MENU

最近の学会発表

一般講演 | 招待講演

一般講演

2020

日本化学会第100春季年会 令和2年3月22日~25日 野田

  1. 非平衡エネルギー分布を持つ分子のアンチストークスラマン強度:アミノ酸側鎖についての考察
    ○山下 聡、水谷 泰久
  2. 新規光駆動内向きプロトン輸送タンパク質SzRのレチナール発色団構造の特徴
    ○塩谷 智巳、Manish Singh、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  3. 新規光受容タンパク質ヘリオロドプシンが持つ長寿命光反応中間体の発色団構造の解明
    ○潤井泰斗、大友 章裕・水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  4. ナトリウムイオン輸送タンパク質KR2の発色団が持つ水素結合様式の特異性
    ○篠崎 友香、大友 章裕、水野 操、吉住 玲、神取 秀樹、水谷 泰久

2019

日本化学会第99春季年会 平成31年3月16日~19日 神戸

  1. 新型光受容タンパク質Heliorhodopsinの発色団構造
    ○大友 章裕、水野 操、Manish Singh、志甫谷 渉、井上 圭一、濡木 理、Oded Béjà、神取 秀樹、水谷 泰久

2019年度日本分光学会年次講演会 令和元年5月14日~16日 宇治

  1. 新奇光受容タンパク質ヘリオロドプシンの超高速ダイナミクス
    ◯田原 進也、Manish Singh、 倉持 光、志甫谷 渉、井上 圭一、濡木 理、Oded Béjà、水谷 泰久、神取 秀樹、田原 太平

ISSPワークショップ「レチナールタンパク質の光機能発現の物理と化学」 令和元年9月5日~6日 柏

  1. KR2 のナトリウムイオン輸送時における F ヘリックスの構造変化
    ○⼤友 章裕、⽔野 操、井上 圭⼀、神取 秀樹、⽔⾕ 泰久
  2. KR2 におけるレチナールシッフ塩基の⽔素結合の特異性
    ○篠崎 友⾹、⼤友 章裕、⽔野 操、神取 秀樹、⽔⾕ 泰久

Nineeenth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy September 8-13, 2019, Auckland, Newzealand

  1. Vibrational Energy Transfer from Heme through Atomic Contacts in Proteins. Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, Duy Phuoc Tran, Hisham Dokainish, Akio Kitao, and Yasuhisa Mizutani
  2. Atomic Contacts Drive Structural Changes of Myoglobin, Shinya Tahara, Misao Mizuno, and Yasuhisa Mizutani
  3. Time-resolved UV resonance Raman observation of protein dynamics of a light-driven sodium ion-pumping rhodopsin, Akihito Otomo, Misao Mizuno, Keiichi Inoue, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani
  4. A study of distance dependence on vibrational energy flow in proteins taking advantage of the periodic character of α helices, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, and Yasuhisa Mizutani Poster Presentation Awardを受賞

第13回分子科学討論会 令和元年9月17日~20日 名古屋

  1. ハロロドプシンのタンパク質ダイナミクスにおけるアニオン依存性の要因
    ◯水野 操、下尾 祐未、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. ミオグロビンの構造変化を駆動する原子間接触
    ◯田原 進也、水野 操、水谷 泰久
  3. 時間分解紫外共鳴ラマン分光法によるKR2の構造ダイナミクスの観測
    ◯大友 章裕、水野 操、井上 圭一、神取 秀樹、水谷 泰久  分子科学会優秀講演賞を受賞
  4. αヘリックスの周期性を利用したタンパク質内エネルギー移動の距離依存性の観測
    ○山下 聡、水野 操、水谷 泰久

International Symposium for Nano Science 令和元年11月27日~28日 豊中

  1. A study of distance dependence on vibrational energy flow in proteins taking advantage of the periodic character of α helices, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, and Yasuhisa Mizutani

2018

日本化学会第98春季年会 平成30年3月20日~23日 船橋

  1. ナトリウムイオン結合に伴う光駆動型ナトリウムイオンポンプKR2の構造変化観測
    ◯大友 章裕、水野 操、井上 圭一、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. 好熱菌由来光駆動プロトンポンプの発色団構造および多量体安定性に膜環境が与える効果
    ○塩谷 智巳、水野 操、塚本 卓、須藤 雄気、水谷 泰久
  3. 原子間接触を介したタンパク質内振動エネルギー移動経路
    ○山下 聡、水野 操、水谷 泰久

International Symposium of Structural Thermodynamics for Young Thermodynamicists June 8-9, 2018, Osaka

  1. Vibrational Energy Transfer from Heme through Atomic Contacts in Proteins, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, Duy Phuoc Tran, Hisham Dokainish, Akio Kitao, Yasuhisa Mizutani

26th International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2018) August 26-31, 2018, Jeju, Korea

  1. A comparison of the structures in two functional conditions of Krokinobacter rhodopsin 2, Akihiro Otomo, Misao Mizuno, Keiichi Inoue, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani
  2. Vibrational Energy Transfer from Heme through Atomic Contacts in Proteins, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, Duy Phuoc Tran, Hisham Dokainish, Akio Kitao, Yasuhisa Mizutani

第12回分子科学討論会 平成30年9月10日~13日 福岡

  1. 脊椎動物がもつ新規光センサーOpn5L1の不活性状態の発色団構造
    ◯水野 操、水谷 泰久、佐藤 恵太、大内 淑代、山下 高廣、酒井 佳寿美、今元 泰、七田 芳則、山野 由美子、和田 昭盛
  2. 光駆動ナトリウムイオンポンプの多量体安定性に影響を与える因子
    ◯大友 章裕、水野 操、井上 圭一、神取 秀樹、水谷 泰久 分子科学会優秀ポスター賞を受賞

18th International Conference on Retinal Proteins, September 24-29, 2018, Hockley Valley Resort, Ontario, Canada

  1. Chromophore Structure in an Inactive State of a Novel Photosensor Opn5L1 of Vertebrates, Misao Mizuno, Yasuhisa Mizutani, Keita Sato, Hideyo Ohuchi, Takahiro Yamashita, Kazumi Sakai, Yasushi Imamoto, Yoshinori Shichida, Yumiko Yamano, Akimori Wada
  2. Effects of Solubilized Conditions on the Oligomerization of KR2, Akihiro Otomo, Misao Mizuno, Keiichi Inoue, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani
  3. High Thermal Stability of Oligomeric Assembly of Thermophilic Rhodopsin in Lipid Bilayer, Tomomi Shionoya, Misao Mizuno, Takashi Tsukamoto, Kento Ikeda, Keiichi Kojima, Mikihiro Shibata, Yuki Sudo, and Yasuhisa Mizutani

