大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻

蛋白質研究所

機能・発現プロテオミクス研究室

メンバー

  • 高尾 敏文(教授)
  • 武居 俊樹(助教)

問い合わせ

  • e-mail:
  • 研究室ホームページ: http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/profiling/index.htm

研究概要

  1. 質量分析による蛋白質一次構造解析のための化学的手法、及び、解析ソフトウェアの開発
  2. 高感度質量分析のためのハードウェアの開発
  3. 質量分析による蛋白質翻訳後修飾の構造解析
  4. 糖鎖高感度検出のための化学誘導化法の開発
  5. 生体試料のプロテオミクスとバイオマーカー探索法の開発
  6. 質量分析におけるペプチド、糖鎖のフラグメンテーションに関する研究

高感度、短時間で分析が可能な質量分析法は、様々な生体内微量蛋白質のアミノ酸配列や翻訳後修飾の解析に利用されてきている。最近では、蛋白質や遺伝子データベースの充実に伴い、質量分析により生体内の総発現蛋白質を網羅的に解析し、様々な生理的現象を解明しようというプロテオミクス研究が盛んに行われている。当研究室では、質量分析によるペプチド・蛋白質の一次構造解析のための化学・分析的手法や装置の開発、そして質量スペクトルを確度よく解析するためのソフトウェアの開発、整備を行っており、また、それらを用いて生理的に重要な微量蛋白質の同定や蛋白質翻訳後修飾の構造解析も行っている。

PE : phosphatidylethanolamine.

PAGETOP