大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
  English

研究設備

ホーム > 研究室紹介:研究設備
GPC(東ソー, eluent: DMF) HPLC (JASCO, Reversed Phase) prep.HPLC (Waters, Reversed Phase)

GPC(東ソー)
極性の高い高分子の分子量を評価するために使用します。

HPLC (biotage, Reversed Phase)
分取用の逆相HPLCです。少量でも正確に目的物を単離するために使用します。

クリープメーター
力学評価の実験に用いられる。引っ張り・圧縮・クリープ・摩擦の計測が可能

prep.HPLC-MS (Waters, Reversed Phase) GPC(東ソー, eluent: THF) AFM NanoScope V

prep.HPLC-MS (Waters, Reversed Phase)
分取用の逆相HPLCです。CD誘導体を大量に分取するために使用します。

透過型電子顕微鏡
ナノスケールの構造体を観察するために使用します。

AFM NanoScope V
走査型プローブ顕微鏡(SPM)の一種。その名のとおり、試料と探針の原子間にはたらく力を検出して画像を得ます。

超高感度等温滴定型 カロリメータ (MicroCal VP-ITC システム) 光反応光源 MAX301(朝日分光) 電子冷熱素子付属UV ・蛍光分光光度計(日本分光、日立製作所、島津製作所)

超高感度等温滴定型 カロリメータ (MicroCal VP-ITC システム)
超高感度カロリメトリーによってシクロデキストリンと基質やタンパク質と基質の熱力学、構造および機能に関する基本的な情報を得ることができます。

光反応光源 MAX301(朝日分光)
様々な波長のバンドパスフィルターを装着しています。光異性化実験において使用します。

電子冷熱素子付属UV ・蛍光分光光度計(日本分光、日立製作所、島津製作所)
紫外 (UV, UltraViolet)、可視 (Vis, Visible)、および近赤外 (NIR, Near InfraRed) 領域の光吸収を測定する。電子冷熱素子により様々な温度にて測定が可能。

円二色性分散計 J-820(日本分光、窒素発生装置付属) 赤外分光光度計(日本分光) 蒸気圧浸透圧測定装置(VPO)

円二色性分散計 J-820(日本分光、窒素発生装置付属)

赤外分光光度計(日本分光)

蒸気圧浸透圧測定装置(VPO)
高分子の分子量測定に使用いたします。

蛍光顕微鏡(Olympus) 500MHz NMR 分光光度計(分析機器室管理 600MHz NMR 分光光度計(分析機器室管理)

蛍光顕微鏡(Olympus)
蛍光分子の一分子観察に使用します。

500MHz NMR 分光光度計(分析機器室管理
超分子錯体の構造解析に最も使用しております。

600MHz NMR 分光光度計(分析機器室管理)
超分子錯体の構造解析に最も使用しております。

MALDI-TOF MS(分析機器室管理) ESI-TOF MS(分析機器室管理) 溶媒精製装置

MALDI-TOF MS
目的物の生成を質量から確認するのに使用しています。

ESI-TOF MS(分析機器室管理)
超分子集合体形成の確認に威力を発揮いたします。

溶媒精製装置
安全上、溶媒の精製は装置にて行います。

凍結乾燥機 ある個人のPC クリーンベンチ

凍結乾燥機
極少量の CD 誘導体を効率よく回収するために使用しております。

ある個人のPC
研究推進のため、研究室から全員に貸し出しています。

クリーンベンチ
細胞操作を行うために使用しております。

ページのTOPへ