2017

日本化学会第97春季年会 平成29年3月16日~19日 横浜

  1. 好熱菌由来光駆動プロトンポンプのサブユニット間相互作用:発色団水素結合に及ぼす影響
    ○塩谷 智巳、水野 操、塚本 卓、須藤 雄気、水谷 泰久
  2. Spectral features of heme with higher symmetry in myoglobin
    ◯KAWARABATA, Momoko; MIZUNO, Misao; MIZUTANI, Yasuhisa
  3. タンパク質内エネルギー移動の定量化に向けたアンチストークスラマンスペクトルの温度依存性の観測
    ○山下 聡、水野 操、水谷 泰久

Eighteenth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy July 16-21, 2017, Churchill College, Cambridge, UK

  1. Importance of Atomic Contacts in Vibrational Energy Flow in Protein, Masato Kondoh, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, and Yasuhisa Mizutani

The 6th Asian Spectroscopy Conference  September 3-6, 2017, Hsinchu, Taiwan

  1. Measurements of Temperature Dependence on Anti-Stokes Raman Spectra for Quantitative Analysis of Energy Transfer in Heme Proteins, Satoshi Yamashita, Misao Mizuno, and Yasuhisa. Poster Presentation Awardを受賞
  2. Subunit-subunit interaction in a light-driven proton pump from a thermophilic bacterium: Effects on hydrogen bond of the chromophore, Tomomi Shionoya, Misao Mizuno, Takashi Tsukamoto, Yuki Sudo, and Yasuhisa Mizutani.

第11回分子科学討論会 平成29年9月15日~18日 仙台

  1. ナトリウムイオンポンプの発色団構造と光駆動カチオン輸送機構
    ◯水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. 光駆動型ナトリウムイオン輸送タンパク質KR2のイオンに依存した立体構造の違い
    ◯大友 章裕、水野 操、井上 圭一、神取 秀樹、水谷 泰久
  3. 好熱菌由来光駆動プロトンポンプTRのタンパク質環境が発色団構造に及ぼす影響
    ◯塩谷 智巳、水野 操、塚本 卓、須藤 雄気、水谷 泰久
  4. タンパク質における振動エネルギーの移動経路
    ◯山下 聡、水野 操、水谷 泰久

2016

2016年度日本分光学会年次講演会 平成28年5月24日~26日 豊中

  1. タンパク質エネルギー伝搬における原子間接触の重要性
    近藤正人、水野操、◯水谷泰久

第43回生体分子科学討論会 平成28年6月24日~25日 名古屋

  1. グロイオバクターロドプシンのシッフ塩基とプロトンドナー間にみられる長距離相互作用
    ◯及川 健太郎、水野 操、神取秀樹、水谷 泰久

第10回分子科学討論会 平成28年9月13日~15日 神戸

  1. ハロロドプシン光反応中間体のレチナール発色団に対する水分子の役割
    ◯水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. 酸素センサータンパク質FixLのアロステリックダイナミクス
    ◯山脇 竹生、水野 操、石川 春人、中村 寛夫、城 宜嗣、水谷 泰久
  3. 光駆動塩化物イオンポンプとそのプロトンポンプへ機能転換した変異体の光反応における発色団構造の違い
    ◯久保田 真司、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

17th International Conference on Retinal Proteins October 2–7, 2016, Potsdam, Germany

  1. Long-range interaction between the chromophore and the proton donor of Gloeobacter rhodopsin, Kentaro Oikawa, Misao Mizuno, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani
  2. Ion pumping and hydrogen bond of the protonated Schiff base in microbial rhodopsins, Yasuhisa Mizutani, Misao Mizuno, Shinji Kubota, Kentaro Oikawa, Nao Nishimura, Ayumi Nakajima, and Hideki Kandori.

日本生物物理学会第54回年会 平成28年11月25日~27日 筑波

  1. Structure of retinal chromophore of the photointermediates in sodium ion pump rhodopsin
    ◯西村 尚、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

2015

日本化学会第94春季年会 平成27年3月27日~30日 名古屋

  1. 時間分解紫外共鳴アンチストークスラマン分光法で観る蛋白質内エネルギー伝達における異方性
    ◯近藤 正人、水野 操、水谷 泰久
  2. Effect of intersubunit interaction with an N-terminus residue of the α subunit on dynamics of human hemoglobin
    ◯Shanyan Chang, Misao Mizuno, Haruto Ishikawa, Yasuhisa Mizutani
  3. 新規塩化物イオンポンプの発色団水素結合
    ◯久保田 真司、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

Seventeenth International Conference on Time-resolved Vibrational Spectroscopy June 21-26, 2015, Madison, Wisconsin, USA

  1. Time-resolved Raman Mapping of Vibrational Energy Flow in Hemeproteins, Yasuhisa Mizutani, Naoki Fujii, Masato Kondoh, Mitsuhiro Miyamoto, Misao Mizuno, and Haruto Ishikawa.
  2. Structural evolution of the retinal chromophore in the photocycle of microbial ion pumps, Misao Mizuno, Ayumi Nakajima, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani
  3. Anisotropy of intraprotein vibrational energy transfer monitored by time-resolved anti-Stokes ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Masato Kondoh, Misao Mizuno and Yasuhisa Mizutani
  4. Effect of Intersubunit Interaction with an N-terminus Residue of the α Subunit on Dynamics of Human Hemoglobin, Shanyan Chang, Misao Mizuno, Haruto Ishikawa and Yasuhisa Mizutani.

