大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻

蛋白質研究所

機能構造計測学研究室

メンバー

  • 藤原 敏道(教授)
  • 松木 陽(准教授)
  • 宮ノ入 洋平(准教授(兼任))
  • 江川 文子(助教)

問い合わせ

  • e-mail:
  • 研究室ホームページ: http://www.protein.osaka-u.ac.jp/biophys/bussei.html

研究概要

  1. 光情報の伝達に関する膜蛋白質pHtrIIと光駆動イオンポンプである膜蛋白質ハロロドプシンの構造に基づく機能の解明
  2. テラヘルツ波を利用した超高感度NMR法の開発と生体系への応用
  3. データベースなどバイオインフォマティクスを利用したNMR立体構造解析法の開発
  4. 時計蛋白質やシグナル伝達蛋白質における蛋白質間相互作用の解析

私たちの体の中ではさまざまなエネルギー変換や情報変換が生体膜を介して行われている。これら機能を担っている超分子システムは生命活動のネットワークを作る上で重要である。私たちは、主に核磁気共鳴法(NMR)を用いて、情報変換やエネルギー変換をつかさどる蛋白質の働きを、立体構造に基づいて明らかにする研究を行っている。また、大きな分子を解析するための方法を、物理工学、計算機科学や遺伝子工学を組み合わせて開発している。高磁場NMRの高感度化のためには、高輝度テラヘルツ波光源を製作し巨大な電子スピン分極を利用できる装置を開発している。

PAGETOP