Polymer Assemblies
English
Study Member Instruments Gallery GHの会
Lab's logo
Profile
佐藤研究室へようこそ
溶液中で、疎水性相互作用、イオン性相互作用、水素結合などの強い引力が働く原子団を持つ高分子は、種々の高分子集合体を形成し、 ユニークな物性・機能を発現します。例として、食品や化粧品の乳化安定化や増粘作用、ドラッグデリバリーシステムに利用される高分子ミセル、 核酸やタンパク質が関与する生化学反応等が挙げられます。当研究室では、このような高分子集合体の創製、構造の解析、および物性発現機構の解明をめざして研究を行っています。
What's new
2017/02/13-14
李司楠、舛川、吉谷が修士論文発表を行いました 2017/01/27-29
佐藤が高分子基礎研究会2016(かんぽの宿鳥羽)にて口頭発表を行いました 2017/01/06
来年度配属予定の学部3年生5名を迎え、化学特別実験がスタートしました 2016/12/24
佐藤が平成28年度高大連携・化学教育セミナー(大阪大学)にて講演を行いました 2016/12/17
神戸(キリンビール)と大阪(クリスマスマーケット)に遠足に行きました。

 連絡先
 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
 大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻
 Tel: 06-6850-5461 (佐藤)
         06-6850-5459 (寺尾)
         06-6850-5462 (研究室)
 URL: http://osku.jp/k016


大阪大学 
理学研究科 
高分子科学専攻 
化学科 
永契会 
高分子基礎研究会2008
高分子基礎研究会2007
NKO-OKアカデミー


Page top
Publications
TOC
Dimensional and Hydrodynamic Properties of Cellulose Tris(alkylcarbamate)s in Solution: Side Chain Dependent Conformation in Tetrahydrofuran
XinYue Jiang, Akiyuki Ryoki, Ken Terao*, Polymer, Vol. 112, 152-158 (2017). [DOI] [Free Download until Mar. 31]
TOC
Growth Kinetics of Polyelectrolyte Complexes Formed from Oppositely-Charged Homopolymers Studied by Time-Resolved Ultra-Small-Angle X-ray Scattering
Rintaro Takahashi, Theyencheri Narayanan*, Takahiro Sato, J. Phys. Chem. Lett. Vol. 8, No. 4, 737-741 (2017). [DOI]
TOC
Small-angle X-ray Scattering from the Concentrated Bulk Phase Separated from an Amphiphilic Block-copolymer Solution
Masaaki Kondo, Rintaro Takahashi, Xing-Ping Qiu, Francoise M. Winnik, Ken Terao, Takahiro Sato*, Polym. J., in press. [DOI]
TOC
Zero-Shear Viscosities of Polysaccharide Solutions
Takahiro Sato, Rheology of Biological Soft Matter: Fundamentals and Applications (Soft and Biological Matter), Isamu Kaneda, ed. Springer, 39-68 (2017). [DOI]
TOC
Competition between the Micellization and the Liquid-liquid Phase Separation in Amphiphilic Block Copolymer Solutions
Takahiro Sato*, Rintaro Takahashi, Polym. J., Vol. 49, No. 2, 273-277 (2017). [DOI] 種々の疎水基を有する両親媒性ランダム共重合体の水溶液中での会合・ミセル化挙動
藤本 麻里, 佐藤 尚弘, 高分子論文集, Vol. 73, No. 6, 547-555 (2016). [DOI] アミロース誘導体の高い剛直性を利用した剛直な環状高分子の創製と溶液中における分子形態と分子間相互作用
寺尾 憲, 領木 研之, 高分子論文集, Vol. 73, No. 6, 505-513 (2016). [DOI]
TOC
Structural Analysis of Hydrophobe-Uptake Micelle of an Amphiphilic Alternating Copolymer in Aqueous Solution
Ken Morishima, Ken Terao, Takahiro Sato*, Langmuir, Vol. 32, No. 31, 7875-7881 (2016). [DOI] 多糖カルバメート誘導体の溶液中における分子形態
寺尾 憲, Cellulose Communications, Vol. 23, No. 2, 71-75 (2016).

ここには2012年以降発表され、原則として研究室員が第一著者または責任著者である論文・著書等を掲載しています。

Copyright(C) 2013 Osaka Univ. All Rights Reserved.