新学術領域研究「理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学」第3回公開シンポジウム 平成27年7月9日~11日 東京

  1. Development of protein-based molecular probes for the concentration of oxygen and heme in the cell, Haruto Ishikawa
  2. Structural evolution of the retinal chromophore in the photocycle of microbial ion pumps, Misao Mizuno
  3. Anisotropy of vibrational energy flow in hemeprotein monitored by time-resolved anti-Stokes ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Masato Kondoh, Misao Mizuno, and Yasuhisa Mizutani
  4. Effect of intersubunit interaction with an N-terminus residue of the α subunit on dynamics of human hemoglobin, Shanyan Chang, Misao Mizuno, Haruto Ishikawa and Yasuhisa Mizutani
  5. Roles of structural changes around Tyr201 in kinase regulation of oxygen sensor protein FixL, Takeo Yamawaki, Haruto Ishikawa, Misao Mizuno, Hiro Nakamura, Yoshitsugu Shiro, Yasuhisa Mizutani

第9回分子科学討論会 平成27年9月16日~19日 東京

  1. グロイオバクターロドプシンのプロトンポンプ機能を促進する発色団構造変化
    中嶋 亜侑美、◯水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. 水素結合強度変化によるFixLのリン酸化活性制御機構
    ◯山脇 竹生、石川 春人、水野 操、中村 寛夫、城 宜嗣、水谷 泰久
  3. グロイオバクターロドプシンK中間体における発色団とプロトンドナーとの長距離カップリング
    ◯及川 健太郎、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  4. 光駆動塩化物イオンポンプの反応初期中間体の発色団構造
    ◯久保田 真司、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  5. ナトリウムポンプ型ロドプシンの光反応中間体構造のカチオン依存性
    ◯西村 尚、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

11th Australasian Conference on Vibrational Spectroscopy (ACOVS11) and the 5th Asian Spectroscopy Conference (ASC5)  September 29-October 2, 2015, Sydney, Australia

  1. Long-range coupling between the chromophore and the proton donor in the K intermediate of Gloeobacter rhodopsin, Kentaro Oikawa, Misao Mizuno, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani.
  2. Chromophore structures in the early intermediates of light-driven chloride ion pumps, Shinji Kubota, Misao Mizuno, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani.

Pacifichem 2015 December 15-20, 2015, Honolulu, Hawaii, USA

  1. Roles of Structural Changes around Tyr201 in Kinase Regulation of Oxygen Sensor Protein FixL, Takeo Yamawaki, Haruto Ishikawa, Misao Mizuno, Hiro Nakamura, Yoshitsugu Shiro, Yasuhisa Mizutani.

2014

日本化学会第94春季年会 平成26年3月27日~30日 名古屋

  1. 酸素センサータンパク質FixLのリガンド特異的な構造変化:部位特異的変異と紫外共鳴ラマン分光法による研究
    ◯山脇 竹生、石川 春人、水野 操、中村 寛夫、城 宜嗣、水谷 泰久

2nd Awaji International Workshop on “Electron Spin Science & Technology: Biological and Materials Science Oriented Applications” June 15–17, 2014, Awaji, Japan

  1. Spectroscopic Characterization of the Heme Detoxification Protein fromPlasmodium falciparumHaruto Ishikawa, Keisuke Nakatani, Shigetoshi Aono, Yasuhisa Mizutani
  2. Investigation of the Heme Binding Site in α-glucosidase from Rhodnius prolixus,Shotaro Kaku, Keisuke Nakatani, Haruto Ishikawa, Yasuhisa Mizutani

International Conference on Ultrafest Phenomena (UP) July 7 - 11, 2014, Okinawa, Japan

  1. Vibrational Energy Flow in Hemeproteins, Yasuhisa Mizutani, Naoki Fujii, Mitsuhiro Miyamoto, Misao Mizuno, and Haruto Ishikawa

24th International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2014) August 10-15, 2014, Jena, Germany

  1. Temporal Raman Mapping of Vibrational Energy Flow in Hemeproteins, Yasuhisa Mizutani, Naoki Fujii, Mitsuhiro Miyamoto, Misao Mizuno, and Haruto Ishikawa
  2. Evolution of Chromophore Structure in Halorhodopsin Photointermediates, Misao Mizuno, Ayumi Nakajima, Yumi Shimoo, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani
  3. Proton Release and Uptake in Retinal Chromophore of Cyanobacterial Ion-pumping Rhodopsin Revealed by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy, Ayumi Nakajima, Misao Mizuno, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani

第8回分子科学討論会 平成26年9月21日~24日 東広島

  1. 共鳴ラマン分光法による蛍光タンパク質Dronpaの発色団構造決定
    東野飛鳥、◯水野操、水谷泰久

日本生物物理学会第52回年会 平成26年9月25日~27日 札幌

  1. タンパク質を基盤とした酸素濃度FRET センサー
    Protein-based FRET sensor for oxygen concentration
    ◯石川 春人、青野重利、水谷 泰久
  2. 細胞内の遊離ヘムの可視化に向けた融合タンパク質の開発
    Development of the FRET-based sensor protein for visualization of free heme in vivo
    ◯松本和之、石川春人、青野重利、水谷泰久

16th International Conference on Retinal Proteins October 6-10, 2014, Nagahama, Japan

  1. Time-resolved resonance Raman study on structural evolution of chromophore in halorhodopsin from Natoronobacterium pharaonisMisao Mizuno, Ayumi Nakajima, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani

2013

日本化学会第93春季年会 平成25年3月22日~25日 滋賀

  1. 共鳴ラマン分光法による蛍光タンパク質Dronpaの発色団構造の観測
    ◯東野 飛鳥、水野 操、水谷 泰久
  2. ヘミンの結晶化触媒活性を有するサシガメ由来α-グルコシダーゼの分光学的研究
    ◯加来 祥太郎、中谷 圭佑、石川 春人、水谷 泰久
  3. グロイオバクターロドプシンの光サイクル中間体の発色団構造:共鳴ラマン分光法による研究
    ◯中嶋 亜侑美、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久
  4. 紫外共鳴ラマン分光法による 酸素センサータンパク質FixLのリガンド特異的な構造変化の観測
    ◯山脇 竹生、石川 春人、水野 操、中村 寛夫、城 宜嗣、水谷 泰久
  5. 時間分解共鳴ラマン分光法を用いた酸素センサータンパク質HemATの酸素脱離に伴う構造変化観測
    ◯石川 春人、吉田 祐、青野 重利、水谷 泰久

Sixteenth International Conference on Time-resolved Vibrational Spectroscopy May 19-24, 2013, Beppu, Japan

  1. Allosteric dynamics of hemoglobin revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy, Yasuhisa Mizutani, Kenta Yamada, Haruto Ishikawa, Misao Mizuno.
  2. Picosecond protein response to the chromophore isomerization in microbial rhodopsins. Misao Mizuno, Seisuke Inada, Yumi Shimoo, Hideki Kandori, Yuki Sudo, Yasuhisa Mizutani
  3. Chromophore structures of photocycle intermediates in Gloeobacter rhodopsin: a resonance Raman study, Ayumi Nakajima, Misao Mizuno, Hideki Kandori, Yasuhisa Mizutani
  4. Structural change and ligand discrimination of oxygen sensor protein FixL studied by ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Takeo Yamawaki, Shinji Yano, Haruto Ishikawa, Misao Mizuno, Hiro Nakamura, Yoshitsugu Shiro, Yasuhisa Mizutani

