大阪大学大学院理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ ロゴ
  English

スタッフ

ホーム > メンバー紹介:スタッフ > 原田 明

原田 明(HARADA, Akira)

原田 明(HARADA, Akira)
大阪大学研究者総覧

所属・職名 大阪大学産業科学研究所特任教授
E-メ−ル harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換
生年月日 1949年9月8日生(大阪府)
学歴
1972年03月 大阪大学理学部高分子学科卒
1974年03月 大阪大学大学院理学研究科高分子学専攻博士前期課程修了
1977年03月 大阪大学大学院理学研究科高分子学専攻博士後期課程修了
職歴
1977年10月-1982年08月 大阪大学理学部教務職員
1979年08月-1980年07月 IBM(San Jose)研究所客員研究員(兼任)
1980年08月-1981年07月 コロラド州立大学客員研究員(兼任)
1982年08月-1988年08月 大阪大学産業科学研究所助手
1988年09月-1994年10月 大阪大学理学部助手
1994年11月-1996年03月 大阪大学理学部助教授
1996年04月-1998年03月 大阪大学大学院理学研究科助教授
1998年04月-2015年03月 大阪大学大学院理学研究科教授
2011年10月-2015年03月 大阪大学大学院理学研究科附属
基礎理学プロジェクト研究センター センター長
2012年04月-2015年03月 大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター センター長
2015年04月-2019年03月 大阪大学大学院理学研究科附属
基礎理学プロジェクト研究センター 特任教授
2019年04月- 現在 大阪大学産業科学研究所 特任教授
学位 理学博士(大阪大学)(1977年)
受賞歴
2014年 高分子科学功績賞受賞
「高分子認識による超分子マテリアルの創成」
2012年 日本化学会賞
「分子認識による機能性超分子ポリマーの創成」
2008年 大阪大学教育研究功労賞
2008年 Izatt-Christensen International Award
2006年 大阪大学教育研究功労賞
2006年 平成18年春の褒章「紫綬褒章」(授与式05月17日)
2004年 シクロデキストリン学会賞
「シクロデキストリンを用いた超分子の構築と機能」
1999年 高分子学会賞
「超分子ポリマーの設計と合成」
1998年 大阪科学賞
「分子認識による超分子構造の構築に関する研究」
1993年 IBM科学賞
「高分子の分子認識による超分子構造の構築」
所属学会 日本化学会、高分子学会、シクロデキストリン学会、アメリカ化学会
専門分野 超分子科学 高分子合成 生体高分子 機能性抗体
研究テーマ 1)高分子認識による超分子構造の構築
Construction of Supramolecular Structures on the complex formation of Cyclic compounds with Polymers.
2)機能性抗体の作製
Construction of Supramolecular Structures on the binding of Antibody to Antigen.
主要論文

Fast response dry-type artificial molecular muscles with [c2]daisy chains
Iwaso, K.; Takashima, Y.; Harada, A.
 Nat. Chem. 2016, 8, 625-632.

A Metal-Ion-Responsive Adhesive Material via Switching of Molecular Recognition Properties
Nakamura, T.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
 Nature Communications 2014, 5, 4622.

"Photoswitchable gel assembly based on molecular recognition"
Yamaguchi, H.;Kobayashi, Y.; Kobayashi, R.; Takashima,Y.; Hashidzume, A.; Harada, A.
 Nature Communications, 2012, 3, 603.

"Switching of macroscopic molecular recognition selectivity using a mixed solvent system"
Zheng, Y.; Hashidzume, A.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A
 Nature Communications 2012, 3, 831.

"Expansion?contraction of photoresponsive artificial muscle regulated by host?guest interactions"
Takashima, Y.; Hatanaka, S.; Otsubo, M.; Nakahata, M.; Kakuta, T.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A
 Nature Communications 2012, 3, 1270.

"Macroscopic Self-Assembly through Molecular Recognition"
Harada, A.; Kobayashi, R.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.
 Nature Chem. 2011, 3, 34-37.
 被引用数:130 (Google Scholar, 2014/01 )

"Redox-responsive self-healing materials formed from host-guest polymers"
Nakahata, M.; Takashima, Y.; Yamaguchi H.;Harada, A.
 Nature Communications 2011, 2, 511.
 被引用数:97 (Google Scholar, 2014/01 )

“Thermal and Photochemical Switching of Conformation of Poly(ethylene glycol)-Substituted Cyclodextrin with an Azobenzene Group at the Chain End”
Y. Inoue, P. Kuad, Y. Okumura, Y. Takashima, H. Yamaguchi, A. Harada
 J. Am. Chem. Soc. 2007, 129(20), 6396-6397.

"Chiral Supramolecular Polymers Formed by Host-Guest Interactions"
M. Miyauchi, T. Hoshino, H. Yamaguchi, S. Kamitori, A. Harada
 J. Am. Chem. Soc., 2005, 127(9), 2984-2989.
 被引用数:114 (Google Scholar, 2014/01 )

"Cyclodextrin-Based Molecular Machines"
A. Harada
 Acc. Chem. Res., 2001, 34 (6), 456-464.
 被引用数:798 (Google Scholar, 2014/01 )

 "Double-stranded Inclusion Complexes of Cyclodextrin Threaded on Poly(ethylene glycol)"
A. Harada, J. Li, and M. Kamachi
  Nature,1994, 370 (6485), 126-128.
 被引用数:262 (Google Scholar, 2014/01 )

"Synthesis of a Tubular Polymer from Threaded Cyclodextrins"
A. Harada, J. Li, and M. Kamachi
 Nature, 1993, 364 (6437), 516-518.
 被引用数:487 (Google Scholar, 2014/01 )

"The Molecular Necklace: A Rotaxane Containing Many Threaded α-Cyclodextrins"
A. Harada, J. Li, and M. Kamachi
 Nature, 1992, 356 (6367), 325-327.
 被引用数:812 (Google Scholar, 2014/01 )

"Complex Formation between α-Cyclodextrin and Poly(ethylene glycol)"
A. Harada, and M. Kamachi
 Macromolecules, 1990, 23 (10), 2821-2823.
 被引用数:652 (Google Scholar, 2014/01 )


ページのTOPへ

スタッフページへ戻る