スタッフ紹介

助教

小林 裕一郎(KOBAYASHI, Yuichiro)

所属・職名 大阪大学大学院理学研究科高分子科学専攻 超分子機能化学研究室 助教
所在 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1 化学・高分子科学棟  G715
E-MAIL kobayashiy11<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp < at>は@に変換
生年月日 1982年12月生 (埼玉県)
経歴 2005年03月 日本大学理工学部 卒業
2007年03月 北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 博士前期課程 修了
2011年03月 北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 単位取得退学
2011年12月 北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 博士号(マテリアルサイエンス)取得
2011年4月-2014年3月 大阪大学大学院 理学研究科 高分子科学専攻 原田研究室 特任研究員
2014年04月-2016年08月 京都大学 工学研究科 合成・生物専攻 北川研究室 特定助教
2016年08月-2019年01月 大阪大学大学院 理学研究科 附属基礎理学プロジェクト研究センター 原田グループ 特任助教
2019年01月-現在 大阪大学大学院 理学研究科 高分子科学専攻 山口研究室 助教
学位 博士(マテリアルサイエンス)(北陸先端科学技術大学院大学) (2011年12月)
受賞歴 2012年 高分子研究発表会(神戸)エクセレントポスター賞
2016年 日本化学会優秀講演賞(学術)
2017年 花王科学奨励賞
2020年 高分子研究奨励賞
2022年 ヤングサイエンティスト講演賞
2022年 テックプランター大阪2022 池田泉州銀行賞
2022年 第30回CERI最優秀発表論文賞
2023年 公益財団法人UBE学術振興財団 第63回学術奨励賞
2023年 超異分野賞
2023年 シンキーサイエンスグラント大賞
2023年 第31回CERI最優秀発表論文賞
2023年 第72回ネットワークポリマー討論会 ベストプレゼンテーション賞
獲得資金 2015年 科学研究費補助金 若手研究 (B)
2016年 大阪大学Innovation Bridge グラント
2017年 公益財団法人 花王芸術・科学財団
2018年 公益財団法人 マツダ財団
2018年 公益財団法人 泉科学技術振興財団
2019年 公益財団法人 東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団
2020年 学術研究助成基金助成金 挑戦的研究(萌芽)
2021年 公益財団法人 旭硝子財団
2021年 公益財団法人 徳山科学技術振興財団
2021年 公益財団法人 野口研究所
2022年 公益財団法人 東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団
2022年 科学研究費補助金 基盤研究 (B)
2022年 公益財団法人 池谷科学技術振興財団
2022年 大阪大学Innovation Bridge グラント
2022年 公益財団法人 増屋記念基礎研究振興財団
2022年 学術研究助成基金助成金 挑戦的研究(萌芽)
2022年 公益財団法人 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団
2023年 一般財団法人 フソウ技術開発振興基金
2023年 公益財団法人 新井財団
2023年 公益財団法人 天野工業技術研究所
2023年 公益財団法人 谷川熱技術振興基金
2023年 NEDO 官民による若手研究者発掘支援事業 【マッチングサポートフェーズ】
2023年 大阪大学実用性検証グラント
2024年 公益財団法人 小笠原敏晶記念財団
2024年 公益財団法人 江野科学振興財団
2024年 公益財団法人 東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団
2024年 一般財団法人 フソウ技術開発振興基金
2024年 公益財団法人 スズキ財団
所属学会 日本化学会 高分子学会 アメリカ化学会 シクロデキストリン学会 日本ゴム協会 合成樹脂工業協会 日本接着学会 プラスチック成形加工学会
専門分野 高分子・超分子科学
研究テーマ 超分子相互作用を用いた材料の創製、超分子を用いた機能性硫黄ポリマー材料の創製
関連論文

