大阪大学 大学院理学研究科 附属 構造熱科学研究センター

トップページ

附属構造熱科学研究センターのウェブサイトへようこそ!

本センターでは、系全体がもつエネルギーやその系を構成する原子・分子が内包する乱れと関係した量であるエントロピーの測定を柱に、様々な物質の本質を熱力学的な観点から理解し、新しい現象や概念の開拓を目指した基礎科学を展開しています。そのため、試料の状態や量に応じて、各種の熱力学測定を高感度・高分解能で行うためのオリジナルな装置開発から取り組む、世界的にみても非常にユニークな位置付けの研究組織です。
固体の凝集機構、局所空間への吸着、2次元層、ナノ粒子や生体物質、スピンや電荷の自由度を反映した磁性・超伝導現象などを原子・分子レベルの視点と結びつけ、熱科学の目で包括的に理解することを目指して、多様かつ多彩な物質系を対象に研究を進めています。

最近のニュース

お知らせ
2017年12月1日
構造熱科学研究センターでは、研究室見学や装置利用(共同研究)を随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。
※研究室見学については、中野までメールにてご連絡ください。

トピックス
2018年1月4日
荒川 捺貴くん(B3)が構造熱科学研究センターに加わりました。
2017年12月21日
構造熱科学シンポジウムを開催しました。(プログラム)
2017年12月13日
Joel S. Miller先生・Javier Campo先生をお招きし、構造熱科学セミナーを開催しました。(プログラム)
2017年11月2日-6日
第53回熱測定討論会・CATS-2017に参加し、発表を行いました。(写真)
2017年9月16日-18日
錯体化学会 第67回討論会に参加し、発表を行いました。(写真)
2017年9月1日
中野 元裕 教授ら訳のアトキンス 物理化学 (下) 第10版が出版されました。
2017年6月24日
構造熱科学国際若手シンポジウム (ISST-YT)を開催しました。 皆様ご参加ありがとうございました。
2017年5月26日
生駒山にて、春の登山イベントを行いました。(写真)
2017年4月27日
堀井さんの歓迎会として、焼肉パーティーを行いました。
2017年4月1日
東北大学の錯体化学研究室より、堀井 洋司さんが特任研究員として赴任しました。
鐘ヶ江 佑紀さんが博士前期課程へ進学しました。
2017年3月31日
高橋 仁徳さんが、北海道大学の中村研究室へご栄転されました。
2017年3月13日
中野 元裕 教授ら訳のアトキンス 物理化学 (上) 第10版が出版されました。
2017年1月
阪大化学熱学レポート No. 37 (2016)を発行しました。
2016年4月1日
鈴木 晴さんが、特任助教(兼任)として赴任しました.
名越 篤史さんが国士舘大学へご栄転されました。
 
  • (2018/1/9) メンバーを更新しました。
  • (2018/1/4) 今月の1枚を更新しました。
  • (2017/12/27) ギャラリーを更新しました。
 

ホーム RSS購読 サイトマップ