大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻

無機化学講座

生物無機化学研究室

メンバー

  • 舩橋 靖博(教授)
  • 野尻 正樹(講師)
  • 畑中 翼(助教)

問い合わせ

  • e-mail:
  • 研究室ホームページ: http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/funahashi/index.html

研究概要

  1. 新奇銅含有亜硝酸還元酵素の銅活性中心の構造・機能相関、変異体作製とタンパク質内、タンパク質間電子移動の研究
  2. 銅型亜硝酸還元酵素の活性中心モデル銅錯体の研究
  3. 銅含有亜酸化窒素還元酵素のX線結晶構造解析と電子伝達タンパク質との相互作用
  4. カルシウム含有メタノール脱水素酵素と、その電子受容タンパク質の構造生物学的研究

生体系に含まれる金属イオンは、その構造や機能を維持するために重要な役割を演じている。生物無機化学研究室では、銅、鉄、カルシウムなどの金属イオンを含むタンパク質や酵素の金属活性部位の構造と機能の研究を、各種分光学的手法、電気化学的手法、組換DNA法、X線結晶構造解析法などを用いて進めている。一方、それらの金属部位の理解を深めるために、活性中心モデル錯体を構築してその構造や性質の研究も行っている。現在、我々が扱っている金属タンパク質の多くは、自然界における窒素サイクルにおいて、脱窒という重要な役割を演じている微生物(脱窒菌)由来のものである。

銅含有亜硝酸還元酵素とシトクロムc 電子供与体との複合体(左)
ならびにシトクロムc ドメインを融合した銅含有亜硝酸還元酵素(右) の結晶構造

PAGETOP