Polymer Assemblies
English
Study Member Instruments Gallery GHの会
Lab's logo
Profile
佐藤研究室へようこそ
溶液中で、疎水性相互作用、イオン性相互作用、水素結合などの強い引力が働く原子団を持つ高分子は、種々の高分子集合体を形成し、 ユニークな物性・機能を発現します。例として、食品や化粧品の乳化安定化や増粘作用、ドラッグデリバリーシステムに利用される高分子ミセル、 核酸やタンパク質が関与する生化学反応等が挙げられます。当研究室では、このような高分子集合体の創製、構造の解析、および物性発現機構の解明をめざして研究を行っています。
What's new
2017/05/20
佐藤がレオロジーレビュー講演会(京都)にて講演を行いました 2017/05/18-19
佐藤が第44回レオロジー学会年次大会(京都)にて口頭発表を行いました。また、GHの会の松田靖弘先生(静岡大)が奨励賞を受賞されました 2017/05/08
蒋が博士論文公聴会にて研究成果を発表しました 2017/05/05-06
KEK-PF(茨城県つくば市)にて小角X線散乱の実験を行いました 2017/04/30
平成29年いちょう祭の行事として研究室体験ツアーを行いました。今年は、「かたまる?ふくらむ?色がつく?高分子と水の不思議な関係」というタイトルで神阪が演示実験を担当しました

 連絡先
 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
 大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻
 Tel: 06-6850-5461 (佐藤)
         06-6850-5459 (寺尾)
         06-6850-5462 (研究室)
 URL: http://osku.jp/k016


大阪大学 
理学研究科 
高分子科学専攻 
化学科 
永契会 
高分子基礎研究会2008
高分子基礎研究会2007
NKO-OKアカデミー


Page top
Publications
Complexation of a Globular Protein β-Lactoglobulin with an Anionic Surfactant in Aqueous Solution
Yan Li, Takahiro Sato*, Langmuir, in press. [DOI]
TOC
Topology-Dependent Chain Stiffness and Local Helical Structure of Cyclic Amylose Tris(3,5-dimethylphenylcarbamate) in Solution
Akiyuki Ryoki, Hiromi Yokobatake, Hirokazu Hasegawa, Aya Takenaka, Daichi Ida, Shinichi Kitamura, Ken Terao*, Macromolecules, in press. [説明を読む] [AoR free!] [DOI]
TOC
Chain Dimensions and Stiffness of Cellulosic and Amylosic Chains in an Ionic Liquid: Cellulose, Amylose, and an Amylose Carbamate in BmimCl
XinYue Jiang, Shinichi Kitamura, Takahiro Sato, Ken Terao*, Macromolecules, in press. [説明を読む] [AoR free!] [DOI] らせん状多糖誘導体の溶液物性
寺尾 憲, 高分子, Vol. 66, No. 5, 225-226 (2017).
TOC
Scattering Function of Semi-rigid Cyclic Polymers Analyzed in Terms of Worm-like Rings: Cyclic Amylose Tris(phenylcarbamate) and Cyclic Amylose Tris(n-butylcarbamate)
Akiyuki Ryoki, Daichi Ida, Ken Terao*, Polym. J., in press. [説明を読む] [SharedIt free!] [DOI]
TOC
Dimensional and Hydrodynamic Properties of Cellulose Tris(alkylcarbamate)s in Solution: Side Chain Dependent Conformation in Tetrahydrofuran
XinYue Jiang, Akiyuki Ryoki, Ken Terao*, Polymer, Vol. 112, 152-158 (2017). [説明を読む] [DOI]
TOC
Growth Kinetics of Polyelectrolyte Complexes Formed from Oppositely-Charged Homopolymers Studied by Time-Resolved Ultra-Small-Angle X-ray Scattering
Rintaro Takahashi, Theyencheri Narayanan*, Takahiro Sato, J. Phys. Chem. Lett., Vol. 8, No. 4, 737-741 (2017). [DOI]
TOC
Small-angle X-ray Scattering from the Concentrated Bulk Phase Separated from an Amphiphilic Block-copolymer Solution
Masaaki Kondo, Rintaro Takahashi, Xing-Ping Qiu, Francoise M. Winnik, Ken Terao, Takahiro Sato*, Polym. J., Vol. 49, No. 4, 385-389 (2017). [DOI]

ここには2012年以降発表され、原則として研究室員が第一著者または責任著者である論文・著書等を掲載しています。

Copyright(C) 2013 Osaka Univ. All Rights Reserved.