Welcome to Nakazawa Lab's Website!
2011年の集合写真です!

NEWS





Research
<研究背景>

 物質は数多くの原子や分子が集合した凝集体です。その中では、互いの分子間や原子間に働く相互作用が複雑に絡み合って、それぞれの固有のマクロな性質を作り上げています。
そうした相互作用は個々にはそれほど大きなものではありませんが、協力現象として超伝導や強磁性のような劇的な物性の変化を引き起こします。凝縮相中では電子のもつスピンや電荷、分子運動など様々な自由度が存在しているため、その理解を進め、更に新しい現象を探索するためには、互いの相互作用を取り入れたかたちで考える熱力学的な観点からの情報が重要です。
私たちの研究グループでは、物質の様々な性質(物性)を理解したり、物質の新しい性質を探索することを主なテーマにしています。物質を極低温においたり、大きな磁場をかけたりして外部環境を変化させていったりして、性質がどのように変化していくかを調べています。独自に作製した微小単結晶用カロリメトリー装置を用いて、

“微少量測定(10μg-1mg試料)”

“絶対値評価”

“外部環境制御下”カロリメトリー

を中心に、分子性物質の様々な物性を研究しています。新しい現象の探索、その基礎化学的な理解を通して、更にその奥にある自然のミステリーに迫りたいと思っています。

<研究内容>
・分子性伝導体、超伝導体の物性研究
a. 新規相転移現象の探索
b. 基底状態の解明と低エネルギー励起構造の解明
c. 超伝導対形成機構の解明
d. 外場制御による物質の状態の変化の追跡

・低次元強相関有機化合物における量子現象の探索
a. 電荷秩序絶縁体、Mott絶縁体の相転移の基礎的な理解
b. 量子力学的な機構の競合による本質的な不均一効果の解明

・分子性磁性体、単分子磁性体、低次元ネットワーク磁性体の熱力学特性の追究
a. 相転移、ブロッキング現象の探索とその応用
b. スピン反転機構の解明

・新規機能性材料への適応を目指したカロリメトリー手法の開発
a. 微小単結晶カロリメトリー
b. 強磁場、極低温など環境制御下カロリメトリー

・分子性物質の新しい物性の開発

・分子性結晶素子の開発と、新たな物性の探索
a. 単結晶トランジスタ
b. 界面電子物性

・微小試料の熱輸送現象の研究


Equipments

クライオスタット等

15Tクライオスタット 8Tクライオスタット 7Tクライオスタット 簡易型クライオスタット
15Tクライオスタット 8Tクライオスタット 7Tsplitクライオスタット 簡易型クライオスタット
中澤研で最も強い磁場をかけられるクライオスタットです。 汎用性の高いクライオスタットです。 横磁場タイプのクライオスタットです。 あまり使用されてはいませんが、ここぞというときに役立ちます。
吸着型クライオスタット 9Tクライオスタット SQUID 希釈冷凍機
吸着型クライオスタット 9Tクライオスタット SQUID 希釈冷凍機
今は奥で眠っています。。。 新入りのクライオスタットです。 SQUIDとは"Superconducting Quantum Interference Device"の略で、超伝導量子干渉計のことです。磁化率の測定に用います。
※中澤研が管理していますが、共同利用装置です。
フェルミ粒子である3Heとボース粒子である4Heのエントロピー差を利用して、10mK程度の極低温を実現します。
拡散ポンプ 3He減圧システム 液体窒素 液体ヘリウム
拡散ポンプ 3He減圧システム 液体窒素 液体ヘリウム
真空にするための装置です。 極低温にする際、3Heを減圧するための装置です。 室温から低温に下げるのに使います。77K(-196℃)まで下げることができます。 更に極低温まで下げるのに使います。4K(-269℃)まで下げることができます。


