大阪大学大学院 理学研究科 化学専攻

独立行政法人 産業技術総合研究所

光技術研究部門 光電子プロセスグループ

メンバー

  • 鎌田賢司(招へい准教授)

研究概要

  1. π共役分子の二光子吸収特性と電子構造に関する研究
  2. 多光子吸収材料、非線形屈折率変化材料の研究
  3. 非線形光学特性の測定技術の研究

「二光子吸収」とは分子が2個の光子を同時に吸収する現象であり、生体組織の3次元分解蛍光イメージングに応用されている他、テラバイトクラスの大容量光記録を実現する方法として期待されています。しかし、その発現には高強度のレーザーパルスが必用となるため、より低い強度で二光子吸収が生じる高感度な分子材料が求められています。当研究グループではどのような分子構造が高感度な二光子吸収特性を示すのかという構造-特性相関の解明に、フェムト秒レーザーパルスを用いた二光子吸収スペクトルの実測ならびに第一原理に基づく電子状態の理論計算により研究しています。また、国内外の研究グループと協力して種々の新しい多光子吸収材料や非線形屈折率変化材料の開発とその特性評価に取り組むとともに、高信頼性・高再現性の測定手法についても研究しています。これらの取り組みにより、従来にない高度な光機能を持った有機材料の創製とその基礎となる理論的枠組みの確立を目指しています。

PAGETOP