第40回生体分子科学討論会 平成25年6月7日~8日 大阪

  1. Heme Detoxification Proteinによるヘム結晶化機構
    ◯石川春人、中谷圭佑、青野重利、水谷泰久

16th International Conference on Bioinorganic Chemistry July 22-26, 2013, Grenoble, France

  1. Identification of Active-site Residues in Heme Detoxification Protein
    Haruto Ishikawa, Keisuke Nakatani, Shigetoshi Aono, Yasuhisa Mizutani
  2. Structural changes in the heme and heme pocket upon CO dissociation of CooA observed by time-resolved resonance Raman spectroscopy
    Akihiro Otomo, Haruto Ishikawa, Misao Mizuno, Shigetoshi Aono, Yasuhisa Mizutani

第7回分子科学討論会 平成25年9月24日~27日 京都

  1. ハロロドプシン光反応中間体のタンパク質構造ダイナミクス観測
    ◯水野操、下尾祐未、神取秀樹、水谷泰久
  2. 時間分解アンチストークス共鳴ラマン分光法によるタンパク質内振動エネルギー伝達の距離依存性の観測
    ◯宮本光紘、水野操、石川春人、水谷泰久

日本生物物理学会第51回年会 平成25年10月28日~30日 京都

  1. Heme binding site in Rhodnius prolixus α-glucosidase promoting the heme crystallization
    ヘム結晶化を促進するサシガメ由来α‐グルコシダーゼのヘム結合部位の検討
    ◯加来祥太郎、 中谷圭佑、石川 春人、水谷 泰久
  2. Protein dynamics of CooA upon CO dissociation studied by time-resolved resonance Raman spectroscopy
    時間分解共鳴ラマン分光法を用いたCO解離に伴うCooAのタンパク質ダイナミクスの研究
    ◯大友章裕、石川春人、水野操、青野重利、水谷泰久

分子研研究会「ロドプシン研究の故きを温ねて新しきを知る」 平成25年11月18日~19日 岡崎

  1. 共鳴ラマン分光法によるハロロドプシン光反応中間体の実時間観測
    ◯水野 操、下尾 祐未、神取 秀樹、水谷 泰久
  2. グロイオバクターロドプシンの光サイクル中間体の可視共鳴ラマンスペクトル観測
    ◯中嶋 亜侑美、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

2012

23rd International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2012) August 12-17, 2012, Bangalore, India

  1. Protein Dynamics of Isolated Chains of Recombinant Human Hemoglobin Elucidated by Time-Resolved Resonance Raman Spectroscopy, Kenta Yamada, Haruto Ishikawa, and Yasuhisa Mizutani
  2. Protein Dynamics of Halorhodopsin in Primary Processes of the Photocycle: Effect of Chloride Ion, Yumi Shimoo, Misao Mizuno, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani

11th European Biological Inorganic Chemistry Conference September 12-16, 2012, Granada, Spain

  1. Hemozoin formation mechanism of heme detoxification protein in malaria parasite, Keisuke Nakatani, Haruto Ishikawa, Shigetoshi Aono and Yasuhisa Mizutani

第6回分子科学討論会 平成24年9月18日~21日 東京

  1. ハロロドプシンの光サイクル初期過程におけるタンパク質構造ダイナミクス:塩化物イオンの効果
    ◯下尾祐未、水野操、神取秀樹、水谷泰久
  2. ガスセンサータンパク質CooAの一酸化炭素脱離に伴う構造ダイナミクスの観測
    ◯大友章裕、石川春人、水野操、青野重利、水谷泰久

第85回日本生化学会大会 平成24年12月14日~16日 福岡

  1. ヘモゾイン形成機構におけるHeme Detoxification Proteinとヘムの相互作用の解明
    ◯中谷 圭佑、石川 春人、青野 重利、水谷 泰久

2011

日本化学会第91春季年会 平成23年3月26日~29日 横浜

  1. ハロロドプシンの光サイクル初期過程のタンパク質構造ダイナミクス:トリプトファン残基のスペクトル変化の観測
    ◯下尾 祐未、水野 操、神取 秀樹、水谷 泰久

第38回生体分子科学討論会 平成23年6月23日~24日 つくば

  1. ヘモゾイン形成過程におけるHeme Detoxification Proteinとヘムの相互作用
    ◯中谷 圭佑、石川 春人、青野 重利、水谷 泰久

Fifteenth International Conference on Time-resolved Vibrational Spectroscopy June 19-24, 2011, Ascona, Switzerland

  1. Watching energy flow in hemeproteins, Yasuhisa Mizutani

特定領域研究「分子高次機能解明のための分子科学」第5回公開シンポジウム 平成23年7月11日~13日 札幌

  1. Elucidation of Structural Basis of Dynamically-driven Protein Allostery by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy, Yasuhisa Mizutani
  2. Protein Dynamics of Halorhodopsin in Primary Processes of the Photocycle: Spectral Changes of Tryptophan Residues, Yumi Shimoo, Misao Mizuno, Hideki Kandori, Mizutani Yasuhisa

第5回分子科学討論会 平成23年9月20日~23日 札幌

  1. タンパク質内エネルギー散逸の時空間分解観測:ヒーター分子からの距離依存性
    藤井直樹、水野操、石川春人、◯水谷泰久
  2. ヘモグロビン単離鎖の構造ダイナミクス:α鎖、β鎖および四量体との違い
    ◯山田健太、石川春人、水谷泰久
  3. アカガイ二量体ヘモグロビンの構造ダイナミクス:四量体ヘモグロビンとの比較
    ◯三城佑樹、石川春人、Srinivasan Muniyappan、Hyotcherl Ihee、水谷泰久

2010

第37回生体分子科学討論会 平成22年6月18日~19日 山口

  1. センサリーロドプシンⅡのレチナール発色団異性化に伴う周辺アミノ酸残基の構造変化
    ◯水野操、須藤雄気、本間道夫、水谷泰久

第4回分子科学討論会 平成22年9月14日~17日 大阪

  1. イエロープロテインの発色団周辺水素結合ネットワークの変化
    ◯水野操、上久保裕生、片岡幹雄、水谷泰久
  2. アナベナセンサリーロドプシンの光異性化に伴うタンパク質の構造ダイナミクス
    ◯稲田誠亮、水野操、川鍋陽、神取秀樹、水谷泰久
  3. 紫外共鳴ラマン分光法によるカリウムイオンチャネルKcsAの構造解析
    ◯松田拓之、水野操、清水啓史、老木成稔、水谷泰久

