大阪大学ポリマーゲル共同研究部門 原田グループ ロゴ
  English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

News more

2020年 12月9日
本学および他大学の共同研究グループが高速に自己修復するリサイクル可能な超分子材料を作製することに成功し、国内外でニュースとして取り上げられました。
 8/26  EurekAlert! AlphaGalileo
 9/01  テレ東 NEWS
 9/11  化学工業日報

2019年 4月1日月曜日
原田グループが大阪大学 産業科学研究所へ異動となりました。

2019年 1月16日水曜日
小林裕一郎特任助教が大阪大学 山口研究室へ異動しました。

2019年 1月15日火曜日
Thch Connect KANSAI 2019 (大阪産業創造館 3F 「マーケットプラザ」)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されます。

15:40~ 大阪大学 自己修復ポリマー
興味のある方はお立ち寄りください。

2018年 12月18日火曜日~19日水曜日
イノベーションストリームKANSAI (グランフロント大阪北館B2F ナレッジキャピタルコンベンションセンター)にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。

大阪大学 切れてもつながる自己修復材料の展示と体験
ご来場ありがとうございました。

2018年 12月10日月曜日~12日木曜日
革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「しなやかポリマー」コンセプトカー(ItoP)が完成し、大阪大学吹田キャンパステクノアライアンス棟1Fにて展示致しました。
11日(水) 13:00にはコンセプトカー(ItoP)に関する紹介イベントがあり、メディアにて紹介されました。

NHK
新樹脂で軽量化「未来の車」展示

共同通信
新開発ポリマー素材でEV軽量化 強度維持、環境影響小さく

テレビ大阪
近未来の車は超軽量


ご来場ありがとうございました。

2018年 11月17日土曜日
ららぽーとEXPOCITYにて、当グループの成果である自己修復材料が展示されました。
大阪大学共創DAY@EXPOCITY「大阪大学とあそぼう」
⑦切ってもつながるポリマー
ご来場ありがとうございました。

2018年 10月9日火曜日
小林裕一郎特任助教が 2018年度公益財団法人泉科学技術振興財団研究助成金 に採択されました。

2018年 7月22日日曜日
当研究室の研究成果が ガリレオX【 7月22日(日)午前11時30分~】 で紹介されました。

2018年 7月 2日月曜日
文部科学省にて、当グループの成果である自己修復材料が展示されております(2018年7月2日~8月10日)。
興味のある方はお立ち寄りください。

大阪大学Web  
文部科学省Web



 
Publications more

Preparation and Activity of Ruthenium Catalyst based on β-Cyclodextrin for Ring-Opening Metathesis
Yoshida, D.; Sinawang, G.; Osaki, M.; Yamaguchi, H.; Harada A.; Takashima, Y.
Tetrahedron Lett. 2021, 63, 152712.
(DOI:10.1016/j.tetlet.2020.152712)



Palladium nanoparticle loaded β-cyclodextrin monolith as flow reactor for concentration enrichment and conversion of pollutants based on molecular recognition
Mizuno, S.; Asoh, T.; Takashima, Y.; Harada, A.; Uyama, H.
Chem. Commun., 2020,56(92),14408-14411.
(DOI:10.1039/D0CC06684B)



Supramolecular complex formation of polysulfide polymers and cyclodextrins
Kobayashi, Y.: Yamaguchi, H.; Harada, A.
Chem. Commun., 2020, 56(88), 13619-13622.
(DOI:10.1039/D0CC06571D)



Design and mechanical properties of supramolecular polymeric materials based on host-guest interactions: the relation between relaxation time and fracture energy
Konishi, S.; Kashiwagi, Y.; Watanabe, G.; Osaki, M.; Katashima, T.; Urakawa, O.; Inoue, T. ; Yamaguchi, H.; Harada, A.; Takashima, Y.
Polym. Chem., 2020, 11(42), 6811-6820.
(DOI:10.1039/D0PY01347A)



Extremely Rapid Self-healable and Recyclable Supramolecular Materials through Planetary Ball Milling and Host-guest Interactions.
Park, J.; Murayama, S.; Osaki, M.; Yamaguchi, H.; Harada, A.; Matsuba, G.; Takashima, Y.
Adv.Mater. 2020, 32(39), 2002008.
(DOI:10.1002/adma.202002008)
【EurekAlert!】【AlphaGalileo】



Mechanical stimulation of single cells by reversible host-guest interactions in 3D microscaffolds
Hippler, H.; Weißenbruch, K.; Richler, K.; Lemma, E.; Nakahata, M.; Richter, B.; Barner-Kowollik, C.; Takashima, Y.; Harada, A.; Blasco, E.; Wegener, M.; Motomu, T.; Martin, B.
Science Advances, 2020, 6(39), eabc2648.
(DOI:10.11370/isj.59.395)

自己修復する強靭な超分子材料の新展開――可逆的な架橋構造が生みだす多彩な機能
大﨑基史、髙島義徳、原田明
化学(化学同人) 2021, 76(2), 51-55.
(定期刊行物コード:023902)

  Access Map 吹田キャンパスマップをご参照ください。
原田グループの所在地は産業科学研究所 第1研究棟 F-262号室です。
  Address 〒567-0047 大阪府茨木市美穂ケ丘 8-1
国立大学法人大阪大学 産業科学研究所 ポリマーゲル共同研究部門
E-mail:harada<at>chem.sci.osaka-u.ac.jp <at>は@に変換