researchmapはこちら

超分子硫黄含有ポリマーの合成とその特性
日本接着学会誌, 2024, accepted (総説)
小林裕一郎・神岡龍之介・橋本駿・山口浩靖

超分子硫黄含有ポリマーの合成
日本ゴム協会誌, 2024, accepted (総説)
橋本駿・小林裕一郎・山口浩靖

超分子硫黄含有ポリマー
化学と工業, 2023, 77, 141.
小林裕一郎・山口浩靖

Efficient Synthesis of Cyclic Poly(ethylene glycol)s under High Concentration Conditions by the Assistance of Pseudopolyrotaxane with Cyclodextrin Derivatives
ACS Macro Lett., 2023, 12, 1498-1502.
Xiao, C.-L.; Kobayashi, Y.; Tsuji, Y.;Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1021/acsmacrolett.3c00527)



Supramolecular polysulfide polymers cross-linked by metal-ligand interactions
Polym. Chem., 2023, 14, 2577-2580.
Kobayashi, Y.; Kitano, D.; Nishimura, R.; Yamagishi, Y.;Horiguchi, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1039/D3PY00151B )



Supramolecular sulfur-containing polymers with hydrogen bonding.
J. Sulfur Chem., 2023, accepted
Kobayashi, Y.; Yamagishi, Y.; Nishimura, R.; Xiao, C. L.; Kitano, D.; Horiguchi, A.; Hashimoto, S.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1080/17415993.2023.2183773)



Self-Healable and Conductive Hydrogel Coatings Based on Host-Guest Complexation between β-Cyclodextrin and Adamantane.
Chem. Lett., 2023, 52, 172-176.
Park, J.; Tamura, H.; Nakahata, M.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, H.; Nakajima, K.; Takahashi, H.; Takata, S.; Kayano, K.; Harada, A.; Hatano, K.; Takashima, Y.
(DOI:)



Efficient cyclization of linear polymer with pseudopolyrotaxane assistance.
Chem. Lett., 2023, 52, 1-4.
Tsuji, Y.; Kobayashi, Y.; Chunlin, X.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1246/cl.220427)



Supramolecular polysulfide polymers with metal-ligand interactions.
ChemistrySelect, 2022, 7, e202103991.
Yamagishi, Y.; Kobayashi, Y.; Horiguchi, A.; Kitano, D.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1002/slct.202103991)



Precise synthesis of polyrotaxane and preparation of supramolecular materials based on its mobility
Polym. J., 2021, 53, 505-513. (Review)
Kobayashi, Y.
(DOI:10.1038/s41428-020-00455-x)


Supramolecular complex formation of polysulfide polymers and cyclodextrins
Chem. Commun., 2020, 56, 13619-13622.
Kobayashi, Y.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1039/D0CC06571D)


Control of microenvironment around enzymes by hydrogels
Chem. Commun., 2020, 56, 6723-6726.
Kobayashi, Y.; Kohara, K.; Kiuchi, Y.; Shoji, O.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1039/D0CC01332C)


Redox-Responsive Supramolecular Polymeric Networks Having Double-Threaded Inclusion Complexes
Chem. Sci., 2020, 11, 4322-4331.
Aramoto, H.; Osaki, M.; Konishi, S.; Ueda, C; Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1039/C9SC05589D)


Palladium-Catalyst Stabilized in Chiral Environment of Monoclonal Antibody in Water
Chem. Commun. 2020, 56, 1605-1607.
Kobayashi, Y.; Murata, K.; Harada, A.; Yamaguchi H.
(DOI:10.1039/C9CC08756G)


Self-healing and shape-memory properties of polymeric materials cross-linked by hydrogen bonding and metal–ligand interactions
Polym. Chem. 2019, 10, 4519-4523.
Kobayashi, Y.; Hirase, T.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H
(DOI:10.1039/C9PY00450E)
Back Cover

Mechanical and self-recovery properties of supramolecular ionic liquid elastomers based on host-guest interaction and correlation with ionic liquid content
RSC Advances 2019, 9, 22295-22301.
Garry, S.; Kobayashi, Y.; Osaki, M.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H
(DOI:10.1039/C9RA04623B)