Pacifichem 2010 December 15-20, 2010, Honolulu, Hawaii, USA

  1. Changes in hydrogen-bond network around the photoexcited chromophore of photoactive yellow protein observed by ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Misao Mizuno, Hironari Kamikubo, Mikio Kataoka, Yasuhisa Mizutani
  2. Protein Dynamics and Sensing Mechanism of Oxygen Sensor Protein HemAT, Yuu Yoshida, Haruto Ishikawa, Shigetoshi Aono, Mizutani Yasuhisa
  3. Direct observation of vibrational energy migration within protein moiety by using time-resolved anti-Stokes ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Naoki Fujii, Misao Mizuno, Haruto Ishikawa, Yasuhisa Mizutani
  4. Effect on protein dynamics induced by ligand dissociation of amino acid residues as studied by time-resolved resonance Raman spectroscopy, Kazuya Kobayashi, Haruto Ishikawa, Yasuhisa Mizutani

2009

日本化学会第89春季年会 平成21年3月26日~30日 船橋

  1. 時間分解共鳴ラマン分光法によるガスセンサータンパク質HemATの酸素脱離に伴うダイナミクスの観測  ◯吉田祐、石川春人、青野重利、水谷泰久

Fourteenth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy May 9-14, 2009, Meredith, NH, USA

  1. Picosecond Time-Resolved UV Resonance Raman Spectroscopy of Bacteriorhodopsin: Primary Protein Response to the Photoreaction of Retinal Chromophore, Misao Mizuno, Mikihiro Shibata, Junya Yamada, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani

特定領域研究「分子高次機能解明のための分子科学」第3回公開シンポジウム 平成21年6月3日~5日 東京

  1. Elucidation of Structural Basis of Dynamically-driven Protein Allostery by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy, Yasuhisa Mizutani
  2. Direct Observation of Vibrational Energy Migration within Protein of Photoexcited Cytochrome c, Naoki Fujii, Misao Mizuno, Yasuhisa Mizutani
  3. Protein Dynamics of HemAT upon Oxygen Dissociation as Revealed by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy, Yuu Yoshida, Haruto Ishikawa, Shigetoshi Aono, Mizutani Yasuhisa

Japan-Korea Symposium on Molecular Science 2009 "Chemical Dynamics in Materials and Biological Molecular Sciences", July 12-14, 2009, Awajishima, Japan

  1. Protein Dynamics of HemAT upon Oxygen Dissociation as Revealed by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy, Yuu Yoshida, Haruto Ishikawa, Shigetoshi Aono, Mizutani Yasuhisa

第3回分子科学討論会 平成21年9月21日~24日 名古屋

  1. 光反応中間体におけるイエロープロテインのタンパク質構造:発色団周辺水素結合変化の変異体紫外共鳴ラマン測定による解析
    ◯水野操、上久保裕生、片岡幹雄、水谷泰久
  2. タンパク質中エネルギー散逸の直接観測:チトクロムcを用いた研究
    ◯藤井直樹、水野操、水谷泰久
  3. リガンド脱離後のヘムのダイナミクスに対するヘム周辺アミノ酸残基の効果:時間分解共鳴ラマン分光法による研究
    ◯小林主弥、石川春人、内田毅、石森浩一郎、水谷泰久
  4. ガスセンサータンパク質HemATの酸素脱離に伴う構造変化と機能発現
    ◯吉田祐、石川春人、青野重利、水谷泰久

The Second Asian Spectroscopy Conference November 30-December 2, 2009, Seoul, Korea

  1. "Picosecond Time-Resolved Ultraviolet Resonance Raman Spectroscopy of Bacteriorhodopsin: Protein Dynamics in Primary Photointermediates", Misao Mizuno, Mikihiro Shibata, Junya Yamada, Hideki Kandori, and Yasuhisa Mizutani

2008

日本化学会第88春季年会 平成20年3月26日~30日 東京

  1. ヘムオキシゲナーゼ-ヘム複合体の一酸化炭素脱離に伴う構造ダイナミクス  ◯山岡将人、杉島正一、野口正人、福山恵一、水谷泰久

第35回生体分子科学討論会 平成20年6月25日~27日 兵庫

  1. バクテリオロドプシンのピコ秒時間分解紫外共鳴ラマンスペクトル:部位選択的観測でみるタンパク質部分の初期構造ダイナミクス ◯水野操、柴田幹大、神取秀樹、水谷泰久

第2回分子科学討論会 平成20年9月23日~26日 福岡

  1. バクテリオロドプシンの光反応初期過程におけるタンパク質ダイナミクス
    ◯水野操、柴田幹大、山田純也、神取秀樹、水谷泰久

2007

Thirteenth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy May 19-25, 2007, Freising, Germany

  1. Observation of Primary Structural Changes of Photoreactive Proteins by Picosecond Time-Resolved Ultraviolet Resonance Raman Spectroscopy, Misao Mizuno, Norio Hamada, Fumio Tokunaga, and Yasuhisa Mizutani
  2. Structural dynamics of hemoglobin encapsulated in silica gels, Atsushi Inagakiand Yasuhisa Mizutani

第1回分子科学討論会 平成19年9月17日~20日 仙台

  1. シリカゲル中に閉じ込めたヘモグロビンの構造ダイナミクス :ダイナミクスの四次構造依存性 ◯稲垣厚志、水谷泰久
  2. ピコ秒時間分解紫外共鳴ラマン分光によるタンパク質二次構造の高速変化の観測 ◯水野操、水谷泰久
  3. マイクロ秒一分子蛍光スペクトル測定法の開発:蛍光色素への応用 ◯古々本麻里、水谷泰久

日本生物物理学会第45回年会 平成19年12月21日~23日 横浜

  1. イエロープロテインにおける光誘起構造変化の高速伝播:ピコ秒時間分解紫外共鳴ラマン分光による観測
    Ultrafast Propagation of Structural Changes in Photoactive Yellow Protein Observed by Time-Resolved UV Resonance Raman Spectroscopy
    ◯水野操、濱田格雄、徳永史生、水谷泰久

