生体分子機械の働くしくみを眺めて作って理解する

Overview

べん毛模式図  大腸菌やサルモネラなどの細菌がモーターを使って泳ぐことを知っていますか?直径50 nmほどの蛋白質でできたモーターで、毎分1万回転以上のスピードで回ります。
 私たちは、このモーターのような生物の分子機械の作動機構を原子レベルの立体構造解析と分子機械の再構成を通じて調べています。


News 最新情報は Facebook

○ 2017/04/03 メンバーを更新しました。
○ 2017/03/23 今田教授が阪大生命機能研究科で講演をしました。
○ 2017/03/22 卒業式がありました。
○ 2017/03/21 今田教授が細菌学会のシンポジウムで講演をしました。
○ 2017/03/08 4年生の卒業研究発表会を行いました。
○ 2017/03/01-05
「Bacterial Flagella, Injectisomes and Type III Secretion System」が沖縄科学技術大学院大
学で開催されました。今田教授、寺島さん、竹川さんが発表しました。


アクセス

G棟画像

交通機関

大阪モノレール「柴原」駅下車、徒歩5分
理学研究科G棟 7階
 

所在地

〒560-0043
豊中市待兼山町 1-1
大阪大学大学院理学研究科 高分子科学専攻
Tel/Fax:06-6850-5455
      

豊中キャンパスマップへ


リンク