大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻

独立行政法人 産業技術総合研究所

セルエンジニアリング研究部門
ニューロニクス研究グループ、人工細胞研究グループ、分子創製研究グループ

メンバー

  • 田口隆久(招へい教授)

研究概要

  1. 神経細胞のつくる回路の動作機構の研究
  2. 神経回路を再接続する技術の研究
  3. 刺激応答材料の研究
    -電場に応答する高分子アクチュエーター
    -スマートカプセル
    -機能性人工脂質二重膜

脳の情報処理は多数の神経細胞から構成される神経回路で行われています。この機構の鍵を握る部分がシナプスであり、ここにおける情報伝達の様式について培養神経細胞や脳切片を用いて、生物物理学的、分子生物学的、あるいは、制御工学的なアプローチにより研究しています。また、中枢神経細胞は再生の困難な細胞であるため一度傷害を受けると回復が困難ですが、神経突起の伸長を促進する蛋白質の探索を中心に再接続技術の研究を進めています。さらに、医療や福祉技術に貢献する刺激応答性の材料(例えば、低電圧で大きく屈曲する高分子アクチュエーター、自在に開閉するナノカプセル、パターン化した人工脂質二重膜システム)に関する研究開発も並行して進めています。このように、バイオテクノロジーの研究と高分子を中心とした材料研究を融合させ、新しい Cell Engineeringを確立することを目標に活動しています。

PAGETOP