2006

第33回生体分子科学討論会 平成18年7月14日~15日 名古屋

  1. リガンド解離に誘起されるミオグロビンの高次構造変化―ピコ秒時間分解紫外共鳴ラマン分光法による部位特異的観測 ◯佐藤亮、Gao Ying、北川禎三、水谷泰久

20th International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2006) August 20-25, 2006, Yokohama, Japan

  1. Picosecond Structural Dynamics of the Protein Backbone of Photoactive Yellow Protein: A Time-Resolved Ultraviolet Resonance Raman Study, Misao Mizuno, Norio Hamada, Fumio Tokunaga, and Yasuhisa Mizutani
  2. Site-specific Observation of Ultrafast Structural Relaxation of Photodissociated Carbonmonoxy Myoglobin, Akira Sato, Gao Ying, Teizo Kitagawa, and Yasuhisa Mizutani
  3. Photoinduced Electron Transfer in Glucose Oxidase: Picosecond Time-resolved Ultraviolet Resonance Raman Study, Akiko Fujiwara and Yasuhisa Mizutani
  4. Effect of Heme-Propionates on Dynamics of Myoglobin, Mai Koyama, Saburo Neya, and Yasuhisa Mizutani
  5. Structural Dynamics of Hemoglobin Encapsulated in Silica Gels, Atsushi Inagakiand Yasuhisa Mizutani

2006年分子構造総合討論会 平成18年9月20日~23日 静岡

  1. ピコ秒時間分解紫外共鳴ラマン分光によるPhotoactive Yellow Proteinのタンパク骨格構造変化の観測 ◯水野操、濱田格雄、徳永史生、水谷泰久
  2. ミオグロビンの構造ダイナミクスにおけるプロピオン酸基の効果 ◯小山舞、根矢三郎、水谷泰久
  3. ゲル中にトラップしたヘモグロビンの構造ダイナミクス: アロステリックエフェクターの効果 ◯稲垣厚志、水谷泰久
  4. マイクロ秒一分子蛍光スペクトル測定法の開発 ◯古々本麻里、水谷泰久

第5回東アジア生物物理学シンポジウム・第44回日本生物物理学会年会合同会議 平成18年11月12日~16日 沖縄

  1. Photoinduced Electron Transfer in Glucose Oxidase: A Picosecond Time-resolved Ultraviolet Resonance Raman Study, Akiko Fujiwara and Yasuhisa Mizutani
  2. Dynamics of Hemoglobin in Fixed Quaternary Structure, Atsushi Inagaki and Yasuhisa Mizutani

2005

Twelfth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy May 23-27, 2005, Gaithersburg, Maryland, USA

  1. Picosecond protein dynamics of myoglobin upon ligand dissociation studied by ultraviolet resonance Raman spectroscopy, Yasuhisa Mizutani and Akira Sato

2005年分子構造総合討論会 平成17年9月27日~30日 東京

  1. 四次構造を固定したヘモグロビンの構造ダイナミクス 上門久美子,◯水谷泰久
  2. リガンド脱離にともなうミオグロビンのピコ秒高次構造ダイナミクス ◯佐藤亮,水谷泰久
  3. 酸素の脱離に伴うヘモグロビンの構造ダイナミクス:生理的なダイナミクスの解明に向けて ◯村川由佳,水谷泰久
  4. ミオグロビンの振動エネルギー緩和におけるプロピオン酸基の効果 ◯小山舞,根矢三郎,水谷泰久

日本生物物理学会第43回年会 平成17年11月23日~25日 札幌

  1. 酸素の脱離に伴うヘムの構造ダイナミクス:ミオグロビンに関する研究 ◯村川由佳,水谷泰久
  2. リガンド脱離に伴う酸素センサータンパク質(FixL)の構造ダイナミクス ◯晝間祐介,菊地晶裕,城宜嗣,水谷泰久
  3. グルコース酸化酵素の光誘起電子移動反応:ピコ秒時間分解紫外共鳴ラマン分光法による研究 ◯藤原杏季子,水谷泰久

Pacifichem 2005 December 15-20, 2005, Honolulu, Hawaii, USA

  1. Ultraviolet resonance Raman spectroscopy revealed picosecond protein dynamics of myoglobin upon ligand photodissociation, Yasuhisa Mizutani and Akira Sato
  2. Ligand dependence in structural dynamics of hemoglobin: differences between oxygen and carbon monoxide, Yuka Murakawa and Yasuhisa Mizutani

招待講演

2020

  • 「時間分解紫外共鳴ラマン分光法によるタンパク質ダイナミクス観測」、水野操、日本分光学会紫外フロンティア講演会「紫外フロンティア分光研究の最前線」、名古屋大学 東山キャンパス、令和2年1月6日.
  • "Atomic contacts drive ultrafast helix motions in myoglobin," Shinya Tahara, 11th Asian Conference on Ultrafast Phenomena (ACUP 2020)”, January 12 – 15, 2020, Shanghai, China.

2019

2018

2017

2016

2015

2014

  • "Picosecond protein dynamics observed by time-resolved ultraviolet resonance Raman spectroscopy", Misao Mizuno, 8th Asian Conference on Ultrafast Phenomena, January 20-22, 2014, Kobe.
  • 「時間分解紫外共鳴ラマン分光法によるタンパク質の高速構造ダイナミクス観測」、水野操、高エネ機構フォトンファクトリー、第2回 先進的観測技術研究会 -時間分解計測の最前線-、高エネルギー加速器研究機構、平成26年2月21日.
  • "Oxygen-dependent allosteric control of heme proteins", Haruto Ishikawa, Workshop "What is soft molecular system?", March 10-11, 2014, Nagano
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法の開拓とタンパク質ダイナミクス研究」、水谷泰久、バイオ・ラマン研究会、東北大学片平キャンパス、平成26年5月1日、2日
  • "Time-resolved resonance Raman spectroscopy on retinal proteins", Yasuhisa Mizutani, 16th International Congress on Photobiology, September 7–12, 2014, Córdoba, Argentina
  • 「紫外共鳴ラマン分光法でみる高速タンパク質ダイナミクス」、水野操、「柔らかな分子系」第5回ワークショップ、広島アステールプラザ、平成26年9月20日
  • 「タンパク質内エネルギー散逸のラマン時空間マッピング」、水谷泰久、第8回分子科学討論会、広島大学東広島キャンパス、平成26年9月21日~24日.
  • 「タンパク質の機能を生み出す柔らかさの時間分解観測: Time-resolved Observation of Functionally-important Molecular Flexibility of Proteins」、水谷泰久、日本生物物理学会第52回年会、札幌コンベンションセンター、平成26年9月25日~27日.
  • "Structure changes of microbial rhodopsins in their photocycles as revealed by time-resolved visible and ultraviolet resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, 16th International Conference on Retinal Proteins, October 6-10, 2014, Nagahama, Japan
  • 「光化学反応とタンパク質機能をつなぐもの」、水谷泰久、ISSP ワークショップ 機能物性融合科学 研究会シリーズ(1) 「光機能」、東京大学物性研究所、平成26年12月4日、5日.
  • 「タンパク質の動きを観て機能する仕組みを知る」、水谷泰久、第11回バイオオプティクス研究会、大阪大学大学院理学研究科、平成26年12月5日、6日.

