PUBLICATIONS

研究室メンバーが著者である2015年以降の論文・総説・著書学会発表を掲載しています。

論文・総説・著書

2023

Water Fraction Dependence of the Aggregation Behavior of Hydrophobic Fluorescent Solutes in Water–Tetrahydrofuran
Tsuji, H.*; Nakahata, M.; Hishida, M.; Seto, H.; Motokawa, R.; Inoue, T.; Egawa, Y. J. Phys. Chem. Lett. 2023, 14, 11235-11241. (DOI: 10.1021/acs.jpclett.3c02882)


Interactions of Mono- and Divalent Host Molecules with Multi- and Divalent Guest Molecules
Ishitsuka, K.; Nakahata, M.; Kamon, Y.; Hashidzume, A.* Chem. Lett. 2023, 52, 752-756. (DOI: 10.1246/cl.230277)


Synthesis of Dense 1,2,3-Triazole Oligomers Consisting Preferentially of 1,5-Disubstituted Units via Ruthenium(II)-Catalyzed Azide–Alkyne Cycloaddition
Taguchi, R.; Nakahata, M.; Kamon, Y.; Hashidzume, A.* Polymers 2023, 15, 2199. (DOI: 10.3390/polym15092199)


Contrasting thermoresponsiveness of stereoisomers of a dense 1,2,3-triazole polymer carrying amide side chains
Okuno, K.; Miura, J.; Yamasaki, S.; Nakahata, M.; Kamon, Y.; Hashidzume, A.* Polym. Chem. 2023, 14, 1488-1496. (DOI: 10.1039/D2PY01528E)


Preferential formation of specific hexose and heptose in the formose reaction under microwave irradiation
Hashidzume, A.*; Imai, T.; Deguchi, N.; Tanibayashi, T.; Ikeda, T.; Michitaka, T.; Kuwahara, S.; Nakahata, M.; Kamon, Y.; Todokoro, Y. RSC Adv. 2023, 13, 4089-4095. (DOI: 10.1039/D2RA07249A)


Synthesis of Stereoregular Uniform Oligomers Possessing a Dense 1,2,3-Triazole Backbone
Kamon, Y.; Miura, J.; Okuno, K.; Yamasaki, S.; Nakahata, M.; Hashidzume, A.* Macromolecules 2023, 56, 292-304. (DOI: 10.1021/acs.macromol.2c01905)


どこからが高分子? - 均一オリゴマー合成の最近の展開
中畑雅樹 化学と工業 2023, 76, 706-707.


2022

クリックで展開

2021

クリックで展開

2020

クリックで展開

2019

クリックで展開

2018

クリックで展開

2017

クリックで展開

2016

クリックで展開

2015

クリックで展開

このページのトップへ

学会発表

2023年度

Mini-symposium "Design and preparation of stimuli responsive polymeric materials" (2023年12月21日)
@大阪大学豊中キャンパス理学研究科南部陽一郎ホール(豊中)

Development of Bio-Synthetic Hybrid Hydrogel Formed by Mucin-Boronic Acid Interaction for Application to Biomaterials
Masaki Nakahata


第13回理学研究フォーラム/第12回 研究交流セミナー (2023年11月6日)
@大阪大学豊中キャンパス理学研究科南部陽一郎ホール(豊中)

『高分子らしさ』を理解するための高分子精密科学
橋爪章仁


第13回CSJ化学フェスタ2023 (2023年10月17〜19日)
@タワーホール船堀(東京)

P9-087
システイン残基を側鎖に有する高密度トリアゾールポリマーの合成
江島 諒, 中畑雅樹, 香門悠里, 橋爪章仁


第72回高分子討論会 (2023年9月26〜28日)
@香川大学(高松)

1C11
高密度1,2,3-トリアゾールを主鎖に有する立体規則性均一オリゴマーの合成とその機能
香門悠里, 三浦淳嗣, 奥野晃司, 山崎翔太, 中畑雅樹, 橋爪章仁


1R14
重金属イオン認識タンパク質を範とする生物着想型合成高分子の設計と水圏環境浄化への応用
中畑雅樹, 角谷歩惟, 池本夕佳, 中村貴志, 山本暁久, 境 慎司, Kaufmann Stefan, 田中 求


2R01
制御ホルモース反応:ホルムアルデヒドからの単糖合成
橋爪章仁


2D06
新規高密度トリアゾールポリマーの創製と機能
橋爪章仁, 香門悠里, 中畑雅樹


3Pd006
ルテニウム触媒アジド―アルキン環化付加重合による高密度1,2,3-トリアゾールポリマーの合成
田口諒一, 中畑雅樹, 香門悠里, 橋爪章仁


第39回シクロデキストリンシンポジウム (2023年9月20〜21日)
@名古屋国際会議場(名古屋)

O-06
高密度トリアゾール骨格を有する両親媒性交互共重合体とシクロデキストリンとの相互作用
橋爪章仁, 山本智彬, 閻 子駿, 田口諒一, 中畑雅樹, 香門悠里


第52回医用高分子シンポジウム (2023年7月25〜26日)
@産業技術総合研究所 臨海副都心センター(東京)

P15
腸内細菌培養場への応用を目指したムチン-合成高分子ハイブリッド材料の開発
中畑雅樹, 西山啓太, 小嶋 勝, 境 慎司


13th SPSJ International Polymer Conference (IPC2023) (2023年7月18〜21日)
@札幌コンベンションセンター(札幌)

20B05
Synthesis of Structure-Controlled Dense Triazole Polymers by Copper(I)-Catalyzed Azide-Alkyne Cycloaddition Polymerization
Akihito Hashidzume, Yuri Kamon, Masaki Nakahata


第69回高分子研究発表会(神戸) (2023年7月14日)
@兵庫県民会館(神戸)

Pa-56
システイン残基を側鎖に有する高密度トリアゾールポリマーの合成
江島 諒, 中畑雅樹, 香門悠里, 橋爪章仁


第28回産学高分子研究会 (2023年6月16日)
@大阪大学豊中キャンパス理学研究科南部陽一郎ホール(豊中)

高密度トリアゾールポリマーの創製と機能
橋爪章仁


第72回高分子学会年次大会 (2023年5月24〜26日)
@Gメッセ群馬(高崎)

1Pc021
高密度1,2,3-トリアゾールを主鎖にもつ立体規則性均一オリゴマーの合成
香門悠里, 三浦淳嗣, 奥野晃司, 山崎翔太, 中畑雅樹, 橋爪章仁


2J25
重金属イオン認識タンパク質に着想を得た合成高分子の設計と水浄化への応用
中畑雅樹, 岡本愛乃, 奥野晃司, 橋爪章仁


3J15
Thermoresponsive Properties of Stereoregular Dense Triazole Polymers Carrying Amide Side Chains
Koji Okuno, Masaki Nakahata, Yuri Kamon, Akihito Hashidzume


2022年度

クリックで展開

2021年度

クリックで展開

2020年度

クリックで展開

2019年度

クリックで展開

2018年度

クリックで展開

2017年度

クリックで展開

2016年度

クリックで展開

2015年度

クリックで展開

このページのトップへ