ホーム > 入試情報> 入試説明会

高分子科学専攻 大学院入試情報

募集要項が必要な方は、理学研究科の 大学院入試 のページへどうぞ

大学院入試説明会はこちら
大学院入試の日程はこちら
過去の入試問題はこちら
2次学生募集はこちら

1. 専攻の紹介

一般に高分子科学の研究グループは工学系に属するが、本高分子科学専攻は、全国で唯一、理学研究科 に所属する高分子関係の専攻であり、高分子の基礎研究のメッカである。高分子の合成から、構造、物性、機能までの研究グループを一つ の専攻内に含み、バランスのとれた高分子研究組織として注目されている。平成14年には、21世紀COEプログラム「自然共生化学の 創成」が、 平成 17年には魅力ある大学院教育イニシアティブ「インタラクティブ大学院教育」が採択され、主たる専攻として先 端教育を実践してきた。 これらの実績を踏まえ、現在では「インテグレーティッド大学院理学教育」(平成19年採択)、グローバルCOEプログラム「生命環境化学グローバル教育研究拠点」(平成20年採択)のプログラムを遂行しており、新しい化 学をめざした 大学院教育に力を注いでいる。また、協力講座として蛋白質研究所の研究グループが参画し、高分子としてのタンパク質の構造・物性と生物学的機能との 関係について基礎的な理解をめざした研究・教育プログラムも提供している。理学研究科の専攻紹介もご覧ください。

2. 大学院教育

修士課程では、高分子科学全般に関する広い知識を身につけてもらうための講義が用意されている。具 体的な講義は、「授業一覧+シラバス」に掲げられている。これらに加えて、毎年 高分子科学に関する最新のトピックスに関する集中講義を開講している。さらに、特別研究では最先端のテーマを研究課題として選び、そ の成果は国際・国内の主要学会や学術雑誌に発表されている。特に優れている修士課程1年次生は、2年次で博士後期課程に進学できる制 度が設けられている。

3. 入試制度

本高分子科学専攻では、他大学出身者にも広く門戸を解放しており、毎年博士前期・後期課程とも多数 の他大学からの入学者を受け入れている。 博士前期(修士)課程への入学は、毎年前年の8月に入学試験(募集人員:24名)を実施しているほか、2月には学部3年生から修士課程に進学で きる特別選抜(募集人員:若干名)も実施している。 博士後期課程への入学は、4月入学については2月(募集人員:11名)に、10月入学については8月(募集人員:若干名)に 入学試験を実施している。

博士前期(修士)課程学生の2次募集(平成30年4月入学)を実施 します。 2次募集の詳細はこちら


【最近の合格者の出身大学】
大阪大学理学部・工学部・基礎工学部, 有明工業高等専門学校, 愛媛大学工学部, 大阪市立大学工学部, 大阪府立大学理学部・工学部・生命環境科学部, 鹿児島大学理学部, 関西大学工学部, 関西学院大学理学部, 九州大学工学部, 九州工業大学工学部, 京都大学理学部・薬学部・工学部, 京都工芸繊維大学工芸学部・繊維学部, 近畿大学産業理工学部・理工学部, 滋賀県立大学工学部, 首都大学東京都市教養学部, 創価大学工学部, 東京理科大学理学部・工学部, 同志社大学工学部, 名古屋大学工学部, 奈良女子大学理学部, 日本大学生産工学部, 兵庫県立大学(旧姫路工業大学)理学部, 広島大学理学部・工学部, 山形大学工学部, 立命館大学理工学部
(他大学からの合格者は約3割です。)

4. 大学院 入試説明会

平成30年度高分子科学専攻大学院入試説明会 
2017年6月17日(土) 吹田キャンパス
2017年6月24日(土) 豊中キャンパス
に開催されます。→ 終了しました。

入試説 明会の詳細はこちら

このページのトップへ

5. 大学院入試の日程

平成30年度高分子科学専攻大学院入試日程
[平成29年10月入学希望者者並びに平成30年4月入学希望者に対する院試日程と教科(予定)]

日時 2017年8月7日(月) 10:00 - 11:30 英語
    13:00 - 14:30
化学Ⅰ(基礎物理化学および基礎有機化学)
    15:00 - 16:00
化学Ⅱ(物理化学・有機化学・高分子科学・
生物化学より二科目選択)
  2017年8月8日(火) 13:00 - 口頭試問

このページのトップへ

6. 過去の入試問題

平成29年度 博士前期(修士)課程(一次募集) 入学試験問題

平成28年度 博士前期(修士)課程(一次募集) 入学試験問題

平成27年度 博士前期(修士)課程(一次募集) 入学試験問題

平成26年度 博士前期(修士)課程(一次募集) 入学試験問題

平成25年度 博士前期(修士)課程(一次募集) 入学試験問題


平成 14~24年度 博士前期(修士)課程(一次募集)入学試験問題はこちら

※著作権の関係上、英語については過去問の公表を控えています。

このページのトップへ