2013

  • 「紫外共鳴ラマン分光法によるタンパク質の高速ダイナミクス観測」、 水野操、日本分光学会先端レーザー分光部会「先端的レーザー分光技術による分子科学の新展開」、岡崎カンファレンスセンター、平成25年2月12日、13日.
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法の開拓とタンパク質ダイナミクス研究」、水谷泰久、第1回卓越拠点物理化学若手ワークショップ、京都大学理学研究科、平成25年3月7日、8日
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法でタンパク質に起きていることを観る」、水谷泰久、日本化学会第93春季年会、立命館大学 びわこ・くさつキャンパス、平成25年3月22日~25日.
  • 「時間分解振動分光法を用いたタンパク質の構造ダイナミクス研究」、第13回日本蛋白質科学会年会、水谷泰久、とりぎん文化会館(鳥取市)、平成25年6月12日~14日.
  • 「光受容蛋白質の短寿命活性種の構造ダイナミクス観測:紫外共鳴ラマン分光法による実験的アプローチ」、第13回日本蛋白質科学会年会、水野操、とりぎん文化会館(鳥取市)、平成25年6月12日~14日.
  • "Propagations of displacement and energy in proteins", Yasuhisa Mizutani,Telluride Science Research Center Workshop on Protein Dynamics, August 5-9, 2013, Telluride, Colorado, USA.
  • "Observation of primary protein dynamics by ultraviolet resonance Raman spectroscopy", Misao Mizuno, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy, August 25-30, 2013, Kobe.
  • 「塩化物イオンポンプのタンパク質ダイナミクス」、 ◯水野操、水谷泰久、平成25年度 生理研研究会「膜機能分子の機能・構造ゆらぎの時空間スペクトル解析」、岡崎コンファレンスセンター、平成25年9月5日、6日.
  • 「ロドプシン研究に共鳴ラマン分光学が寄与したもの、そしてこれから」、分子研研究会「ロドプシン研究の故きを温ねて新しきを知る」、水谷泰久、岡崎コンファレンスセンター、平成25年11月18日~19日.

2012

  • 「生体高次分子システム―実験からの挑戦」、 水谷泰久、日本化学会第92春季年会「高次分子システムのための分子科学:実験と理論の挑戦」、慶應義塾大学、平成24年3月26日.
  • "Vibrational energy flow in hemeproteins", Yasuhisa Mizutani, 23rd International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2012), August 12-17, 2012, Bangalore, India.
  • 「時間分解振動分光法を用いたヘムタンパク質の構造ダイナミクス研究」、 水谷泰久、第25回生物無機化学夏季セミナー、せせらぎ街道の宿「たかお」、平成24年8月24日-26日.
  • 「レチナールタンパク質の光サイクル初期過程の観測」、 水野操、○水谷泰久、平成24年度 生理研研究会「膜機能分子の機能・構造ゆらぎの時空間スペクトル解析」、岡崎コンファレンスセンター、平成24年9月6日、7日.

2011

  • 「タンパク質内エネルギー散逸の時空間マッピング」、 水谷泰久、日本化学会第91春季年会「高次実在分子システムのための分子科学:実験と理論による機能発現の分子論的理解」、神奈川大学、平成23年3月27日.
  • "Protein dynamics of photosensory proteins as studied by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, The 5th Asia and Oceania Conference for Photobiology, July 30-August 1, 2011, 奈良県立新公会堂.
  • "Watching energy flow in hemeproteins", Yasuhisa Mizutani, Telluride Science Research Center Workshop on Protein Dynamics, August 1-5, 2011, Telluride, Colorado, USA
  • "Watching ultrafast protein dynamics by time-resolved visible and ultraviolet resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, October 21, 2011, National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan
  • 「光化学反応とタンパク質機能をつなぐもの」、水谷泰久、特定領域研究「高次系分子科学」第12回ミニ公開シンポジウム「光受容タンパク質」、平成23年10月26日、27日、三谷温泉 松風園
  • 「タンパク質内エネルギー散逸の時空間マッピング」、水谷泰久、分子研研究会「実験と理論による高次分子システムの機能発現の分子論的理解」、平成23年11月1日、2日、岡崎コンファレンスセンター
  • 「タンパク質内エネルギー散逸の時空間マッピング」、水谷泰久、シンポジウム「分子アンサンブル2011」、平成23年11月10-12日、理化学研究所
  • 「時間分解振動分光法で観えるもの、そして考えるもの」、水谷泰久、大阪大学蛋白質研究所セミナー「タンパク質科学の未来を語る:実験・理論研究者の対話」、平成23年11月21日、22日、大阪大学会館講堂

2010

2009

  • "Structural dynamics of hemeproteins initiated by oxygen dissociation", Yasuhisa Mizutani, Japan-Korea Symposium on Molecular Science 2009 "Chemical Dynamics in Materials and Biological Molecular Sciences", July 12-14, 2009, Awajishima, Japan.
  • "Primary protein responses of after ligand dissociation and chromophore isomerization: time-resolved resonance Raman studies", Yasuhisa Mizutani,Telluride Science Research Center Workshop on Protein Dynamics, August 3-7, 2009, Telluride, Colorado, USA.
  • 「タンパク質の超高速過程:構造緩和とエネルギー緩和」、水谷泰久、特定領域研究「実在系の分子理論」研究交流会、金沢文化ホール、平成21年9月4日-5日
  • 3e cycle lecture tour in Switzerland: Protein dynamics and function
    "Time resolved resonance Raman spectroscopy: from visible to ultraviolet", Université de Genève, October 12, 2009
    "Hemoglobin allostery: dynamics and function", Universität Basel, October 13, 2009
    "Ultrafast protein response to photodissociation and photoisomerization: Myoglobin and bacteriorhodopsin", Universität Basel, October 14, 2009
    "Picosecond protein dynamics as revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Universität Fribourg, October 15, 2009
    "Structural dynamics of heme-based gas sensor proteins", Institut des sciences et ingénierie chimiques, October 16, 2009
  • "Picosecond protein dynamics of photosensory proteins as studied by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, The Second Asian Spectroscopy Conference, November 30-December 2, 2009, Seoul, Korea.
  • "Ultrafast protein dynamics of photoactive proteins following photoisomerization: time-resolved resonance Raman studies", Yasuhisa Mizutani, International Symposium on Protein Structures, December 17-18, 2009, Nara, Japan.