合成装置

電解セル ドラフト 電解セル電源 薬品庫
電解セル ドラフト 電解セル電源 薬品庫
電荷移動錯体は電解酸化によって合成するため、それを行うためのセルです。 危険なものを扱うときはこの中で行います。 これを使って電解酸化を行います。 毒物・劇物を含め、たくさんの試薬があります。

Members
Post Name address@chem.sci.osaka-u.ac.jp
教授 中澤 康浩 (Yasuhiro Nakazawa) nakazawa
准教授 圷 広樹(Hiroki Akutsu) akutsu
助教 山下 智史 (Satoshi Yamashita) sayamash
秘書 根岸 知代(Tomoyo Negishi) negishit14
D2 今城 周作(Shusaku Imajo) imajos12
M2 石田 麻優子 (Mayuko Ishida) ishidam14
江坂 麻優(Mayu Esaka) esakam14
加藤 菜緒子 (Naoko Kato) katon14
西山 史桂 (Fumiyosi Nishiyama) nishiyamaf14
飯柴 拓也(Takuya Iishiba) iishibat13
M1 大石 州紀(Kuninori Oishi) oishik15
小山 悠太 (Yuta Koyama) koyamay16
野本 哲也 (Tetsuya Nomoto) nomotot15
森安 啓介 (Keisuke Moriyasu) moriyasuk15
B4 河野 晶子(Akiko Kouno) kohnoa16
松村 祐希(Yuki Matsumura) matsumuray16

Under Construction...
Publications

2015
Chirality in Charge-Transfer Salts of BEDT-TTF of Tris(oxalato)chromate(III)
L. Martin, H. Akutsu, P. N. Horton and M. B. Hursthouse CrystEngComm 17(14), 2783-2790 (2015).

Radical-Cation Salts of BEDT-TTF with Lithium Tris(oxalato)metallate(III)
L. Martin, H. Engelkamp H. Akutsu, S. Nakatsuji, J. Yamada, P. Horton, and M. B. Hursthouse Dalton Trans. 44(13), 6219-6223 (2015).

Chiral Radical-Cation Salts of BEDT-TTF Containing a Single Enantiomer of Tris(oxalato)aluminate(III) and -chromate(III)
L. Martin, H. Akutsu, P. N. Horton, M. B. Hursthouse, R. W. Harrington, and W. Clegg Eur. J. Inorg. Chem. 2015(11), 1865-1870 (2015).

Structures and Properties of New Ferrocene-Based Paramagnetic Anion Octamethylferrocenedisulfonate and Its TTF Salt
H. Akutsu, R. Hashimoto, J. Yamada, S. Nakatsuji, Y. Nakazawa, and S. S. Turner Inorg. Chem. Commun. 61, 41-47 (2015).

Transitions in Pressure Collapsed Clathrate Hydrates
O. Andersson and Y. Nakazawa J. Phys. Chem. B 119(9), 3846-3853 (2015).

Construction of Relaxation Calorimetry for 101-2 Micro-gram Samples and Heat Capacity Measurements of Organic Complexes
S. Imajo, S. Fukuoka, S. Yamashita, and Y. Nakazawa J. Therm. Anal. Calorim. (2015) in press.

Cooling-Rate-Controlled Heta Cpacity Measurements of Organic Superconductor (TMTSF)2ClO4
S. Morishita, R. Yoshimoto, S. Fukuoka, S. Yamashita, H. Akutsu, and Y. Nakazawa J. Therm. Anal. Calorim. (2015) in press.

Heat Capacity of Spin Liquid System of EtMe3Sb[Pd(dmit)2]2
S. Yamashita, R. Yoshimoto, S. Fukuoka, Y. Nakazawa, and R. Kato Quantum Matter 4(4), 314-318 (2015).

exo-Methylene-BEDT-TTF and Alkene-Functionalised BEDT-TTF Derivatives: Synthesis and Radical Cation Salts
M. Zecchini, J. R. Lopez, S. W. Allen, S. J. Coles, C. Wilson, H. Akutsu, L. Martin, and J. D. Wallis RSC Adv. 5(39), 31104-31112 (2015).

