News & Topics

2019年8月27日
研究業績を更新しました。

Supramolecular Elastomers with Movable Cross-Linkers Showing High Fracture Energy Based on Stress Dispersion
Macromolecules 2019, ASAP
Ikura, R.; Park, J.; Osaki, M.; Yamaguchi H.; Harada, A.; Takashima, Y.
(DOI:10.1021/acs.macromol.9b01198)

2019年7月17日
研究業績を更新しました。

Self-healing and shape-memory properties of polymeric materials cross-linked by hydrogen bonding and metal–ligand interactions
Polym. Chem. 2019, 10, 4519-4523.
Kobayashi, Y.; Hirase, T.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H
(DOI:10.1039/C9PY00450E)
Back Cover

2019年7月11日
研究業績を更新しました。

Mechanical and self-recovery properties of supramolecular ionic liquid elastomers based on host-guest interaction and correlation with ionic liquid content
RSC Advances 2019, 9, 22295-22301.
Garry, S.; Kobayashi, Y.; Osaki, M.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H
(DOI:10.1039/C9RA04623B)

2019年6月6日
研究業績を更新しました。

Development of Atroposelective Antibodies by Immunization with a Racemic Mixture of Binaphthyl Derivatives
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, accepted
Adachi, T.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1246/bcsj.20190135)

2019年6月6日
研究業績を更新しました。

Development of Atroposelective Antibodies by Immunization with a Racemic Mixture of Binaphthyl Derivatives
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, accepted
Adachi, T.; Harada, A.; Yamaguchi, H.
(DOI:10.1246/bcsj.20190135)

2019年6月5日
研究業績を更新しました。

Preparation of cyclodextrin-based porous polymeric membrane by bulk polymerization of ethyl acrylate in the presence of cyclodextrin
Polymer 2019, 177, 208-213.
Kobayashi, Y.; Nakamitsu, Y.; Zheng, Y.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
(DOI:10.1016/j.polymer.2019.06.015)

2019年4月6日
研究業績を更新しました。

Cyclodextrin‐Based Rotaxanes: from Rotaxanes to Polyrotaxanes and Further to Functional Materials
Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A.
Eur. J. Org. Chem. 2019, 21, 3344-3357. (Review)
(DOI:10.1002/ejoc.201900090)

2019年4月1日
研究業績を更新しました。

Preparation of Supramolecular Ionic Liquid Gels based on Host-Guest Interactions and Their Swelling and Ionic Conductive Properties
Macromolecules 2019, 52, 2932-2938.
Garry, S.; Kobayashi, Y.; Yongtai, Z.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H.
(DOI:10.1021/acs.macromol.8b02395)

2019年3月21日
研究業績を更新しました。

Self-Healing Alkyl Acrylate-Based Supramolecular Elastomers Cross-Linked via Host–Guest Interactions
Nomimura, S.; Osaki, M.; Park, J.; Ikura, R.; Takashima, Y.; Yamaguchi H.; Harada, A.
Macromolecules 2019, 52, 2659-2668.
(DOI:10.1021/acs.macromol.9b00471)

2019年3月7日
研究業績を更新しました。

Mechanical properties of supramolecular polymeric materials cross-linked by donor‒acceptor interactions
Chem. Commun. 2019, 55 3809-3812.
Itano, M.; Kobayashi, Y.; Takashima, Y.; Harada, A.; Yamaguchi H.
(DOI:10.1039/C9CC01472A)

2019年2月27日
研究業績を更新しました。

超分子ポリマーの種類と構造,メカニズム,その応用,その可能性
小林裕一郎, 山口浩靖, 原田明
次世代のポリマー・高分子開発,新しい用途展開と将来展望, 情報技術協会, 第3章 第1節 2019
(ISBN:978-4-86104-738-1)