Preparation of cyclodextrin-based porous polymeric membrane by bulk polymerization of ethyl acrylate in the presence of cyclodextrin
Polymer 2019, 177, 208-213.
Kobayashi, Y.; Nakamitsu, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
(DOI:10.1016/j.polymer.2019.06.015)

Preparation of Supramolecular Ionic Liquid Gels based on Host-Guest Interactions and Their Swelling and Ionic Conductive Properties
Macromolecules 2019, 52, 2932-2938.
Garry, S.; Kobayashi, Y.; Yongtai, Z.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H.
(DOI:10.1021/acs.macromol.8b02395)

Mechanical properties of supramolecular polymeric materials cross-linked by donor‒acceptor interactions
Chem. Commun. 2019, 55, 3809-3812.
Itano, M.; Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H. (DOI:10.1039/C9CC01472A)

超分子ポリマーの種類と構造,メカニズム,その応用,その可能性
小林裕一郎, 山口浩靖, 原田明
次世代のポリマー・高分子開発,新しい用途展開と将来展望, 情報技術協会, 第3章 第1節 2019

Physical and adhesion properties of supramolecular hydrogels crosslinked by movable cross-linking molecule and host-guest interactions
Kobayashi, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Lett. 2018, 47, 1387-1390
(DOI:10.1246/cl.180646)



Control of the threading ratio of cyclic molecules in polyrotaxane consisting of poly(ethylene glycol) and α-cyclodextrins.
Kobayashi, Y.; Nakamitsu, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Commun. 2018, 54, 7066-7069
(DOI:10.1039/C8CC01776J)



Functional supramolecular materials formed by non-covalent bonds.
Takashima, Y.; Osaki, M.; Kobayashi, Y.
Designed Molecular Space in Material Science and Catalysis. 2018, Springer

ポリロタキサンの材料への応用
小林裕一郎、髙島義徳、原田明
科学と工業 2018, 一般社団法人 大阪工研協会

Adhesion of dissimilar materials through host-guest interactions and its re-adhesion properties
Takashima, Y.; Shojima, Y.; Sekine, T.; Osaki, M.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, H.; Sekito, T.; Hatano, K.; Nakajima, K.; Harada, A.
Chem. Lett. 2018, 47, 1255-1257



Mechanical properties of supramolecular polymeric materials formed by cyclodextrins as host molecules and cationic alkyl guest molecules on the polymer side chain
Takashima, Y.; Otani, K.; Kobayashi, Y.; Aramoto, H.; Nakahata, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Macromolecules 2018, 51, 6318–632



Visible chiral discrimination via macroscopic selective assembly
Zheng, Y.; Kobayashi, Y.; Sekine, T.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Commun. Chem. 2018, 1, 4
(DOI:10.1038/s42004-017-0003-x)



Thermal ring-opening polymerization of an unsymmetrical silicon-bridged [1]ferrocenophane in coordination nanochannels
Kobayashi, Y.; Honjo, K.; Kitagawa, S.; Gwyther, J.; Manners, I.; Uemura, T.
Chem. Commun. 2017, 53, 6945-6948.
(DOI:10.1039/C7CC03391E)



Preparation of Porous Polysaccharides Templated by Coordination Polymer with Three-dimensional Nanochannels
Kobayashi, Y.; Honjo, K.; Kitagawa, S.; Uemura, T.
ACS. Appl. Mater. Interface 2017, 9, 11373–11379.
(DOI:10.1021/acsami.6b15936)



The Controlled Synthesis of Polyglucose in One-Dimensional Coordination Nanochannels
Kobayashi, Y.; Horie, Y.; Honjo, K.; Uemura, T.; Kitagawa, S.
Chem. Commun. 2016, 52, 5156-5159.
(DOI:10.1039/C6CC01357K)



Manual control of catalytic reactions: Reactions by an apoenzyme gel and a cofactor gel
Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Sci. Rep. 2015, 5, pp.16254.
(DOI:10.1038/srep16254)