Structures and Properties of Diradical Compounds Containing Disulfide and Nitroxide Groups
K. Fujikura, H. Akutsu, J. Yamada, S. Nakatsuji, and M. Satoh, Synth. Met. 208, 17-20 (2015).

Radical-Cation Salt with Novel BEDT-TTF Packing Motif Containing Tris(oxalato)germanate(IV)
J. R. Lopez, H. Akutsu, and L. Martin Synth. Met. 209, 188-191 (2015).

2014
Gradual Crossover in Molecular Organization of Stable Liquid H2O at Moderately High Pressure and Temperature
Y. Koga, P. Westh, K. Yoshida, A. Inaba, and Y. Nakazawa AIP Adv. 4(9), 097116 (2014) (11 pages).

Stereoisomeric Semiconducting Radical Cation Salts of Chiral Bis(2- hydroxypropylthio)ethylenedithioTTF with Tetrafluoroborate Anions
L. Martin, J. D. Wallis, M. A. Guziak, J. Oxspring, J. R. Lopez, S. Nakatsuji, J. Yamada, and H. Akutsu CrystEngComm 16(24), 5424-5429 (2014).

Thermodynamic Investigation by Heat Capacity Measurements of Ferrimagnetic A2Mn[Mn(CN)6] (A = K, Rb, Cs) Prussian Blue Compounds
Y. Kawamoto, S. Yamashita, R. Yoshimoto, Y. Nakazawa, J. G. DaSilva, C. M. Kareis, and J. S. Miller J. Phys.: Condens. Matter 26(1), 016001 (2014) (6 pages).

Magnetic Torque Studies of π- d System κ -(BDH-TTP)2FeX4 (X = Br, Cl) 7
K. Sugii, K. Takai, S. Tsuchiya, S. Uji, T. Terashima, H. Akutsu, A. Wada, S. Ichikawa, J. Yamada, and T. Enoki J. Phys. Soc. Jpn. 83(2), 023704 (2014) (4 Pages).

Property of the Valence-Bond Ordering in Molecular Superconductor with a QuasiTriangular Lattice
T. Yamamoto, Y. Nakazawa, M. Tamura, A. Nakao, A. Fukaya, R. Kato, and K. Yakushi J. Phys. Soc. Jpn. 83(5), 053703 (2014) (5 Pages).

A Series of Two Oxidation Reactions of ortho-Alkenylbenzamide with Hypervalent Iodine(III): A Concise Entry into (3R,4R)-4-Hydroxymellein and (3R,4R)-4-Hydroxy-6- methoxymellein
T. Takesue, M. Fujita, T. Sugimura, and H. Akutsu Org. Lett. 16(17), 4634-4637 (2014).

Coupling of Charge and Lattice Degrees of Freedoms in θ-Type BEDT-TTF Compound Probed by Low-Temperature Heat Capacity Measurements
R. Yoshimoto, Y. Takane, K. Hino, S. Yamashita, and Y. Nakazawa Physica B 449, 19-24 (2014).

Heat Capacity of Spin Liquid System of EtMe3Sb[Pd(dmit)2]2
S. Yamashita, R. Yoshimoto, S. Fukuoka, Y. Nakazawa, and R. Kato Quantum Matter (2014) in press.

Crystal Structure of PPh4[Fe(NO)2Cl2]
H. Akutsu, J. Yamada, S. Nakatsuji, and S. S. Turner X-Ray Struct. Anal. Online 30(10), 49-50 (2014).


Access

連絡先


〒560-0043
大阪府豊中市待兼山町1-1 G棟1F
大阪大学 大学院理学研究科 化学専攻
物性物理化学研究室
E-mail:nakazawa[at]chem.sci.osaka-u.ac.jp

理学部・理学研究科へのアクセス

豊中キャンパス周辺マップ

理学部G棟中澤研究室へのアクセス

豊中キャンパスマップ
理学部G棟
1階
中澤研究室
Under Construction...