-ゲスト相互作用による硬質材料間の接着”

The 2nd International Symposium on Synthetic Two-Dimensional Polymers S2DP-2
[June 2nd – 4th 2016, Todaiji Temple Cultural Center, Nara, Japan]


  • PP-15
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Adhesion between Polymeric Gels Using Various Non-Covalent Bonds”

  • PP-21
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Preparation of Hydro or Xero Gel Actuator Consisting of [c2]Daisy Chains”

第5回JACI/GSCシンポジウム
[2016年6月2日(木)-3日(金), ANAクラウンプラザホテル 神戸, 兵庫県神戸市]


  • A-75
    大谷紘平・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリンとアルキル鎖修飾ビオロゲンを用いた酸化還元応答性材料の開発”

  • A-74
    中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリンと機能性色素分子のホストーゲスト相互作用を用いた超分子材料の作製”

  • D-21
    澤友樹・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “包接錯体を架橋点とする高靱性ソフトマテリアルの作製”

第65回高分子学会年次大会
[2016年5月25日(水)-27日(金), 神戸国際会議場・展示場, 兵庫県神戸市]


  • 1L20
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Highly Flexible, Tough, and Self-Healable Supramolecular Polymeric Materials Using Host-Guest Interaction”

  • 1Ph044
    柏木優・片島拓弥・中畑雅樹・高島義徳・原田明・井上正志
    “ホスト‐ゲスト相互作用を用いた高分子網目材料の膨潤挙動の解析”

  • 2Pb078
    大谷紘平・中畑雅樹・高島義徳・山口浩康・原田明
    “シクロデキストリンとビオロゲン修飾アルキル鎖の分子認識を用いた超分子材料の作製”
        [ポスター賞受賞]
  • 2Pa079
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・山口浩康・原田明
    “シクロデキストリンと色素を用いた色調変化を示す超分子材料の作製”

  • 2Pc057
    林祐輝・岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ロタキサン構造により架橋された光刺激応答性超分子ゲルの作製”

  • 2Pe039
    庄島靖・関根智子・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “共有結合及びホスト-ゲスト相互作用を基盤とする硬質材料間の接着とその機能化”
        [ポスター賞受賞]
  • 3Pb006
    梶田久貴・片島拓弥・中畑雅樹・高島義徳・原田明・井上正志
    “ホストーゲスト相互作用を用いた高分子網目材料の粘弾性挙動の解析”

18th International Cyclodextrin Symposium
[May 18th - 21th, 2016, Gainesville, Florida USA]


  • Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Stimuli Responsive Supramolecular Materials Formed from Cyclodextrin and Guest molecules on Polymers”

  • Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Highly Flexible, Tough, and Self-Healable Supramolecular Polymeric Materials Using Host–Guest Interaction"     [Poster Award]

第3回CUTEシンポジウム
[2016年3月28日(月), 三重大学, 三重県 ]


  • 高島 義徳
    “可逆的な結合を利用した高分子材料の作製と機能創製”

日本化学会第96春季年会
[2016年3月24日(木)-27日(日), 同志社大学京田辺キャンパス, 京都府京田辺市]


  • 3PA-201
    山口浩靖・廣谷武史・豊田岐聡・原田明
    “ステロイドホルモンに対するモノクローナル抗体の基質特異性”

  • 3PA-202
    Takuma Adachi, Tomoki Odaka, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    “Purification of Chiral Compound Using Monoclonal Antibodies for a Binaphthol Derivative”

  • 3PC-147
    内田雅之・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリン修飾ポリマーを介したゲル接着”

  • 3PC-213
    林祐輝・岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ロタキサンを架橋部位に有する光刺激応答性超分子ゲルの作製”

  • 3PC-215
    大谷紘平・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリンとビオロゲン修飾アルキル鎖のホスト-ゲスト相互作用を用いた超分子材料の作製”

  • 2B6-12
    Isaac Lee, Akihito Hashidzume, Akira Harada
    “A Light-Controlled Release System Based on Molecular Recognition of Cyclodextrins”

  • 2B6-32
    Kazuhisa Iwaso, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Macroscopic actuation through microscopic sliding of [c2]daisy chain”
        [学生講演賞受賞]
  • 2B8-40
    澤友樹・岩曽一恭・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “[c2]Daisy chainをヒドロゲルネットワークに導入した光刺激応答性超分子アクチュエータの作製”

  • 2B8-43
    米倉洸貴・中畑雅樹・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “シクロデキストリンとフェノールフタレインを用いた超分子材料の外部刺激による色調変化”

  • 2PA-093
    Kohei Koyanagi, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada
    “Preparation of polyrotaxane-conteining polymeric materials aiming for improvement in mechanical property”

  • 2PA-173
    庄島靖・関根智子・高島義徳・山口浩靖・原田明
    “ホスト-ゲスト相互作用を用いた硬質材料間の接着とその機能化”

  • 1C4-58
    村田佳祐・高島義徳・原田明・山口浩靖
    “パラジウム錯体を取り込むモノクローナル抗体の作製”
  • 1B8-03
    Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Flexible, tough, and self-healable polymeric materials using molecular recognition”
        [優秀講演賞(学術)受賞]

The 9th Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures
[Feb. 24th-26th, 2016, Institute for Molecular Science, Okazaki, Japan]


  • Yoshinori Takashima
    “Stimuli Responsive Supramolecular Materials Formed from Host and Guest Polymers”

HeKKSaGOn Kyoto Winter School 2016 From Materials to Life: Multidisciplinary Challenges
[Feb. 15th-26th, Kyoto University, Kyoto, Japan]


  • Akira Harada
    “Macroscopic self-assembly and self-healing through molecular recognition”

  • Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada
    “Reversible Bonds Make Materials Flexible, Tough, and Self-healable”


ページのTOPへ