Polymer Assemblies
English
Study Member Instruments Gallery GHの会
Lab's logo
Profile
佐藤研究室へようこそ
溶液中で、疎水性相互作用、イオン性相互作用、水素結合などの強い引力が働く原子団を持つ高分子は、種々の高分子集合体を形成し、 ユニークな物性・機能を発現します。例として、食品や化粧品の乳化安定化や増粘作用、ドラッグデリバリーシステムに利用される高分子ミセル、 核酸やタンパク質が関与する生化学反応等が挙げられます。当研究室では、このような高分子集合体の創製、構造の解析、および物性発現機構の解明をめざして研究を行っています。
What's new
2018/02/21
植野が卒業研究発表を行いました 2018/02/19-20
KEK-PF(茨城県つくば市)にて小角X線散乱の実験を行いました 2018/02/15
長谷川が博士論文公聴会にて研究成果を発表しました 2018/02/08-09
石田、金が修士論文発表を行いました 2018/01/23
佐藤が17-2 高分子学会講演会(吹田)にて講演を行いました

 連絡先
 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
 大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻
 Tel: 06-6850-5461 (佐藤)
         06-6850-5459 (寺尾)
         06-6850-5462 (研究室)
 URL: http://osku.jp/k016


大阪大学 
理学研究科 
高分子科学専攻 
化学科 
永契会 
高分子基礎研究会2008
高分子基礎研究会2007
NKO-OKアカデミー


Page top
Publications
放射光小角X線散乱法による線状・環状・分岐高分子の溶液中における分子形態および分子間相互作用の研究
寺尾 憲, 蒋 昕悦, 領木 研之, 長谷川 博一, 高分子論文集, in press (2018).
TOC
Theory of the Flower Micelle Formation of Amphiphilic Random and Periodic Copolymers in Solution
Takahiro Sato*, Polymers, Vol. 10, No. 1, 73 (2018). [DOI]
TOC
Colloidal Dispersion of a Perfluorosulfonated Ionomer in Water-Methanol Mixtures
Sinan Li, Ken Terao, Takahiro Sato*, Polymers, Vol. 10, No. 1, 72 (2018). [DOI]
TOC
Linear and Cyclic Amylose Derivatives Having Brush Like Side Groups in Solution: Amylose Tris(n-octadecylcarbamate)s
Akiyuki Ryoki, DongChan Kim, Shinichi Kitamura, Ken Terao*, Polymer, Vol. 137, 13-21 (2018). [説明を読む] [DOI] [Free Download until Feb. 27]
TOC
Chain Stiffness of Cellulose Tris(phenylcarbamate) in Tricresyl Phosphate (TCP)
XinYue Jiang, Takahiro Sato, Ken Terao*, Polym. Bull., Vol. 75, No. 3, 1265-1273 (2018). [説明を読む] [SharedIt free!] [DOI]
TOC
Synthesis and Solution Properties of a Rigid Helical Star Polymer: Three-arm Star Poly(quinoxaline-2,3-diyl)
Hirokazu Hasegawa, Yuuya Nagata*, Ken Terao*, Michinori Suginome, Macromolecules, Vol. 50, No. 19, 7491-7497 (2017). [説明を読む] [AoR free!] [DOI]
TOC
Complexation of a Globular Protein β-Lactoglobulin with an Anionic Surfactant in Aqueous Solution
Yan Li, Takahiro Sato*, Langmuir, Vol. 33, No. 22, 5491-5498 (2017). [DOI]
TOC
Topology-Dependent Chain Stiffness and Local Helical Structure of Cyclic Amylose Tris(3,5-dimethylphenylcarbamate) in Solution
Akiyuki Ryoki, Hiromi Yokobatake, Hirokazu Hasegawa, Aya Takenaka, Daichi Ida, Shinichi Kitamura, Ken Terao*, Macromolecules, Vol. 50, No. 10, 4000-4006 (2017). [説明を読む] [AoR free!] [DOI]

ここには2012年以降発表され、原則として研究室員が第一著者または責任著者である論文・著書等を掲載しています。

Copyright(C) 2013 Osaka Univ. All Rights Reserved.