2019年1月16日
小林裕一郎助教が着任しました。
2018年10月11日
髙島先生が大阪大学高等共創研究院の教授に昇進され、髙島研究室が発足しました。
2018年7月28日
研究業績を更新しました。
2018年6月
山口浩靖教授が「モノクローナル抗体を用いたセンシング・触媒システム」にて日本素材物性学会 山崎賞を受賞されました。
2018年6月12日
研究業績を更新しました。
2018年6月6~8日
<学会発表>The 8th International Symposium on Polymer Chemistry (PC2018)と、Jilin UniversityのState Key Laboratory of Suplamolecular Structure and Materialsにて、山口浩靖先生と高島義徳先生が招待講演を行いました。
2018年6月5日
研究業績を更新しました。
2018年4月1日
<イベント>秘書の岡本さん、4年生6名、修士課程3名、博士課程1名が研究室に加わりました。
2018年3月26日
<学会発表>高島義徳先生が野口遵研究助成金講演会など3件の学術集会で発表を行いました。
2018年3月23日
<学会発表>日本化学会第95春季年会で8件の発表を行いました。
2018年3月22日
<イベント>平成29年度大阪大学卒業式・大学院学位記授与式が行われました。
2018年2月21日
<論文発表>シクロデキストリンとフッ素系高分子の包接錯体形成に関する論文が Chemistry Letters に掲載されました。
2017年12月16日
<学会発表>日本素材物性学会研究会、新学術領域研究:四領域合同シンポジウム、The 2nd International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2017) で研究発表を行いました。
2017年11月21日
<受賞> 高島義徳先生が可逆的な結合と可動性の架橋を用いた超分子材料作製の研究に関して平成29年度大阪大学賞 (若手教員部門)を受賞しました。
2017年11月18日
<イベント> 京都に遠足に行きました。
2017年11月17日
<受賞> 呑村優君が第7回CSJ化学フェスタ2017において優秀ポスター発表賞を受賞しました。
2017年11月17日
<学会発表> 第26回ポリマー材料フォーラムにおいてシナワン ガリー君がポスター発表を行いました。
2017年10月31日
<学会発表> 6th Gratama Workshop on Chemical Sciences and Innovation for a Sustainable Societyにおいて山口浩靖先生が招待講演を行いました。
2017年10月19日
<学会発表> 第7回CSJ化学フェスタにおいて呑村君、池尻君、以倉君がポスター発表を行いました。
2017年10月13日
<学会発表> IUPAC-FAPS 2017 Polymer Congressにおいて高島義徳先生が招待講演を行いました。
2017年9月26日
<お知らせ> 11月7日 (火) に第11回多糖の未来フォーラムが開催されます。詳細はこちら
2017年9月24日
<学会発表> ゲルワークショップ イン 松山において高島義徳先生が講演を行いました。
2017年9月22日
<学会発表> 第66回高分子討論会において口頭発表8件とポスター発表6件を行いました。
2017年9月7日
<学会発表> 第11回バイオ関連化学シンポジウムにおいて山口浩靖先生がポスター発表を行いました。
2017年9月1日
<受賞> 呑村優君が第34回シクロデキストリンシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞しました。
2017年9月1日
<学会発表> 第34回シクロデキストリンシンポジウム において呑村優君と庄島靖君が口頭発表を、池尻伸治君がポスター発表を行いました。
2017年8月30日
<受賞> 安達琢真君が IUPAC 17th International Symposium on MacroMolecular Complexes (MMC-17) においてポスター賞を受賞しました。
2017年8月30日
<学会発表> IUPAC 17th International Symposium on MacroMolecular Complexes (MMC-17) において山口浩靖先生が招待講演を、安達琢真君がポスター発表を行いました。
2017年7月7日
研究業績を更新しました。
2017年6月6日
研究業績を更新しました。
2017年6月4日
第15回ホスト-ゲスト・超分子シンポジウムにて、荒本 光君がポスター賞を受賞しました。
2017年5月23日
研究業績を更新しました。
2017年4月8日
研究業績メンバーを更新しました。
2017年4月1日
M1 2名、4年生5名が研究室に加わりました。
2017年3月9日
11th International Gel Symposium にて、庄島 靖君がポスター賞を受賞しました。
2016年10月1日
D1 1名が研究室に加わりました。
2016年6月16日
第65回高分子学会年次大会にて、大谷 紘平君と庄島 靖君がポスター賞を受賞しました。
2016年6月5日
第 14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016にて、高島義徳先生が HGCS Award を受賞しました。
2016年6月5日
第 14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016にて、林 祐輝君がポスター賞を受賞しました。
2016年5月16日
6/11&18 高分子科学専攻 博士前期課程 入試説明会が開催されます。
2016年4月7日
研究業績メンバーを更新しました。
2013年4月1日
ウェブサイトを公開しました。
2012年12月1日
新しい研究室ができました。