2008

  • "Primary Protein Responses of Myoglobin after Ligand Dissociation Revealed by Time-Resolved Resonance Raman Spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, The 5th Asian Conference on Ultrafast Phenomena, January 6-9, 2008, Singapore.
  • "Ultrafast Protein Dynamics Revealed by Time-resolved Resonance Raman
    Spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, Joint Symposium of "5th Japan-China Crossover Science Symposium (JCCSS5)" and "Ibaraki University President Project - Establishment of the Quantum Biomolecular Sciences", February 28-29, 2008, Mito, Japan.
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法によるタンパク質ダイナミクスの観測:構造変化と機能」、水谷泰久、ERLサイエンス研究会1、高エネルギー加速器研究機構、平成20年3月16-17日
  • "Protein dynamics probed by time-resolved resonance Raman spectroscopy: hemoglobin and myoglobin", Yasuhisa Mizutani, International Symposium on Advanced Science and Biotechnology 2008, March 22-23, Osaka, Japan.
  • "Hemoglobin allostery: dynamics and function", Yasuhisa Mizutani, 28th Annual Pittsburgh Conference Lectures, April 16, 2008, University of Pittsburgh, USA.
  • "Picosecond protein dynamics revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, 28th Annual Pittsburgh Conference Lectures, April 17, 2008, University of Pittsburgh, USA.
  • 「時間分解紫外共鳴ラマン分光法でみる光受容タンパク質の構造ダイナミクス」、水野操、創製分子光科学セミナー、神戸大学瀧川学術交流会館、平成20年6月6日
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法によるタンパク質ダイナミクス研究」、水谷泰久、「分子アンサンブル」研究セミナー、理化学研究所、平成20年6月21日
  • 「時間分解分光法によるタンパク質の構造変化と機能」、水谷泰久、日本物理学会秋季年会シンポジウム「生物物質科学-金属を含む分子系を中心に-」、岩手大学上田キャンパス、平成20年9月20日
  • 「タンパク質ダイナミクス観測から機能メカニズムを探る:時間分解共鳴ラマン分光法による研究」、水谷泰久、大阪大学生命機能研究科研究交流会、平成20年10月8日
  • "Site-specific observation of protein dynamics by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, BK21 International Symposium, October 20, 2008, Pusan, Korea

2007

  • "Dynamics of Hemeproteins Revealed by Time-resolved Resonance Raman Spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, International Symposium on the Biological Application of Vibrational Spectroscopy, March 3, 2007, Hyogo, Japan.
  • 「ヘムタンパク質の構造変化と機能:時間分解共鳴ラマン分光法の開拓」、水谷泰久、第6回化学・材料セミナー、九州大学国際ホール、平成19年3月16日.
  • 「分光学とタンパク質科学」、水谷泰久、日本化学会第87春季年会学術研究活性化委員会企画第二次先端ウォッチングイブニングセッション「生命分子科学の進展」、関西大学、平成19年3月25日
  • 「ヘムタンパク質の構造変化と機能」、水谷泰久、日本化学会第87春季年会特別企画「高次機能解明のための先端化学計測法の新展開-複合プロセスの理解に向けて-」、関西大学、平成19年3月28日
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法によるタンパク質ダイナミクスの観測:構造変化と機能」、水谷泰久、第20回九州分析化学若手の会春の講演会、九州大学筑紫地区総合研究棟1階筑紫ホール、平成19年5月12日
  • "Picosecond protein dynamics of myoglobin upon ligand dissociation studied by ultraviolet resonance Raman spectroscopy", Thirteenth International Conference on Time-Resolved Vibrational Spectroscopy, May 19-25, 2007, Freising, Germany.
  • "Ultrafast protein dynamics of myoglobin revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy", 12th Korea-Japan Joint Symposium on Frontiers of Molecular Science, "Leading-Edge and the Future of Photo-Molecular Science", July 5-7, 2007, Jeju, Korea.
  • "Primary protein responses of myoglobin after ligand dissociation revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy", Yasuhisa Mizutani, Telluride Science Research Center Workshop on Protein Dynamics, July 30-August 3, 2007, Telluride, Colorado, USA.
  • 「時間分解紫外共鳴ラマン分光による光受容体タンパク質の高速骨格構造変化の追跡」、水野操、第2回日本分光学会赤外ラマン分光部会シンポジウム、大阪大学、平成19年12月6日
  • 「タンパク質ダイナミクスと水素結合」、水谷泰久、北大低温研共同利用研究集会「低温凝縮系における水素の化学と物性」、北海道大学、平成19年12月13-15日
  • 「時間分解共鳴ラマン分光法で観たタンパク質ダイナミクス:ピコ秒からミリ秒まで、可視領域から紫外領域まで」、水谷泰久、日本生物物理学会第45回年会シンポジウム「振動分光法が拓く生命科学;分子から細胞まで」、パシフィコ横浜、平成19年12月21-23日

2006

2005

  • 「時間分解共鳴ラマン分光法によるタンパク質高次構造ダイナミクスの観測」、水谷泰久、日本分光学会・赤外ラマン分光部会シンポジウム「振動分光の可能性を探る」、島津製作所関西支社内「マルチホール」、平成17年12月5日.
  • 「ヘモグロビンの構造変化と協同性」、水谷泰久、第2回物理化学若手研究会「ナノサイエンスの最前線」、名古屋大学、平成17年11月11日-12日.
  • 「ヘモグロビンの構造変化と協同性」、水谷泰久、理研シンポジウム「生体分子と溶媒和ダイナミクス」、湘南国際村、平成17年11月9日-10日.
  • "Protein dynamics of hemoglobin and myoglobin: time-resolved resonance Raman study", Yasuhisa Mizutani, Telluride Science Research Center Workshop on Protein Dynamics, Aug 1-5, 2005, Telluride, Colorado, USA.