Adhesion between Semihard Polymer Materials Containing Cyclodextrin and Adamantane Based on Host–Guest Interactions
Kakuta, T.; Takashima, Y.; Sano, T.; Nakamura, T.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Macromolecules, 2015, 48, 732–738.
(DOI:10.1021/ma502316d)



A Macroscopic Reaction: Direct Covalent Bond Formation between Materials Using a Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reaction
Sekine, T; Kakuta, T.; Nakamura, T.; Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Harada, A.
Sci. Rep. 2014, 4, pp.6438.
(DOI:10.1038/srep06348)



Supramolecular Adhesives to Hard Surfaces: Adhesion between Host Hydrogels and Guest Glass Substrates through Molecular Recognition
Takashima, Y.; Sahara, T,; Sekine, T; Kakuta, T.; Nakahata, M.; Otsubo, M.; Kobayashi, Y.; Harada, A.
Macromol. Rapid. Commun. 2014, 35, 1646-1652.
(DOI:10.1002/marc.201400324)



Reversible self-assembly of gels through metal-ligand interaction
Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Sci. Rep. 2013, 3, pp.1243.
(DOI:10.1038/srep01243)



Photoswitchable gel assembly based on molecular recognition
Yamaguchi, H.; Kobayashi, Y.; Kobayashi, R.; Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Harada, A.
Nat. Commun. 2012, 3, pp.603.
(DOI:10.1038/ncomms1617)



Modulation of reversible self-assembling of dumbbell-shaped poly(ethylene glycol)s and β-cyclodextrins: precipitation and heat-induced supramolecular crosslinking
Kobayashi, Y.; Katoono, R.; Yamaguchi, M; Yui, N.
Polym. J. 2011, 43, 893-900.
(DOI:10.1038/pj.2011.71)



Heat-induced Supramolecular Cross-linking of Dumbbell-shaped PEG with β-CD Dimer based on Loose-fit Rotaxanation
Katoono, R.; Kobayashi, Y.; Yamaguchi, M; Yui, N.
Macromol. Chem. Phys. 2010, 212, 211-215.
(DOI:10.1002/macp.201000548)



Preparation of Loose-fit Polyrotaxane Composed of β-Cyclodextrin and Poly(ethylene glycol) Derivatives through the Slipping-Expanding Protocol
Katoono, R.; Kobayashi, Y.; Yui, N.
Chem. Lett. 2010, 39, 892-893.
(DOI:10.1246/cl.2010.892)


pH-Responsive Movement of Cucurbit[7]uril in a Dual Polypseudorotaxane : Contribution of Dimethyl β-CD
Ooya, T.; Inoue, D; Hak, S; Kobayashi, Y.; Loethen, S; Tompson, D; Yang, H; Kim, K; Yui, N.
Org. Lett. 2006, 15, 3159-3162.
(DOI:10.1021/ol060697e)



取得特許 「修飾ポリロタキサンおよびその製造方法並びに樹脂組成物」
(特開2019-011462)
原田明、髙島義徳、小林裕一郎、中畑雅樹、德原智子、阪脇綾子、田村洋樹、高橋宏明、中島毅彦、高田智司、茅野健吾

「自己修復性導電性材料」
(特開2018-204004)
原田明、髙島義徳、小林裕一郎、山下浩平、小林定之

「材料界面での化学的結合により接合した接合体及びその接合方法」
(特許第6257633号 & WO2015-030079)
原田明、山口浩靖、橋爪章仁、髙島義徳、小林裕一郎、中畑雅樹、関根智子

「自己修復性を有する高分子材料及びその製造方法」
(特許第6300926号 & WO2016-006413)
原田明、髙島義徳、小林裕一郎、中畑雅樹、森祥子

新聞報道 2015年01月 2種のゲル操作 自在に酵素反応  中日新聞
2013年05月 高分子素材 自在にピタッ  朝日新聞
2013年4月 生体内物質を利用 離合自在な物質合成  読売新聞
2012年1月 切った貼ったは、光を当てるだけのゼリー状物質  讀賣新聞